海岸屋ふー通信

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
by 鉋 at 13:03
爲井椋允
by 北脇里規 at 13:02
by 鉋 at 18:11
大武理菜 平塚由佳
by 大武理菜 長瀞渓谷 at 18:10
by 鉋 at 17:28
岩立良作
by 住谷春也 at 17:28
平塚由佳
by 鋸 at 15:24
by 後藤祐乗 at 15:22
by 鋸 at 20:55
上杉裕世 片山淳吉
by 成山裕治 津曲裕次 at 20:54
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

杉の外壁の限界

みなさん おつかれさまです。



ウチの奥さんはこころやさしい人で
冬になるとみかんやリンゴを切って外に置いておきます。
鳥の食べるものがないとかわいそうだから だそうです。
でもね
そうやって世話になってる鳥、 なかでも尾長君に言いたい。
君たちにあげてもいない立派なリンゴを勝手に突っつくのはやめて欲しいです。
それから
ウチの奥さんの車にフンを落とすのもヤメテ。
わかったかな? もう。






さて
ウチに来る尾長君がブログをチェックしてくれていることを祈りつつ
今日のお題。
杉の外壁のほにゃららら。
杉の外壁の限界_a0157159_2128816.jpg
これは戸袋です。
(内緒の話なんだが戸袋ってのは雨戸をしまっておく場所らしいぜ)

だいぶ風化が進んでいますね。
風化は杉の柔らかいところから進んでいく。

ここを見てください。
杉の外壁の限界_a0157159_21393380.jpg
おおっと。
風化が進みすぎて向こう側に抜けちゃった。
昨日あたりの海岸屋の靴下と一緒です・・って話はよけいか。

この板は通称二分三(にぶさん)と言って 厚みは二分三厘 7mmくらいですか。
大工さんが思ったよりも風化が早く進んだようです。
想定通りならば この板はもっと長持ちして
全体的に釣り合いのとれた朽ち方をするはずだったと思います。


思ったよりも早く風化が進んだ理由のひとつは年輪の詰み具合。
これを見てください。
杉の外壁の限界_a0157159_2252333.jpg
風化が進んでいるのは板だけじゃない。
押し縁もそうです。
一番下を見てもらうと風化の深さがわかるでしょう?

一方こちらは・・・
杉の外壁の限界_a0157159_22544918.jpg
目の詰んだ材料はそんなに減ってませんね。

ふーむ
違うもんだねぇ・・・

それに挑戦するわけではないんですが
今回の玄関の改修は杉の下見板張り。
前もって塗装を済ませます。
杉の外壁の限界_a0157159_2259127.jpg
二度目の塗装を終えて乾かしているところ。

洋風気味の表情にしたくて15mmの厚みにしたから
向こう側まで風化が進むのは倍くらいの時間がかかるのかな。


今日の話は古いものばっかりだったから
おまけの写真も古いもの。
杉の外壁の限界_a0157159_2335398.jpg
うーん 欲しい。
まあ 年寄りの懐古趣味ってやつだと笑ってくだされ。
ではまた。

by kaiganyafoo | 2014-03-19 23:05 | 材料 | Comments(0)
<< 土壁を壁土に。 大工の共通言語 >>