海岸屋ふー通信

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
by 鉋 at 13:03
爲井椋允
by 北脇里規 at 13:02
by 鉋 at 18:11
大武理菜 平塚由佳
by 大武理菜 長瀞渓谷 at 18:10
by 鉋 at 17:28
岩立良作
by 住谷春也 at 17:28
平塚由佳
by 鋸 at 15:24
by 後藤祐乗 at 15:22
by 鋸 at 20:55
上杉裕世 片山淳吉
by 成山裕治 津曲裕次 at 20:54
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

金色のかざり

みなさん こんばんは。



ここ何日か暖かかったので チャンス と思って床屋に行きました。
・・・でも
また寒さが戻ってくるらしいです。
夜中に外で洗濯物を干すことも多いウチの奥さんは
「パンツとか凍りかけてキラキラしてることがあるよ」 と言ってました。

光るパンツ! 
(いやいやハマるところ違うから。)



さて
前回のネタは 錺金物の勉強をしに行ったという
海岸屋の幅広い教養(!)を示す記事でしたが もう来ました。 これ。
久保先生が 「ほとんど全部この図録に載ってます」 と言った図録
金色のかざり_a0157159_2012934.jpg
あー 隣にある本は そろそろ終わりを告げつつある 村上春樹月間の本。
エッセイと旅行記だけを読んでいるから ま 入り口ですがね。
この入り口は広いけど 奥行きもあるよ。
興味のある方はどうぞ。
失望しません。 きっと。


えー
本題は 「金色のかざり」 です。  (こんじきのかざり と読んでね)
ワタクシ いつも思うのですけれど 
展覧会などの図録って なんでこんなに豪華なのに安いの?
実費?

まあ それはそれとして
錺金物(かざりかなもの)を作る人は 錺師(かざりし)と呼ぶらしく
これはやっぱり職人なのだろうと思います。
で あるからには作った品物は 工芸品であって美術品ではない。
クラフトであって アートではない。

そもそも昔の日本には芸術家はいなくて
絵を描く人は画家ではなくて絵師。  職人ですな。

芸術家が上で 工芸家(?)や職人は下 とも思ってないし
予算と納期が決まって作られる実用品が 精神性が低いとも思ってない。
ただ
ルーティンワークというか 決まりきった工程の繰り返しが
表現から生命感を失わせていく という久保先生の指摘は
繰り返していくことを宿命とする職人にとって 不可避の命題になるなあ とは思います。

この図録に載っている一級品の錺金物は
芸術品か工芸品か という分類のない頃のモノ達で
ちゃんと見なくちゃいけないねぇ という これからの勉強です。
夜は眠いけども。

おまけの写真は 丸ビルのコンランショップで買ったこれ
金色のかざり_a0157159_20595642.jpg
コーヒー豆をすくうために買ったけど
これでいいんじゃないかな と思ってる海岸屋は「美」を理解しない者 かな?

by kaiganyafoo | 2014-01-26 21:05 | Comments(0)
<< 削ったり はつったりのフライング 今日の勉強 錺金物(かざりかなもの) >>