海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
公式サイト
最新の記事
海岸屋、伝統構法に挑戦?
at 2018-02-23 19:14
ケヤキに鉋を掛ける 粉仕上げ..
at 2018-02-17 20:20
断熱工事である
at 2018-02-09 21:47
新年のご挨拶
at 2018-01-05 17:14
神楽坂建築塾で話す
at 2017-11-30 20:28
最新のコメント
こんにちは。いつも面白い..
by 川越 at 11:01
余計なお世話かも さん ..
by kaiganyafoo at 19:51
明けましておめでとうござ..
by 余計なお世話かも at 09:08
余計なお世話かもさん ..
by kaiganyafoo at 09:19
新しく仲間になった 機械..
by 余計なお世話かも at 21:41
どんな自宅に住んでいるか..
by kaiganyafoo at 08:45
何故か 非公開コメントに..
by 余計なお世話かも at 21:07
確かにその方自体は友達で..
by kaiganyafoo at 08:53
余計なお世話かも さん ..
by kaiganyafoo at 01:34
通り土間さま 力強いお..
by kaiganyafoo at 01:17
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

嵐を呼ぶ上棟

みなさん おつかれさまです。
寒くなってきました。



嵐を呼ぶ男 という映画が昔あったそうですが、
これで海岸屋もなかなかの若手ですから見たことがありません。
裕次郎って言ったって西部警察くらいしか知らない。
昔からテレビって見てないしな。



なんでこんな話をしているのかと言うと
上棟の予定が台風直撃になっちゃったから。
二度も。
雨男なんてーもんじゃなくて 嵐を呼ぶ男がいるんですね。
海岸屋ふー関係者の中に。
(女性かも・・?)


a0157159_18545992.jpg
もー合羽着てます。
みんなズブ濡れです。
これ、写っているのは海岸屋なんですが、
釘袋の中に雨水溜まってましたもんね。

で、
ほかにもいい写真がたっくさんあったはずなんですが、
雨のせいなんだか なんなんだか 全部ピンボケ・・・
a0157159_19040471.jpg
ほらね。
栗駒から運んできた松丸太(ヤリガンナ仕上げ)(笑)を
バッカみたいな大カケヤでおさめている・・・という
なかなかに勇壮なシーンなんですが・・

涙で前が見えない! みたいな有様です。
トホホ。
台風のバカ!

この日のために県外から多数お集りいただいた大工さん
ありがとうございました。
これにに懲りずまた来て下さい。
次回の上棟もきっと手刻み仕事ですから。
はい。




で、今はこんなかんじです。
a0157159_19440068.jpg
今回も平屋。
いやー 頑張ってるねー (大工さんが)
・・・・
かっこいいじゃないですか。(K女史のおかげで)
・・・・・


じゃ、お前は何をやっていたんだ、って聞くのは禁止。
それでなくても社内で風当りが強いんですから。



海岸屋がここ最近何をやっていたかということを
次回公表することでありましょう。
それは一体いつになるんだよ!? と聞くのも禁止。
ええ
なにしろ 嵐を呼ぶ男かもしれませんからね ワタシ。
危険ですよ。
ではまた。









by kaiganyafoo | 2017-11-13 20:13 | 工事 | Comments(2)
Commented by 余計なお世話かも at 2017-11-14 21:41 x
新しく仲間になった 機械を
使えるようにしたか
テーブルの脚を作ってたか
材料を置いておく 倉庫を作っていた。
でしょ

最後に残ったでかい角鑿機 本日
旅立ちました。
Commented by kaiganyafoo at 2017-11-15 09:19
余計なお世話かもさん
M工務店さんの件ではお世話になりました。
ありがとうございました。
機械、でっかくてびっくりです。
建具屋になろうかしら・・・ってまず場所を作らないとです。 ウチのM君は古い溝切りを貰って喜んでいました。

立派にやってた会社を閉めてしまうのって感慨深いものがありますね。社長と少し、昔の話とかして懐かしかったです。会えてよかったですけど。
昨日、T村大工さんの親方のところから古材を引き上げてきましたが、あそこももうサッパリしたもんです。 みんなでバリバリやってたのがウソのように。
<< 神楽坂建築塾で話す 今どき手刻みで家を建てる理由 ... >>