海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
お土産はベンツ一台で良い..
by 余計なお世話かも at 18:48
昔は力持ちの人がいたと思..
by kaiganyafoo at 05:38
そういわれてみれば米俵(..
by 川越 at 13:59
確かに大変だと思います。..
by kaiganyafoo at 22:48
それは自分にも当てはまる..
by 余計なお世話かも at 20:18
以前に若い子が入ったとき..
by kaiganyafoo at 19:10
大工さんが大変というより..
by 余計なお世話かも at 19:19
新潟の古い民家は柱も曲が..
by kaiganyafoo at 23:45
楽しみですね。私は新潟の..
by 川越 at 17:36
川越さん こんにちは。 ..
by kaiganyafoo at 06:50
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

和室の天井は竿縁天井

みなさん おつかれさまです。


これからワインを作るぜー! と
本気で活動している人たちのところに通ってる海岸屋です。

みんな勉強熱心なので(!)たくさんお酒を飲むのですが、
味をみさせてもらってるだけで二日酔いになりました・・・
酒量はヤクルトの容器で1本半くらいだったんだけどなぁ。
中学生よりもお酒が弱いです。(それ、違法だから)
お酒の勉強は難しいです。







さて現場は造作仕事、終盤に差し掛かってきました。
このあいだの工事は和室の天井。
昔だったらごく普通の仕事だった竿縁天井です。

天井板をこすっていますね。
a0157159_18563668.jpg
これは木目を浮き立たせるためにやっている仕事で
この仕上げは「浮造り仕上げ」と言います。
うづくりしあげ ですね。 
M君が持っているブラシのようなものも「ウヅクリ」と言う名前です。
カルカヤの根だかなんだかを束ねたらしいんですが
それがなんなんだか調べたことがありません。
もーしわけない。
京都のどこかの老舗の店で見かけて買っておいたもの。
 
アレ?
a0157159_18584842.jpg
うずくり って書いてあるなぁ・・
違うと思うけどなぁ・・

そして
a0157159_19010236.jpg
外丸鉋を出してきました。
20年以上前に海岸屋が自宅を建てたときに竿縁天井を作ったんですが、
もしかするとそれ以来かもしれない登場です。
これを使って こういう加工をします。
a0157159_20520442.jpg
わかりますかね?
上になっている方が部屋の方で、加工してある側は天井裏の方です。

右側の薄くしてあるところが重なり部分で
そこの段差に「イナゴ」って言う、スキマを防ぐ仕掛けを取り付けます。
で、左側はミゾをしゃくってあって、そのミゾの真ん中にさらに丸く削ったのがわかりますか?
これが外丸鉋の仕事です。
これがやってあると、いい具合に天井板がしなってきれいに見えるんです。
ご存じ・・・ありませんよねえ。

そしてこれがイナゴ釘。
a0157159_18490819.jpg
なんか変わった形の釘でしょ?
海岸屋が自分の家をやったときにはこの釘が探せなくて
(インターネットなんか知らなかった!)
糸カスガイを曲げて自分で作ったもんです。


このイナゴ釘を使って天井板が透かないように細工をするんですが、
それはどうやるかというと・・
まあ
アレです。
どうしても知りたい人は個別に申し込んでください。
本イナゴ、イナゴ釘、付けイナゴなどと
はるかいにしえの技の数々をご覧に入れます。(高いよ)


まあ
そんなこんなで和室の天井ができているんですが、
部屋から見上げたときにはただの天井板です。
そこを敢えて説明せずに涼しい顔をして仕上げるというのが
イキというものですから
皆さんは是非ぜひ素知らぬ顔をして眺めてて下さい。


でもまー
そう言うオマエがどうなんだって話ですが
もちろんワタシはイキじゃなくてカエリです。
もうお腹がすいたので。
ではでは! (ひどいな)





# by kaiganyafoo | 2018-03-02 19:09 | 工事 | Comments(0)

海岸屋、伝統構法に挑戦?

みなさん おつかれさまです。


このあいだ組合主催のボーリング大会で84!
というスコアをたたき出した海岸屋です。
同じチームのおん年77才のベテラン分会長さんと同スコア!
おかげでウチのチームはブービー賞でした・・・
「いやー狙った通りにブービー賞取れたねぇ」などと
分会長さんに言わせるとは不甲斐ない。
おまけにたった2ゲームで腰まで痛い始末。





さて 伝統構法とはなにごとか!
と、お思いのアナタ。
業界関係者ですな。

え?
海岸屋ふーって いつも伝統構法で仕事してるんだよね?
などとお感じになっているアナタ。
それは麗しい誤解というものです。

何言ってんだかわかんねえよ!
とキレそうなアナタ。
はい
世の中の大多数であろうアナタのために解説いたします。
(どことなく偉そう・・)



今をさること半年前、
ハ号作戦が展開していたのをおぼえていらっしゃるでしょうか?
別名「ちゃんとした納屋計画」です。

そのときの副産物がこのあいだ、人知れず上棟いたしました。
棟はないけど。
途中経過がこれです。
a0157159_18543219.jpg

これは何か と申しますと,

井戸小屋
and
カマド小屋
and
物置小屋のComplexでございます。なぜ英語。
手押しの井戸ポンプ、通称ガチャポンが写っとるでしょ?



さてここで、伝統構法とは何か という説明をいたしますと、
まず 土台がない、というのがあげられます。
で、
念のため申し上げますが、土台とは木でできているものであって、
皆さんが(誰)土台とおっしゃるモノは基礎であることが多いです。
はい。
現代では基礎は99%、コンクリート製ですね。
昔は石。

わかりましたかー?
土台は木製、コンクリートで出来ているのが
基礎っすよ
(ウザい)


そして伝統構法で、石の上に柱がのっかっているのを石場建てとか言いますね。
それからするとこれはコンクリート沓石場建て、です。
(はい、伝統構法の枠からはずれましたー)
残念。

そして、柱と柱を貫(ぬき)という板でつないであります。
筋交い(すじかい)と言う名前のナナメの材料はない。
まー
土台がないから筋交いを入れても効かないけどね。全然。
それでも貫にクサビを打って固定すると けっこうガッチリします。
やっぱ、昔の人は偉いな。
そして・・・




a0157159_19210518.jpg
これは何をしているのか というと
寒中に伐った竹を割って、下屋の梁に乗せているところ。
えー
なんで竹が必要なのかな? ときょとんとなさった建築に詳しくないアナタ。
コレハ壁に土を塗る下地を作るための材料です。
「竹木舞」 という名前で呼ばれています。

あいにく千葉外房は壁土に適した粘土っぽい土がほとんどないので
どこかいい土があるところまで取りに行かなくちゃいけないようであります。
ねー? 富沢建材株式会社の富沢さん?(唐突に誰?)

基礎が(沓)石場建てで
土台がなくて
筋交いもなくて
貫工法で
竹木舞を掻いて
土を塗っていくのだ・・・ と言うと 
これは伝統構法と言ってもいいんじゃないかなかぁ・・
どうだろ? どう思います?



まー竹木舞は下手かもしれないけど
てんてこ舞いは年中やってるし、
土を塗るのは下手だとしても 恥の上塗りならば達人級です。
とこじつけのような話をしてるってことは・・・

まー
今日はそんなところで! と締める準備をしてるんですな。
まー
今日はそんなところで!





# by kaiganyafoo | 2018-02-23 19:14 | 工事 | Comments(0)

ケヤキに鉋を掛ける 粉仕上げとは・・?

みなさん おつかれさまです。



このあいだ長男が「オゾン発生器」を買ってました。

健康のためにオゾンを吸おうー! ってことではなくて
(オゾンはO³、吸うと猛毒らしいですぜ)
お客さんが長期間放置していた乗用車にネズミが住み着いて
その悪臭対策にオゾンで脱臭を試みる・・・らしいです。

自動車のディーラーって駆け込み寺みたいなのかな?
その機械は自腹なのかな?かな?




さて、
ルーキーM君の鉋掛けの顛末のご報告であります。
こんなかんじ。
a0157159_21195798.jpg
ごめんなM君写真が下手で。
でも合格。

ケヤキの一枚板って光らせるのはそう難しくないんだけど
ツヤを揃えるのはなかなか・・。
順目と逆目は入り組んでるし
赤身と白太はあるし。

大先輩が真綿検査をしてくれた次の日、
別の先輩が作業場に来たので、かねてからウワサの「粉仕上げ」を聞いてみました。
それはたぶん、その先輩独自の技法で、他の誰かから聞いたことがない。
いいなー M君 凄腕に囲まれて。
(海岸屋は凄腕連には入ってないっす)

では本邦初公開、「粉仕上げ」とは。

ソレハ、ケヤキやなんかの堅木を仕上げるときのやり方で、
手強い材料のツヤを揃えるための方法。
鉋屑がつながらないくらいのギリギリに 刃を引っ込めて削っていく というもの。

へ?
それだけ? とお思いのアナタ。
ワタシもいまだに半信半疑です。
ただ、 材料も鉋の下端もまっ平にしなくちゃいけない ってのと
鉋屑をつなげて出すよりも刃先のダメージが大きくなるので
ほんの数回しか鉋を引けない ってのと
普通に引くよりも手ごたえは重くなる ってのと
三回くらい研いだら台を直さなくちゃいけない ってのがついてくる。・・らしいです。
あ、ふかして仕上げていくってのも言ってたな。

この仕事はM君が「粉仕上げ」をなぞってやってみた仕事です。
「引きが重く」はなかったらしい・・・
果たしてどうなんだ。先輩。

まー 今度ウチの地域の八幡様の賽銭箱を
このケヤキの共木で作る予定ですから 
そのときにでも試しましょう、粉仕上げ。

で、まあ鉋の話ばっかりで面白くなかっただろうから
おまけの写真はこれ。
a0157159_20145516.jpg
このあいだ神楽坂建築塾でまち歩きをしたときに教えてもらった穴。
上野の彰義隊が敗走していくときに、追っ手が撃った鉄砲で明いた穴だそうです。
谷中らへんにあります。
え?
面白くない?
はああ・・
鉋が面白くない 幕末の話が面白くないって言われたら
司馬遼太郎だって困ると思うな。

追っ手がかからないうちに
ではまた。



# by kaiganyafoo | 2018-02-17 20:20 | 大工道具 | Comments(2)

断熱工事である

みなさん おつかれさまです。

もー すっかり月イチ更新の海岸屋ふー通信です。


前回記事の餅つきのときに、敬愛する高田純次師(?)の言葉で
人と話をするときのオヤジの心得として
「自慢しない、説教しない、昔話しない」というのがあるよ と言ったら
そこにいた次男に
「お父さんはスリーアウトじゃん」と言われた海岸屋です。
・・・・・
・・・・・
スリーアウトか・・
つまりチェンジですな。攻守交替。
でも、守りに入っちゃいけませんね。うむうむ。



現場は順調に進んでおります。
これは断熱工事の様子。
a0157159_18093291.jpg
今回はセルロースファイバーの吹き込みという断熱工事なので
いつもと景色が全然違います。
専門の断熱屋さんが不織布を壁と天井に張っていって
そこに古新聞を綿状にしたものを吹き込んでいきます。
この工事はお施主さんの希望で
かなり防音効果もあるらしい ということからやってみています。

吹き込んでいます。
a0157159_18205094.jpg
匂いはない、音もうるさくないです。
少し埃っぽいですかね。

穴を開けて吹き込んでいますから
そこはこんなかんじ。
a0157159_18242589.jpg
a0157159_18250088.jpg
この穴はあとでふさいでいました。

断熱材ってのはまあまあ匂いのするもので、
グラスウールは原料はガラスでしょうし
スタイロフォームなんかは石油化学系でできているのでしょうが
みんな特有の匂いがします。
本当のウールだって結構な匂いがするものでした。
まー
壁の中とかに入るものですからあとで匂うこともないんでしょうけどね。
で、
このセルロースファイバーは匂いませんでしたけど
昔、重症の化学物質過敏症の方の仕事をしたときには
印刷のインクがダメと言っていらっしゃいましたから
その方なんかはだめなのかもしれません。
元は古新聞だって言うことですから。

コレが断熱材としてイケてるって言うんだったら
毎日仕事で出てくる鉋屑もイケる・・・といいなぁ。(儚い願望)
近くの酒蔵で壁の中に籾殻を入れてるところもあるし。



という事でオマケの写真は鉋掛け。(オマケって・・)
a0157159_21090981.jpg
ここの現場の飾り棚の材料。
千葉のケヤキです。
a0157159_21204834.jpg
まずは ねじれをとって 厚みを決めます。
これは鉋を横向きに掛ける 横摺り。
なかなかに重労働です。
a0157159_21294143.jpg
板は十分に乾燥してますが(15年くらいかな)
それでも反らないように吸い付き桟を入れます。
それから表を鉋で仕上げていくのですが・・・
a0157159_21321465.jpg
ヤバいです!
仕上げている途中で大先輩登場です!

これは何をしているところか と言うと
仕上げた肌の上を真綿で引っ張ってみているところ。
ほんの少しでも逆目があれば引っかかるんですな。
キビシー!!

それを見てた海岸屋は大爆笑ですが
仕上げてたルーキーのM君は笑ってる場合じゃないです。

さてさて M君
意地の悪い・・いやいやゲフンゲフン
厳しい諸先輩方に囲まれて鉋掛けの合格点は出るのでしょうか・・・
海岸屋は厳しくないんですけど、真綿で〇を締〇〇ように・・


ではまた!


# by kaiganyafoo | 2018-02-09 21:47 | 工事 | Comments(0)

新年のご挨拶

みなさん 
新年、あけましておめでとうございます。


海岸屋は去年の暮れ、例年通りの餅つきをやって
無事に年越しをしました。
a0157159_16554572.jpg
昔取った杵柄 の海岸屋と
餅を返すK女史。
もち米の量は年々増えて今回は一俵、(60kg)を搗きました。

まあ、一俵くらいの餅は海岸屋一人で難なく搗くんですが、(大ウソ)
今回は若い人がたくさんいましたから海岸屋は楽をしています。

ほらね。
a0157159_17011089.jpg
白石さん製のかまども例年通りの大活躍
a0157159_17034238.jpg
まー 
海岸屋は手仕事屋ですから
薪で蒸かした米を臼と杵で搗きます。
そしてその年にお世話になった方々にお配りするんですが、
やっぱり杵で搗いたお餅はおいしいね と言っていただけるので
毎年懲りもせず老骨にムチ打って餅つきをするんです。

たぶんそれは現場の仕事でも同じ。
一つひとつ手仕事を積み重ねて作った住まいを住まい手に手渡します。
今年もそんな仕事をしていきますので
皆さま、よろしくお願いいたします。





# by kaiganyafoo | 2018-01-05 17:14 | 季節のはなし | Comments(2)