海岸屋ふー通信

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
鮎さま こんばんは。 ..
by kaiganyafoo at 20:03
こんにちは。 ふーさん..
by 鮎 at 16:20
川越さま 私は女性の大..
by kaiganyafoo at 07:26
こんにちは、お疲れ様です..
by 川越 at 20:04
帰ってきました! ベン..
by kaiganyafoo at 07:33
お土産はベンツ一台で良い..
by 余計なお世話かも at 18:48
昔は力持ちの人がいたと思..
by kaiganyafoo at 05:38
そういわれてみれば米俵(..
by 川越 at 13:59
確かに大変だと思います。..
by kaiganyafoo at 22:48
それは自分にも当てはまる..
by 余計なお世話かも at 20:18
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2018年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧


重い木 重い石 そしてドイツ予報

みなさん おつかれさまです。



突然ですが海岸屋は無類の酒好きです。
今はやりの酒でなければ日本酒でも洋酒でもオッケーです。

その酒を作った人とか酒蔵
成分や傾向
歴史や背景など興味は尽きません。

ただ、残念ながら下戸。
利き酒をしながらヤクルト容器一本分くらい飲んだら
次の日は二日酔いでした。
中学生よりも酒が弱いです。(違法だ)

それだけ酒が弱くて 何が酒好きだ! と言う声が聞こえますが
大食いの人が皆グルメというわけではないでしょ?
小食の美食家だっているよね。(強引)



さて
大工という仕事は木を扱う仕事ですから
ある程度、木の重さというのは知ってるつもりですが
立ち木の伐採とか丸太とかいう話になると少し勝手が違います。
例えばこんな木。
a0157159_18365865.jpg
丸太運搬専用の4t車で二回運びましたから
たぶん8tくらいはあるのではないでしょうか。

これは樫の木ですから、鉋の台を掘りほうだいの
玄翁の柄がすげほうだいなんですが、今回はそうではない。
海岸屋はこれで枕木を作りました。
3寸角で150丁ほど。(3寸角ですらけっこう重かった・・・なー?M君)

一年中で木を伐るのに一番良くない時期ですから
乾くときにカビが生えたり 割れが入ったりするのかと思いますが
実際にどのくらいダメなものなのか知ってる人はいないのかもしれません。
様子のいい枕木は風通しのいい日陰においてありますから
万一うまく乾いたら鉋台にしてみるのもいいかもしれません。

で、150丁の樫の枕木でいったい何をするのか と言えば
それは内緒 ということにしておきます。
作戦名は「O型作戦」でしょうか・・・
作戦発動中という噂もあります。



それから石。
石は当然重いです。
大谷石ですが、これで一本80kgくらいあるそうです。
a0157159_18502741.jpg
どおりでね。
重いと思ったよ。
海岸屋が一番デブだった時と変わらないじゃんか。
(註 今はマイケルジャクソンのようにスマートです。)

これは門灯をつけようと思って仮に立ててみたところ。
a0157159_18532817.jpg
前もってこんなことして遊んで・・
いやいや、周到な検討をしているわけで、
この工事が「イ号計画」の最終工事になりました。
a0157159_19042492.jpg
あ クランプが残ってる・・・






さて
それやこれやで忙しくしている海岸屋一味ですが
そのさなかにしばらくドイツに行って参ります。
なんて素敵な・・・
a0157159_19111702.jpg
これはそこで使う予定の、舟弘の叩き鑿6本組です。
昨日の夜中に仕込んで研ぎました。(バタバタです。)
(舟弘さん急かしてすみませんでした!)

ドイツで叩き鑿とは何事? とお考えの皆さま。
「木造の橋」を手道具だけで作るそうでございます。まじか!
ドイツとかチェコとかフランスとかの大工さんもいる・・のかな・・?


まー
海岸屋一味は手仕事屋ですから、鑿 鋸 鉋はお手のものですが
そしてマサカリ、チョウナも栃本鳥居建立でだいぶうまくなりましたが
(当社比)
ヨーロッパの大工の皆さんと比べてどうなんでしょう・・・
小さな胸をいためています。(ウソ)


まあ、一を聞いて十を知る男、と言うよりも
一を見たら三十くらい語る海岸屋ですから
ドイツから帰ってきたアカツキにはきっと 
イヤミの「おフランス」くらいにはなることと思われます。
そんな注意報を出しつつ、ではまた。


by kaiganyafoo | 2018-07-07 19:31 | 工事 | Comments(2)