海岸屋ふー通信

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
八郷は何度か仕事をしまし..
by kaiganyafoo at 06:31
ブログを楽しみに見ている..
by 春 at 16:49
畳は床と表と技術が揃わな..
by kaiganyafoo at 23:10
畳表も表替えして長く使え..
by 余計なお世話かも at 21:18
八百剛さん 月にいっぺ..
by kaiganyafoo at 16:23
オオッ!!ブログ忘れてな..
by 八百剛 at 11:10
余計なお世話かもさん あ..
by kaiganyafoo at 06:50
コメント一番乗り! 毎..
by 余計なお世話かも at 20:36
春さん こんには 待っ..
by kaiganyafoo at 22:38
更新してください。待って..
by 春 at 16:37
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

千葉 外房 台風報告

みなさん おつかれさまです。

特に 
瓦屋さん板金屋さんアルミやさん
おつかれさまです。
それから、遠いところから応援に来ていただいた電設屋さん
自衛隊の方々、ありがとうございました。
a0157159_20380626.jpg
写真、わかりにくいですけど
もー 一面の高所作業車、全部遠いところのナンバーでした。
こんな風景見るのは神戸の震災以来。
あの時は寝るところもなくて車中泊だったと思います。



さて
知ってる人は知っている
海岸屋は建築屋ですから、家に故障があると電話がかかって来る。
電話→下見→写真撮り→応急処置→見積もり作成→業者手配→・・・・
ってのをずーっとやりました。
いやー 屋根、登ったのぼった。
デブもおだてりゃ屋根に登る(そんな言い方はない)
すっかり足が筋肉痛。

樹が倒れる
電柱が傾く
看板が飛ぶ
瓦が浮く、飛ばされる
フェンスが壊れる
カーポートの屋根が飛ぶ
雨漏りする・・・
などなど


この中で、建築屋として課題だなあ と思ったのは瓦。
風速50mくらいが限界かもしれません。

昔の瓦は屋根の真ん中付近の平瓦は置いてあるだけ。
少し前の瓦の施工だと平瓦5枚に一か所くらい釘打ちしてある。
今の平板瓦だと全部釘打ちで留めてある。

留めてある瓦は飛ばないけど 置いてある瓦は飛びました。
例外はあるけどね。
熊本城のときのように、地震の時に瓦が落ちて屋根の重量を減らして
結果、建物の倒壊を防ぐのだ、という話があります。
でもなー
やっぱり瓦は固定したほうがいいと思うようになりました。
カラーベストとかはほとんど飛んでないんだし。
(カラーベストは全部留め)

アルミサッシは大丈夫でした。
二階の風当りの強いところに掃き出しサッシがあって
一番風雨が強いときはすごい勢いでしなったけど
ガラスが割れたりすることはなかった。
近所でも何かがぶつからない限りは割れたりしてなさそうでした。

アルミサッシの設計者に聞いたら
風速60mを想定して設計してるそうです。
伊勢湾台風が風速60mだったからだとか。
・・・・風速60m
考えるのもイヤ。



それから問題になってることの一つに倒木があります。
地元の八幡さまの参道です。
a0157159_21214853.jpg
杉の木です。
けっこう太い。
そして溝腐れ病。

これをどう解釈するか。

もう、どうせ倒れるんだから危なさそうなのは皆伐っちゃえ 
ってのもあるでしょう。
この木の樹齢が50年だったら50年ぶりの台風だったんじゃないの?
ってのもあるかも。
いやいや溝腐れ病だから倒れたんだよ原因はそこさ
って人もいるかもしれない。

以前、信州大の島崎洋路先生に
海岸屋の地元の杉は風で倒れるのはなぜでしょう 
と聞いたことがあるんですが、
答えは 植えるべきじゃないところに植えたのではないか ということでした。
確かに砂地だし、田んぼに水が張ってない今の時期でも
1mかそこら掘れば水が湧いてくるから杉も根を張りにくいとは思います。
この杉も根ごと倒れていますからね。

溝腐れ病の杉は製材してもろくな製品にならないから
経済的な価値はほとんどないと思います。
この杉も搬出が大変だから細切れにして捨てると思う。
でも、
まわりを樹木で囲まれている海岸屋ふーの作業場、事務所が
全く被害がなかったのは おそらく樹木が風を防いだせいだ
と言うような効果もある。
(敷地が隣接している数件の家の瓦が一枚も飛んでない)
(でも、葉っぱが飛んでくるから木を伐ってくれとか言われる)
(夏は涼しくていいけど冬がねー とか)
(樫の木だから冬に落葉しないんだよ!クソ!)
・・・・・不適切な言動がありました・・・・

千葉の造園家で高田さんという方の説では
木が健康であれば今回の台風でも倒れない ということでした。
溝腐れ病も一般的に言われているようなチャナタケ(?)の感染ではなく
捩じれながら成長する杉が、環境の悪さで融合できないのが原因
との説を言っておられます。

溝腐れ病の原因がどこにあるのか判断する能力は海岸屋にはありませんが
傾聴すべきだと思ったのは、
杉にとっての環境の悪さを感得するだけの感受性と知識を
私を含めてほとんどの人が持ち合わせていないだろうという示唆でした。
それは島崎先生の指摘にも一致する。

おそらく山武杉の命運はすでに絶たれていて
江戸時代から続いた山武林業のシステムが復活することはもうないでしょう。
住宅から和室がなくなり、柱の見えない住まいばかりが建てられる時代には
色が良くて ツヤがあって 芝付きの一番玉で などと言うセリフは
過去の価値観でしかないのだと思います。
ですが、
くるくる変わる建築スタイルの軽薄さなどとは別に
林業の時間は50年100年の単位で進むのです。

今、倒れている山武杉が植えられた当時は
通直完満、重く、粘りがあって油っけの強い杉として
林業家にも建築関係にも愛された樹種だったのです。
それが今、風倒木として皆の厄介者扱いされるようになったことについて
薄く広く、皆に責任があると私は思っています。
山武杉に金銭的な価値がない ということになったらだれもそれを顧みない、
そして杉のコンディションを読める人もいなくなった。

木が倒れる前に伐ってしまえ と言って
あらかた伐ってしまえば家や施設への風当りは強くなります。
田んぼのへりに建ってた家は、釘で留めてあった瓦さえ飛ばされてました。
あらかた伐ってしまえば私たちの心象風景は貧しくなります。
もっと学ぶべきことがあるように思えます。
a0157159_22325500.jpg
でもなー
こんな風に電線を押し倒していても
杉は大事だから伐ってはいけない! とは言えない。
きっとみんなそう。
海岸屋もそう。
ちゃんと考えないとダメってことだけはわかるんだけどね。

と 言うことで
今回は特にオチもなく終了。
どうやったら山の樹が元気になるのか誰か教えて下され!

ではまた。


# by kaiganyafoo | 2019-10-02 22:41 | 季節のはなし | Comments(0)

畳の上で。

みなさん お疲れさまです。


着々と馬齢を重ねている海岸屋ですが、
建築以外のことについてはミーハーですから
欅坂46と乃木坂46のメンバーだってけっこう名前がわかります。
(日向坂は齊藤京子しか知りません・・・)
まあ 一番付き合いの長いのは神楽坂ですけどね。
(変な前振り)


ですが、本業の建築ではなかなかにオーセンティックな(?)海岸屋でして
当然、和室なんかも頑張って作ります。
床の間の地板はケヤキの無垢材を手鉋で削りますし
天井は昔ながらの竿縁天井です。

ですがね、
問題がひとつあって、それは畳。
落語の家ほめにも「畳は備後の五分縁で」って出てきますが
備後表を見たことのある人、手を挙げて下さい。
・・・・・
難しいよね。

遠慮なく悪口を言わせて貰っちゃうけど
今出来の家でたまに和室(風?)の部屋があると
じきに縁無し畳だの 半畳畳だの 琉球表だのって敷いてある。
設計屋さんとか、仕様書にすぐ書く。

それがかっこいいと思っているならそれでいいようなもんだけど
その反面で本物の畳の良さを知らない人ばっかり増えて
畳表の材料であるイグサを栽培する農家の人は報われない苦労をしている。
だって、本場、備後でイグサを栽培している人は
ほとんどいなくなったと聞きます。

かく言う海岸屋もそのあたりの事情には無知もいいところで
イグサの品種名をうろ覚えでふたつみっつ言える程度。

ところが。

「日本一のゴザ」
というワードが最近ネットに!
おーう
そそるねぇ。

場所は横浜の高島屋だそうで、行ってきました。
これ。
a0157159_18385407.jpg
イグサの世界も品種改良が進んでいて
きれいで 長くて 病気に強くて 収量が多くて
という改良がされているのだそうです。
それはいいことなんでしょう。

それでは備後の在来品種で地草と呼ばれているものは
不揃いで 短くて 栽培が難しくて 収量が少ないのでしょうか。
どうもそうらしいです。
ただし、丈夫。
表替えをして20年は楽勝に持つし
そのあとは裏返して使える。

ううむ。
年配のお客さんに「畳表の裏返しを頼むよ。」 
と言われて
「今どきの畳表じゃちょっと無理ですねー」 
と答え続けてきたのはそのせいか。
a0157159_18510658.jpg
アップで載せるのでみなさんのお宅の畳と比べてみてください。
これは せとなみ という品種だそうです。
このゴザ一枚は、結構いい畳一畳と同じくらいの値段です。
海岸屋は自腹で買いました。(←自慢)
暑い時期だったので寝ゴザにして寝たけど
傷むのが心配で一晩でやめました。(←自虐)

次の現場では3畳だけど畳を敷くので
今から予約を入れてみました。
それは岡山三号と言う品種の一番草。
海岸屋が付き合ってもらってる畳屋さんは
「望むところだ!」みたいな返事だったから大丈夫。(たぶん)

今回は畳の表の材料のイグサの話だけだったけど
品種や生産技術の結果として農産物としての性能があって
それを畳表に加工する工芸品の出来の良否があって
畳床に付ける技術 部屋にマッチさせるセンス と
良い和室を構成する要素一つとっても奥行きがすごいです。
オーセンティックも大変だ。

いつかイグサを栽培しているところに見学に行きたい。
できれば表を織っているところにも。
そんなふうに ほっつき歩いてばっかりいると
畳の上で死ねない・・なんてーことはないと思うな たぶん。

うまくたためなかったけど
ではまた!




# by kaiganyafoo | 2019-09-05 19:24 | 材料 | Comments(4)

おいしい建築のレシピ またはドイツ削ろう会まとめ 

みなさん おつかれさまです。

a0157159_19153499.jpg
海岸屋ははたして生きているのか とご心配の皆様
(そんな人はいないと思うな)
まーなんとか生きています。
死んだも同然なのはこのブログですな。
お盆だけに。(ちなみに前回の投稿は正月!!)
ご無沙汰の挨拶もそこそこに去年の夏の話をはじめるわけですが。

a0157159_19200821.jpg
ヨーロッパの大工さんの圧倒的な体力に驚き、
女性大工さんに接して日本の大工職を振り返ってみた海岸屋ですが、
僭越ながら(?)一番大事なところはそこではありません。

考えなくてはならないのは
なぜドイツ削ろう会では、
「丸太からの製材を含めて手道具だけの仕事をしたのか」
というところです。
または
その経験から何を学んだのか というところでもあります。


a0157159_19225847.jpg
今、(有)海岸屋ふーのように「手仕事」をする建築屋にとって
日本の木造住宅業界には強い逆風が吹いている と言えると思います。
安いこと 早いこと メンテナンスフリーなもの などが求められていて、
今の建築現場をつかさどっている神サマは
一に工期で 二に予算 三四がなくて 五に近隣対策です。

良いものを作ろう! という神は13番目に居ます。
(見当で言ってますがね。)

a0157159_19243316.jpg

そんな中、どんな理由ならば手仕事をさせてもらえるのか
その意味合いをずーっと考えているのですが。

断熱や耐震性など現代住宅の性能は押さえつつ、
個別の事情に合わせた設計をする・・・ここまでは普通ですが、
そこにナニモノカを加えることが大事ではないか、と今は考えています。

以前にも書いたかもしれませんが
料理のプロは栄養だけではなく
「おいしい」という感動を目指して修行しますし
服飾のデザイナーは実用性や耐久性の上に
「かっこいい」という感動をを加えるために不断の努力をしています。
(かっこいい などと薄っぺらい言い方をすると川久保さんあたりに怒られそうですけどね。)(誰?)
建築だって名作と呼ばれるものは様々な感動を与えてくれます。

もちろん、住宅建築にも様々な感動があります。
素晴らしい設計によるもの
良質な素材によるもの
真摯な施工態度によるもの など。
ですが、一番真っ当なのは、建物自体が感動するものであることを目指すことです。
a0157159_19271530.jpg

さて みなさん。
「感動する建物」を建てることが必要だとして
そのために大工はどんな修行をしたらいいのでしょうか。

大工修行のそのはじめは、精度をあげることでしょう。
そのためには研ぎをすることだと思ってます。
切れる道具でなければ精確な仕事ができないと言うこともあるのですが、
研ぎは1ミリの半分の半分のそのまた半分の・・という細かい作業ですから
それを続けることによって目と手の精度が上がる と思っているからです。

大工修行のその次は木を見ることでしょう。
材木の元と末や木表木裏を間違えない という初歩から
順目 逆目を考えて加工し、背と腹 さらには
木のアテ なども見抜いていかなければなりません。
建物の強度や経年変化にかかわることだからです。
a0157159_19292741.jpg
では、感動とは?

どんな修行をしたらいいのかはっきりとした答えを言える人は少ないと思います。
が、
敢えて海岸屋が提示してみるとすれば、
「今回の(ドイツでの仕事の)ような経験をたくさん積むこと」
が、大事なのではないか ということです。

丸太 という素材を 柱や梁、そのほか様々な材料に加工すること。
これが前段。
その材料に墨付けをして刻みをして上棟まで。
これが中盤。
最後は造作工事。

私たち大工が前段の仕事、つまり「木づくり仕事」を手放してからずいぶん経ちますが
古い木造建築のほとんどはそうやって作られたのです。
そしてその建物たちは今もって私たちを感動させるのではありませんか?

今、大工の多くが中盤の仕事からも手を放そうとしています。
プレカット全盛で手刻みをしないご時世がそれです。

さらに造作工事も既製品の取り付けに終始するのであれば
それは作り手というよりも組み立て工かもしれません。
大工はこうやってどんどんバカになっていくのでしょうが、それは
経済効率から言えばやむを得ないことだと言われているようです。
本当にそうなのでしょうか。
a0157159_19303519.jpg
経済至上を言う人でも高級車に乗ったり
何かの記念日にごちそうを食べたりすると思います。
それがその人に応じたレベルの贅沢 とでも言うか、
海岸屋の嫌いな言葉で言えば「自分に対するご褒美」とでも言うか・・・
つまり人は経済効率だけで生きていけるわけではないと思います。

そしてあらゆる贅沢行為(?)のうちでもっとも本質的に贅沢なのは
自分の空間がその人相応に満足できる空間であること
ではないか と海岸屋は思います。
その空間が仕事場であってもすまいであっても、です。

日本の住宅は様々な変遷を経てきました。
戦後の復興期には とりあえず雨露がしのげるものを求め
地震、台風で被害が出るたびに強度を増すことを求め
最近では住宅の長寿命化、省エネ的な性能が求められています。
では、次は何を求められるのでしょうか。
a0157159_19314362.jpg
本質的な贅沢 と言う言い方が適当であるかどうかわかりません。
我がK女史の言い方ならば おいしい建築 でしょうか。
心を込めてこつこつと手仕事をする意味が
そこにこそあるような気がしています。今は。


丸太をはつっていると 人を感動させる建物が作れる・・

思い切りはしょって説明するとそうなるのか・・
うーん
ドイツ以降、一年も経ってるのにそんな程度の熟成ですか・・
a0157159_19324725.jpg
相変わらず言葉かずばかりが多くても深く切り込んで行けない海岸屋ですが
深く切り込めないのは丸太だけではなかったのだなぁ・・・

などとむにゃむにゃ言いながらまた今度でござんす!
では。







# by kaiganyafoo | 2019-08-17 19:36 | 海岸屋ふーの流儀 | Comments(4)

ヨーロッパの木造建築のナナメ材

みなさん おつかれさまです。
そしてあけましておめでとうございます。


去年の暮れに仲間がイノシシの半身を持ってきてくれて
28日の餅つきのときに焼いて食べました。
60kgの米を臼杵で搗くのは大変ですが・・・
a0157159_11360273.jpg
そして今年は亥年。
海岸屋は年男だから共食いだったですな。
(還暦ですか?って図星を突くのは禁止。)




ここのところ目と体力の都合で
思うように本を読めてないんだけれど
それでも年末年始で何冊かは読みました。

構造主義の本が何冊かと
(構造って言っても建築ではないけどね)
それから建築の本も読みました。
藤森輝信の建築探偵放浪記。

この本の中に、 「建て起こし」という一節があって
そこに、ヨーロッパの伝統的な木造住宅などにはなぜナナメ材が入っているのか 
の説明がしてありました。
この家なんかも入ってます。ナナメ材。
a0157159_11474763.jpg
で、
ナナメ材が入っているのはなんでだと思います?皆さん。
地震、台風に耐えるため?
普通はそう思うよね。
でもこの本に書いてあったのは「建て起こし」のため という説明。

建て起こしってのはこんな感じです。
a0157159_11513429.jpg
a0157159_11521883.jpg
a0157159_11525415.jpg
a0157159_11534362.jpg
藤森先生がおっしゃるには、ヨーロッパの家はみんなこうやって
「建て起こし」で建てるらしく、そのときにぐにゃっとゆがまないために
ナナメ材を入れて固めてしまう、と言うことでした。

皆さん知ってました?
海岸屋は知らなかった。

で、
藤森先生にそれを教えたのは太田邦夫先生。
太田先生の講義は何度も受けたけど
そんな話は聞けたことがないなぁ・・・残念。

それでは、ドイツ削ろう会での橋の上棟は当然建て起こし?
実際はこうです。
a0157159_12152343.jpg
a0157159_12162541.jpg
a0157159_12173653.jpg
a0157159_12182073.jpg
a0157159_12185619.jpg
a0157159_12193451.jpg
a0157159_12205285.jpg
a0157159_12221937.jpg
a0157159_16232355.jpg
a0157159_16242364.jpg
なるほどねぇ。
やっぱりヨーロッパは建て起こし・・・じゃない!
全然違います。

これが、川にかかる橋だから起こしにくくてこうなったのか
指揮をとったハネスが日本で何年か修行をした大工さんだからこうなったのか
その辺の委細は不明です。

この橋は瓦を乗せるって言ってたから
ずいぶん長持ちすると思うけど
20年くらい経ったら見に行きたいもんです。
あれ?・・・・20年経ったら‥海岸屋は80才か・・
せいぜい体を鍛えておくことにしましょう。

次回はドイツ削ろう会のまとめ
しつこくてごめんね現代の手仕事の意味 だー!
ではまた。






# by kaiganyafoo | 2019-01-05 20:30 | 工事 | Comments(2)

ドイツ削ろう会 ご報告 その2  女性が現場にいるという事

みなさん おつかれさまです。



毎日暑い日が続きますが
こう暑いと車のエアコンも効かなくて
吹き出し口からぬるい風が出てくるよね、って言ったら
みんなそんなことないって言うんです。
???

どうも外気導入をしながら冷房してるのがいけないらしく
確かに室内循環に切り替えたら段々と冷えていくようです。
考えてみれば当たり前ですね。
みんなにバカ扱いされました。
やむを得ないな。


でもアレです、ドイツは暑くなかった、全然。
緯度は北海道よりももっと北、樺太の中央くらいですから
まー 暑くなくても当たり前かもしれません。
夜も九時半過ぎまで明るいしね。



さて、二日目。
日本人チームは斧のハツリから外されました。
やったー!
とか言ってる場合じゃない?(クビ?)
で、
何をやったのかと言えば鋸挽きです。
a0157159_19030542.jpg
左側の人は日本チームの親分で
岐阜で「水平屋」という工務店をやっている佐藤さん。
右側はヤコブさん。 石工と庭師。

で、
斧でV型にハツる代わりに 鋸で切込みを入れていって
そのあとで丸太の向きを変えてハツっていく というやり方です。

鋸の切れにもよりますが こっちのほうが仕事が早い。
体は楽か と言うと・・・

実はコレ、鋸の脇に立って体をひねるようにしてストロークを稼ぐんです。
身長2mのエリックさんにご指導いただきました。
(ちなみに30cmの地下足袋が履けなかったという方です。)

エリックさんはストローク一杯に鋸を使えるでしょうが
168cmの海岸屋にとっては・・・ もー、ヘビーなエクスサイズで
あやうく腹筋が六つに割れるところでした。

まあ ここでその腹筋をお目にかけてもいいんですが・・・

もっとキレイな絵を見ていただくと、
女性の大工さんで、マリアさんです。
a0157159_19411397.jpg

海岸屋は、大工になりたいと言う女性を日本で何人も見て来ました。 
が・・
一人前の大工になった方には会ったことがありません。
なぜ、女性の大工さんは(日本では)ほとんどいないのか。
海岸屋が思うには、その最大のところは体力的な面だと・・

ところがこの方はその辺のところを軽くクリアしてます。


例えばこれ。
a0157159_19523413.jpg
ふたり一組で挽いていく製材用の縦挽き鋸。
知ってる人は知っている。(?)
これも
超重労働なんです!
海岸屋は全然もたない。
10分か? 15分か・・
息が切れて、もー・・
上に立ってる海岸屋、へばってる顔してますでしょ?


ところがこのマリアさん、
この鋸挽きを何時間も続けてやってるのをワタシは見た・・・
マジかー!!




a0157159_18221237.jpg
それからこちらはナナさん。
隣のK女史、なぜか少し緊張しています。
(ファンらしいです)

ナナさんの着ている服がドイツの大工さんの正装です。
えー
コーデュロイの素材は鋸くずがつきにくいように
帽子は襟首に木っ端が入らないように
ベストにボタンが8個ついているのは一日に8時間働く
上着のボタンが6個ついているのは一週間に6日働く
というしるし・・だったかな?

こんなイケてる風貌をしてるナナさんですけど
日々発生する皆さんの膨大な洗濯物(50人分!)を一手に引き受けて
なおかつ時間が余れば現場に出て来て仕事をします。
すごいなー

そして・・現場では・・

海岸屋とY君とで横引鋸を使っていたら、
隣に来て同じ仕事をはじめたナナさん、

「その進み具合はウチらとほとんど同じ。」!!
すごいなー。


でも、なんだろう このかんじ。


海岸屋は、今まで長いこと現場で仕事をしてきましたが
こんなふうに一人前の女性の職人さんと働いたことはなかった。
日本の建築現場には、
マリアさんやナナさんよりも体力のない男がたくさんいます。
でもいろいろ考えて、問題は体力ではない、
この、なんだかわからないモヤっとしたかんじ、
おそらく日本の(今までの)職人さんのなかには
現場に入って来るメンバーに対しての、何か・・
「心理的障壁」のような何かがある。
と、そんな気がしてきました。
けっこう閉鎖的なのかもしれません。


これからの建築現場には女性の力が必要になってくると思うんですがね。
それには自分たちの考え方を変える必要がある・・・のかもしれません。




おまけの写真は現場にいた「可愛い子」です。
けっこうやんちゃだけど 誰も怒らないし、邪険にもしない。
a0157159_19110747.jpg
いい現場だったな。
ではまた。




# by kaiganyafoo | 2018-09-03 19:24 | 海岸屋ふーの流儀 | Comments(6)