海岸屋ふー通信

公式サイト
最新の記事
最新のコメント
川越さま 私は女性の大..
by kaiganyafoo at 07:26
こんにちは、お疲れ様です..
by 川越 at 20:04
帰ってきました! ベン..
by kaiganyafoo at 07:33
お土産はベンツ一台で良い..
by 余計なお世話かも at 18:48
昔は力持ちの人がいたと思..
by kaiganyafoo at 05:38
そういわれてみれば米俵(..
by 川越 at 13:59
確かに大変だと思います。..
by kaiganyafoo at 22:48
それは自分にも当てはまる..
by 余計なお世話かも at 20:18
以前に若い子が入ったとき..
by kaiganyafoo at 19:10
大工さんが大変というより..
by 余計なお世話かも at 19:19
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2012年 09月 22日 ( 1 )


竹をまなぶ

みなさん お疲れ様です。

今日の海岸屋は静岡往復です。
そして家に帰って晩飯を食べていたら 外からうめき声。
耳をすましてみれば隣の居酒屋のカラオケでした。
いくら酒に酔って歌うからといっても
あれはないなぁ・・



さて
静岡往復の理由は 竹の勉強会です。
日本で唯一 竹 笹専門の 「富士竹類植物園」 というのが静岡にはあります。
竹の研究で博士号をお取りになった先生を先達に
半日かけて学びました。
a0157159_22565598.jpg
こんなかんじでぞろぞろと。
右も左も竹竹竹。
4ヘクタールの敷地に500種の竹があるそうです。

今回 竹を学んだ海岸屋の興味はふたつ。
土壁下地の小舞いの竹について と
墨差しの竹について。

そして 具体的に学んだ事はみっつ。

従来 竹の切り旬は11月から12月が良いと言われているが
竹に含まれるデンプン量を調べると8月から11月くらいが少なく
12月はむしろ増えてくる時期だという。
そして含水率は8月9月が少ない。
データ上は9月がいいと思われる。

そして建築用材の場合 竹の年数は5年程度がよく
年数の見分け方も教わりました。

さらに小舞いとして使う場合は
伐採後 一刻も早く割って 乾燥させてしまうこと。
それによって カビと虫とを防ぐらしいです。

それからこれ。
a0157159_23152175.jpg
大工が使う墨差しというものは 職人であれば自作することも多いのですが
いかに細かく薄く割るかが問題なのです。

その手本に考えたのが この茶筅。
細かいですよね。

お茶の流派によって こんなにも形が違うのを知らなかったんですが
それはともかく 細かいですよね。
これに使う材料はハチクということでした。

ハチクかぁ・・・
マダケって教わった気がします。
こんど4年生のハチクを探してみましょう。
うまく割れるかもしれませんからね。


・・・ま
往復400km移動でちょっと 眠いので
しりきれですがまた明日です。

もう秋の空ですね。
a0157159_2325551.jpg



にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-09-22 23:27 | 材料 | Comments(10)