海岸屋ふー通信

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
鮎さま こんばんは。 ..
by kaiganyafoo at 20:03
こんにちは。 ふーさん..
by 鮎 at 16:20
川越さま 私は女性の大..
by kaiganyafoo at 07:26
こんにちは、お疲れ様です..
by 川越 at 20:04
帰ってきました! ベン..
by kaiganyafoo at 07:33
お土産はベンツ一台で良い..
by 余計なお世話かも at 18:48
昔は力持ちの人がいたと思..
by kaiganyafoo at 05:38
そういわれてみれば米俵(..
by 川越 at 13:59
確かに大変だと思います。..
by kaiganyafoo at 22:48
それは自分にも当てはまる..
by 余計なお世話かも at 20:18
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

千葉大で話をしてきました・・・

みなさん こんばんは。


a0157159_175247.jpg
とある所のダースベイダーです。
最近どうしていたのかと思ったら
サボテンに悪さをするカラスをおどかす仕事についていたらしいです。
成績はどうなんでしょう。
平和な仕事ではありそうで なによりです。



さて
海岸屋が小さな胸をいためていた ここ最近の懸案
「千葉大で話をする」  行ってきました。
a0157159_115872.jpg
西千葉のすぐ近くの千葉大、正門をくぐって左側にこの講堂があります。

入り口を入ると受付があって
a0157159_118671.jpg
ちょっと類を見ないほどの美女がそろって微笑んでくれます。
美女じゃない人も一人いますけど この人は海岸屋の荷物を見て
「うおー すげぇ 前挽き大鋸じゃん 見せてー」 とすごいノリでした。


講堂の中はこんなかんじ
a0157159_124164.jpg
リハーサル中ですね。
講演をなさる道塚先生と大沢先生が写ってます。

なんでこんな立派な先生方にまじって海岸屋が話をすることになったのか
いまだに理解できませんが まー 現場からの話を届けましょう・・ 
と いうことで ムリヤリに納得させつつ出番を待ってます。

だいたいアレです 海岸屋はもとから出たがりではあるんです。
学生のときの部活は 落研やら応援団やら演劇部やらですし
自衛隊のときは満員の武道館のステージにも立ちましたし。
でもね
月日は人を変えますです。
もー
長年の裏方仕事で すっかり控えめな人間になりましたから。
(はい そこのアナタ 笑うところじゃありません)

a0157159_1354646.jpg
道塚先生の講演です。
東金にお住まいで 宮大工の家系にお生まれで
もう何十年も民家の研究を続けていらっしゃいます。
本もお出しになってる。
ええ 海岸屋も持ってますとも。
はじめてお会いしましたが ものすごく立派な方でした。

a0157159_1392090.jpg
大沢先生。
民家協会でやってる 民家の学校の校長先生を長くおやりになってて
まー ながれるような巧みなお話です。
設計のお仕事も全国にわったていて沖縄のお話もでました。


このあとに海岸屋が出たわけです。
「あと5分」 とか
「あち1分」 とかの指示をうけつつアタフタと・・
用意した原稿にも目を向ける余裕がありません。
あがってるんですねぇ・・

あとでどんなだったか聞いてみると
「なんか 噺家みたいな口調だったね」 だそうです。とほほ。

もー
こんなことは一生やらなくていいです。
(と いいつつ神楽坂の講座もあるではないか・・)
さて
明日から通常業務に復帰です。
やー
現場はいいなあ。

ではまた。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2013-09-24 01:55 | 民家 | Comments(4)
Commented by ケンゾー at 2013-09-29 15:41 x
大学で学生相手に講演とは,,,,,

師匠」「という呼び方以外にも「先生」という呼び方が増えましたね

しかし今時前挽き大鋸に食いついてくる学生がいるとは驚きですね
他に持って行ったのはどんなものがあるんでしょうか

講演内容にも興味があります

ぜひ本編で紹介お願いします

Commented at 2013-10-01 00:01
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kaiganyafoo at 2013-10-01 07:05
ケンゾーさん
お返事遅くなりました。
えー 講演?の内容はもしかすると載せるかもしれません。
あまり読んでて楽しい話ではないです。
建築現場の事情が大工さんの仕事の内容を変えて
それが道具の衰退につながった・・けれども
持つ道具によって 大工さんの精神や技術が規定されていく面もあるので、今までとは違った質的な変化が木造建築に起きつつあるけれども はたして私たちは自覚してそれを選んでいるのだろうか・・・と言うような話でした。 はい。
Commented by kaiganyafoo at 2013-10-01 07:15
村松さん 承知しました。
何か御用がおありでしたら メールで下記まで連絡をいただければと思います。
kaiganyafoo@carol.ocn.ne.jp
<< 荒木ハツリ塾へ 海岸屋ふー ホームページへの道 >>