海岸屋ふー通信

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
by 鉋 at 13:03
爲井椋允
by 北脇里規 at 13:02
by 鉋 at 18:11
大武理菜 平塚由佳
by 大武理菜 長瀞渓谷 at 18:10
by 鉋 at 17:28
岩立良作
by 住谷春也 at 17:28
平塚由佳
by 鋸 at 15:24
by 後藤祐乗 at 15:22
by 鋸 at 20:55
上杉裕世 片山淳吉
by 成山裕治 津曲裕次 at 20:54
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ぜいたく倉庫への道

みなさん お疲れ様です。

老眼鏡をなくした! と思って
それでも3日我慢して 我慢しきれなくて新しいのを買ったら
次の日 電材の箱の中から老眼鏡が出てきた海岸屋です。

老化が進んでいるのは目だけじゃないようです。
ちなみに眼鏡の度数は1.5

ぜいたく倉庫への道_a0157159_2263283.jpg
これは何をしているところか と言うと 仮設(くどい)事務所にお客さまが来るので
ケメックスで初めてコーヒーを淹れようとしているところ。

結果 すっごく苦いコーヒーになりました。

教訓 「お客さまにお出しするコーヒーでぶっつけ本番をやるのは無謀。」
ごめんね室ちゃん。
かっこいい農家の作業場を作りましょうね。



さて ダメ自慢の前置き2連荘ですが 本題は倉庫。

海岸屋の作業場は 間口6間 奥行き4間半ですから27坪というコンパクトなもの。

そこに仮設事務所があり 大量の古い建具の在庫があり
それから山ほどの本(段ボール箱入り)があって
ほんの少しの道具があります。
つまり
狭い!!!

これじゃあ倉庫です。

ですから とりあえず本と建具を外へ出すために場所を借りることになりました。
ここです。
ぜいたく倉庫への道_a0157159_22225426.jpg
床は板張りで 壁は下は腰板張り 上はしっくい。 天井は格天井。
その一部屋だけなんですが とっても気に入ってます。
ぜいたく倉庫ですな。
もちろん作業場やうちの事務所よりもずっと(ずーっと)立派。


部屋の真ん中に背中あわせの本棚をおいて
壁際には建具をおく という算段ですが
そのためには建具の台帳を作らなくてはなりません。

本棚も作らなくちゃいけないんで どんなデザインにするか思案中。
本棚ができたら調子に乗って 本また買うかも です。
海岸屋ふー文庫?


さて おまけの写真は永田食堂の定食。
ぜいたく倉庫への道_a0157159_22464128.jpg

さんまが二尾乗っかっている という豪華版です。(豪華?)

先輩はこのさんまを半分に折って
バナナでも食べるように (そのまま骨ごと) 食べちゃいます。
だれか そんな食べ方をする人を知ってる方は教えてください。
骨が邪魔じゃないんですかね・・・
というところあたりで 今日はおしまいです。
ではまた。

by kaiganyafoo | 2013-11-21 22:55 | 海岸屋ふーの流儀 | Comments(2)
Commented by くわはら at 2013-11-21 23:41 x
半年前から玄能が行方不明です。幸〇郎とかいうやつです。
Commented by kaiganyafoo at 2013-11-22 19:15
おお 奇遇ですね。
ウチの〇三郎も長い旅に出ているようです。
<< 諏訪を歩く アテネフランセ >>