海岸屋ふー通信

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
by 鉋 at 13:03
爲井椋允
by 北脇里規 at 13:02
by 鉋 at 18:11
大武理菜 平塚由佳
by 大武理菜 長瀞渓谷 at 18:10
by 鉋 at 17:28
岩立良作
by 住谷春也 at 17:28
平塚由佳
by 鋸 at 15:24
by 後藤祐乗 at 15:22
by 鋸 at 20:55
上杉裕世 片山淳吉
by 成山裕治 津曲裕次 at 20:54
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

職人考

みなさん お疲れ様です。



今日の九十九里方面は ものすごい風でした。

「いやー こんなに風が強いと立〇便するのに危険だねぇ」 と言うと
「そんなのたいしたことないよ。 俺なんか内側からだよ。 
ハル〇ケア飲もうかと思ってんだよ」と言う返事。
・・・・・
内憂外患 もーズボンびしょびしょの気配です。

失礼しました。



さて職人の話なんですが
きっかけは このあいだ貰ったこの本
職人考_a0157159_2148428.jpg
川越 喜多院蜜に伝わる職人尽しの絵です。
それからこの本
職人考_a0157159_2222448.jpg

職人考_a0157159_22222766.jpg


今は職人と言いますが もとは
「道々の者」
「諸道」
「諸職」といったらしいです。

それが職人と言われるようになったのは 
中世後期から江戸時代初期にかけて ということで
さらに言うならば「職人風情」(しょくにんふぜい) という言葉が示すように
やや蔑視されている語感が ごく最近までありました。

現代の建築現場で 自分を職人である と規定しているのは
大工 建具屋 基礎屋 瓦屋 板金屋など
比較的昔からある分野の仕事につく者達が多く
電気屋はそれに該当せず
材木屋 サッシ屋はもの作りではないためこれも職人とは呼ばれないと思います。
当然 建築営業も
現場監督も 
設計屋も職人とは呼ばれない。

では
実際のところ 職人とそうでないものは どこで分けられるのか。
話せば長くなるんだかどうなんだか
もう眠くなってきてしまったので また今度にさせてください。
ええ
それがいつの話になるのかはさだかではないのであった。
では。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2013-02-24 22:50 | 読んだ本 | Comments(0)
<< 押しかけメンテ 浜の食堂 >>