海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
確かに大変だと思います。..
by kaiganyafoo at 22:48
それは自分にも当てはまる..
by 余計なお世話かも at 20:18
以前に若い子が入ったとき..
by kaiganyafoo at 19:10
大工さんが大変というより..
by 余計なお世話かも at 19:19
新潟の古い民家は柱も曲が..
by kaiganyafoo at 23:45
楽しみですね。私は新潟の..
by 川越 at 17:36
川越さん こんにちは。 ..
by kaiganyafoo at 06:50
こんにちは。いつも面白い..
by 川越 at 11:01
余計なお世話かも さん ..
by kaiganyafoo at 19:51
明けましておめでとうござ..
by 余計なお世話かも at 09:08
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2018年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧


「イ」号作戦 いよいよ終盤 左官の出番だ。

みなさん おつかれさまです。




「イ」号作戦を展開している海岸屋ふー 一味ですが
木工事をほぼ終えて左官工事が始まりました。
初日は5人
次の日は7人入ってます。 現場にね。

左官工事。
深いな。
あんまり深いから奥行きがどのくらいだかわかりません。
まず外部
a0157159_17211066.jpg
左官仕上げにするところに、防水の紙を貼って
それから網を張ります。
ラス網ですね。

防水紙はこれ。
a0157159_17234798.jpg
今まではアスファルトを紙にしみ込ませたものだったんですけど
これは少し違う。
ずいぶん丈夫です。
手ではちぎれない という感触。

まあ、この防水層を突破されても通気胴縁があるから
そのまま空気層を通って外部に滴り落ちるようにはなっていますが。

そして網。
軒天井用には柔らかいもの
風呂場には硬くて薄いもの
そして外壁部分はこれです。
a0157159_18250368.jpg
なんだかダワダワしてませんか?
海岸屋の手じゃなくて網のほうが。

通称波ラスとか言います。
厚みがあるので 下地のモルタルをたくさん塗らないと網が隠れません。
なぜか。

左官壁って厚みで性能を出すところがあって
ある程度の塗り厚は必要なんじゃないかと考えているからです。
そうやって厚みのある下塗りをしたあとに仕上げを塗ります。

で、
手仕事のできる大工さんも減ってると思いますが
左官屋さんもずいぶん減ったと思います。

外壁はサイディングに 内壁はクロスに
玄関土間はタイルに 風呂はユニットバスに・・ と
今や住宅の中で左官の仕事はほとんどなくなってきていますから。

でも、サイディングの外壁が定期的に塗装をしないといけないのに比べて
左官壁のメンテナンスってもっとずっと安上がり。
何十年もノーメンテの家もざらにあります。

年配の方が左官壁は剥がれて始末が悪いから嫌いとおっしゃるのを聞きますが
今はもう全然使わなくなった繊維壁のことだったり
地震でクラックが入った土壁のことだったりします。

去年、海岸屋は一年間
左官の勉強会に通って色々な左官屋さんに話を聞きましたが、
世界中で日本の左官技術に匹敵するものはもうなくなっていて
ドイツやフランスに日本の左官の職人が教えに行ってる時代だそうです。
これは松木さんという左官屋さんに教わって 
色のきれいな土で絵を描いているところ
a0157159_19032258.jpg
海岸屋だから波の絵のつもりです。(笑)

こっちは都倉さんという左官屋さんに教わった磨きの技法です。
a0157159_19054156.jpg
心がけが悪いからイマイチ光りませんが
キレイな心の人が磨くとものすごく光ります。(?)

こうやって奥深い左官の世界の入口でウロウロしてても
現場で役立つことがなかなかないんですが
それでも 知らなかったことを知るのは楽しいです。

「イ」号計画は左官の仕上げの表情も決まって
工事も終盤に入ってきました。
楽しみなような ちょっと残念なような そんな気分もいつも通り。
ではまた!





by kaiganyafoo | 2018-04-14 20:02 | 工事 | Comments(0)

墨付け、刻み、上棟

みなさん おつかれさまです。



海岸屋は ふくらはぎとかがつったりするのを こむら返り と言っています。
それを こぶら返り と言う人がいて、コブラ? がっはっは 
それは聞き間違いの言い間違いだぜー と笑い飛ばしていたのですが・・・・

なんでも知ってるインターネットで検索してみたら
そういう表現もあるのだ と書いてあってびっくりした海岸屋です。

ごめんK女史
そういう言い方があるらしい。





さて
いくつになっても知らないことってあるもんですが
ウチに来て半年足らずのM君、墨付け、刻みのデビューです。
知らないことだらけですな。
a0157159_17170877.jpg
ちなみに 刻み と言うのは構造材を加工することで
墨付け と言うのは加工のために材料に書き込みをすることです。

これはとても小さい建物なんですけど、大きくても基本は同じ。
土台、桁、梁、母屋、柱 と順番に作っていきます。

で、
わりと大事で、しかもわかりにくいところだと思いますが
初めての仕事でも 海岸屋はM君にほとんど何も教えません。
手放し運転(?)です。

もうそろそろ出来るだろう という時期になったら
「次の現場は一人でやってみるか?」 と聞いて
本人が「やりたいです」と答えたら任せる。
それだけです。

修行中の大工さんの難しいところはその辺にもあって
教えてもらってないからできません とは言えない。
「毎日現場で仕事して、何見てるんだ!」と怒られかねないからです。
道具にしても技術にしても 一人前の大工さんを、見て、真似して
そうやって準備を重ねておかなくてはいけません。

逆に、言葉で説明したからといって、
例えば刃物の研ぎだとか、(自転車の乗り方でもいいですけど)
出来るようになるのかと言えばそうではないですよね?

身につける技術というのは、言葉で説明できない部分が多いのだと思います。
海岸屋の親方という人は 非常に高度な技術を持った人でしたけれど、
例えば 鉋掛けにしても 
何かを具体的に教えてもらったという記憶はほとんどありません。
現場や作業場、それから研ぎ場をきれいにしておけ 
という話をされた記憶ならありますが。

a0157159_19185870.jpg
M君の初上棟。
無事に棟があがりました。
一か所だけ手直しがありましたけど
合格点と言っていいかと思います。

彼もこれで安心して眠れることでしょう。
やれやれ
大工さんって大変だな。

ではまた。




by kaiganyafoo | 2018-04-06 19:58 | 工事 | Comments(4)