海岸屋ふー通信

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
by 鉋 at 13:03
爲井椋允
by 北脇里規 at 13:02
by 鉋 at 18:11
大武理菜 平塚由佳
by 大武理菜 長瀞渓谷 at 18:10
by 鉋 at 17:28
岩立良作
by 住谷春也 at 17:28
平塚由佳
by 鋸 at 15:24
by 後藤祐乗 at 15:22
by 鋸 at 20:55
上杉裕世 片山淳吉
by 成山裕治 津曲裕次 at 20:54
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

如庵見学記

みなさん こんばんは。

もうすっかりウラシマタロウの海岸屋です。
つまり
アッチ側では三日くらいだったのに
コッチ側にもどってきたらばナント数か月も経っててびっくりです。
ウソです
すいません。

お久しぶりでございます。忘れた?



さて
知ってる人は いったいいつの話をしてるんだか と言われそうなお題
「如庵」 でございます。

もーね
三か月も前の話で、 このままお蔵入りにしようかとも思ったんですが
それももったいない気がしたので。 はい。
如庵見学記_a0157159_19455067.jpg



日本には国宝のお茶室が三つあるそうですが、
そのひとつが ここ、如庵です。
写真 撮れないわね。
かわりにこれを・・
如庵見学記_a0157159_1933355.jpg


まず概要から話をすると、如庵をつくった人は織田有楽斎という人で
この人は織田信長の実弟ですね。

兄ちゃんの信長が本能寺で亡くなっちゃって、跡取りの信忠も切腹したのに
有楽斎はずーっと生き延びていて、最期は京都の正伝院 となってます。
で、
この如庵は正伝院に付属するかたちでつくられていて、
つまり有楽斎の 終の棲家と言えると思います。

お茶と言えば利休だし、利休t言えば小さい茶室なんだけど
そしてこの如庵もたしかに小さい茶室ではあるんですけど、
(二畳半台目、つまり2.75畳っすね)
なんだか違う気がする。

何が違うかと言うと、有楽斎は利休をあんまり敬ってなかったというか・・なんというか・・

まあ 今日はお腹もすいちゃったし
ボチボチ書いていくんでこんなとこで。(あれ?)

おまけの写真 というわけではないんですが
お茶室の写真を二枚。
如庵見学記_a0157159_20272975.jpg

如庵見学記_a0157159_2027403.jpg

やれ宮大工がすごいとか、いややっぱり数寄屋でしょ とか
いろんな言い方があって海岸屋は内心不満を感じたりするんだけど
こんな写真をみると やっぱりすごいわ と思わずにはいられませんね。
ええ
お茶室って貧乏くさいよねとか言っててすみませんでした。はい。
ではまた。

by kaiganyafoo | 2015-05-03 20:33 | 建物いろいろ | Comments(4)
Commented by まめたん at 2015-05-05 11:19 x
ブログアップお疲れ様です( ^^)/

お宮さん数寄屋さん茶室屋さんそれぞれに決まり事や特殊な造りが有ったりで、それぞれが同位に凄いと思います(^^;)

ミシガンの庭園もいよいよ来月オープニングです、豪雪極寒、暑い夏を経て完成後1年半…どんな状態でのオープンになるのか(;^_^A 海岸屋様もミシガンにお寄りのせつは「フレデリック・マイヤーズガーデン」にお立ち寄り頂き、状況を観て来て頂きたいですね((^0^;)

置き去りされた私の安物の和箒も活躍しているのかも含めて(^_-)-☆
Commented by kaiganyafoo at 2015-05-05 22:02
私はミシガンがどこにあるのかも知らないんです。
外国っていうのも一度しか行ったことがありませんしね。
でも 日本の木材を使ったとしたら、どんなふうになるのか、ご当地の材を使ったのならどんな材なのか興味がありますねー
Commented by まめたん at 2015-05-06 09:54 x
お疲れ様です(^^)

野地板の1枚まで日本産材です。私はオマケみたいな感じで参加させて頂きまして良い経験だったのか、メンタル病みの「奴」にいびられ損だったか…今となるとちょっと微妙な気持ちも有ります( ̄。 ̄;)

海岸屋様のこだわりの現場なども拝見致してみたいものですが(^^;)  今ではなかなか必要ないような技術や知識も多いでしょうけれど、技術や知識はいくら有っても邪魔にはなりませんし財産にさえなりますからね(^^)
Commented by kaiganyafoo at 2015-05-07 08:27
まめたんさん
技術や知識って、それを得ること自体が楽しいって思いませんか?  それが役に立つ というところまで行かないことも多いというか・・
住まいなら住む人が健康であること 店なら繁盛すること そのへんか本来の目的なんでしょうが、なかなか・・ねぇ?
好きなことだけやっちゃう気がします。
道具いじったり本読んだり・・
道具いじったり本よんだり・・・
<< 如庵見学記 その2 ジョアンっ... コーヒーという飲み物 >>