海岸屋ふー通信

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
by 鉋 at 13:03
爲井椋允
by 北脇里規 at 13:02
by 鉋 at 18:11
大武理菜 平塚由佳
by 大武理菜 長瀞渓谷 at 18:10
by 鉋 at 17:28
岩立良作
by 住谷春也 at 17:28
平塚由佳
by 鋸 at 15:24
by 後藤祐乗 at 15:22
by 鋸 at 20:55
上杉裕世 片山淳吉
by 成山裕治 津曲裕次 at 20:54
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

職人さんたち

みなさん おつかれさまです。




杉花粉 最盛期 でしょうか?
海岸屋がいつも行く床屋のお姉さんも大変そうで
「海岸屋さん 杉なんかみんな切っちゃってくださいよぅー」 などと言っていました。
「もー みんな焼き払いたい」 とも。   
・・・・・
やめてね?

耳鼻科で 「立派な花粉症ですね」 という判定を受けたにもかかわらず
海岸屋は いまのところ平気です。
ま 
独自の防衛対策をしているからね。
えっへん。



さて 先日下塗りをしに来た左官屋さんが仕上げに来ました。
職人さんたち_a0157159_21314856.jpg
漆喰を押さえています。
久しぶりだー。
漆喰の押さえ。




漆喰という左官材料は
その1 コテムラ仕上げ(?)→ 誰でも出来ます。 素人は頑張ってこの状態。
その2 塗りっぱなし→ ほんわかしてます。 少しざらっとしてるかな?
その3 押さえ→ 平滑に塗りつけた後コテでなでつけて密度を出す
番外  磨き→ もー これでもかってくらいこすってピッカピカにする

いくつもの手間とグレードがあります。

これも左官屋さんに頼みました。
職人さんたち_a0157159_21414334.jpg
玄関の土台を交換したときにタイルを壊してやったので復旧です。
でも
ここにどんなタイルをはってもかっこいいとは思えなかったのでモルタル仕上げ。
いいかんじです。
左官屋さんの腕さえ良ければ。



塗装屋さんも来ました。
職人さんたち_a0157159_21445835.jpg
塗装下地用の紙クロスの上に塗装をしています。

職人さんたち_a0157159_2147317.jpg
これも塗装屋さんの仕事。
タモの床板にワックスを塗ってもらいました。
木目が際立って見えますね。

それから水道屋さんと材木屋さんも来た。
明日は建具屋さんが来ます。


・・・ というように 一軒の家にかかわる職人さんはとても多い。
そして どんな職人さんと組むかという判断は
請け負った工務店がする とても大事な仕事のひとつ。

今探しているのは 数奇屋の土壁ができる左官屋さん。
次の次くらいの現場でやって欲しい仕事があるから。
・・・・ というように
いつもメンバー編成を考えています。


おまけの写真は 夕方行った現場の近くの 「波切不動」
職人さんたち_a0157159_2211258.jpg
赤いね。
瓦まで赤いんじやないかな。

今はここから海まで7~8kmあると思うけど
昔は海上からここの常夜灯が見えたとも言われます。
昼だったら山立てする目印にはなったでしょうね。



今日はこんなところで。

さっき事務所に入ってきたカメムシを探さなくちゃいけないから 失礼。
うっかり踏んづけたりしたら大惨事だしね。
では。

by kaiganyafoo | 2014-03-25 22:21 | 工事 | Comments(2)
Commented by まめたん at 2014-03-28 10:29 x
お疲れ様です(^^)

左官屋さん…田舎ではなかなか我が儘大工のお気に入りの左官屋さんが見つかりません(/_;)

大概が「おいおい!アナタは土木作業員ですか?」って方ばかりで…(x_x) 周りを汚すわ、チリはと見やれば見てしまった私が恥ずかしくなるくらいの違い(◎-◎;) 

それを指摘すれば「拭けば取れる!」いやいや見切りやら巾木が白く染みこんで取れてないです(/_;) やら、「そんなに綺麗に出来ねぇよ!!」ですからね…(^。^;)



それを求める私が悪いんでしょうか?( ̄△ ̄)
きっと悪いんでしょうね…
Commented by kaiganyafoo at 2014-03-29 20:34
左官屋さんでは ずいぶんと悩みます。
今までずいぶんたくさんの左官屋さんと仕事をしてきました。
でも 素晴らしいと思える壁を塗ってくれた職人さんは一人だけです。
難しいですね。
<< 現場仕事の終わり 古い鋳物の棚受け金物 >>