海岸屋ふー通信

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
by 鉋 at 13:03
爲井椋允
by 北脇里規 at 13:02
by 鉋 at 18:11
大武理菜 平塚由佳
by 大武理菜 長瀞渓谷 at 18:10
by 鉋 at 17:28
岩立良作
by 住谷春也 at 17:28
平塚由佳
by 鋸 at 15:24
by 後藤祐乗 at 15:22
by 鋸 at 20:55
上杉裕世 片山淳吉
by 成山裕治 津曲裕次 at 20:54
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

子規がいた

みなさん こんばんは。

今日の千葉は朝より昼のほうが寒かった。
でもまあ一日大工仕事をしているんで機嫌のいい海岸屋です。
現場も順調に進んでいるしな。



さて
このあいだ東京へ行って町歩きをしました。
詳しい人について歩いてね。

歩いた場所は谷中 根津。
子規がいた_a0157159_232169.jpg
谷中せんべい と読むんだよねぇ。
変体かなって難しいな。

子規がいた_a0157159_235216.jpg
子規がいた_a0157159_2353152.jpg
似たようなせんべいで なんで値段が倍も違うのか?
店の人に聞いたから海岸屋は知ってるけど なんででしょう。


あとは幸田露伴の小説でも名高い五重塔
子規がいた_a0157159_2385373.jpg
の、跡地だね。
心中した二人が火をつけた という事だけど
それも海岸屋が生まれる前の話。

こんな職人仕事の店もある
子規がいた_a0157159_23121687.jpg



でもやっぱり一番心に響いたのはここです。
子規がいた_a0157159_23133053.jpg
そうです。 正岡子規の終の棲家 子規庵です。

ご存知ですか 正岡子規。
海岸屋は司馬遼太郎の「坂の上の雲」でちらっと見たくらいでした。
俳句も短歌もあんまり縁がないし まあ全然ですね。

ここで買って来た本
子規がいた_a0157159_23204671.jpg
脊椎カリエスを病んだ子規が ほとんど死ぬまでを綴った病床日記です。
もう 壮絶そのもの。

海岸屋は古今和歌集が好きなんだけど
子規は万葉集を評価して 古今和歌集を低くみた ということで
そんなことも初めて知りました。  ちょっと不満。
でも
病気で自宅から一歩も出られない身でありながら
その後の短歌 俳句の方向を決めてしまうほどの影響を与えたことを思うと
なんとも言えない気持ちになります。

「朝顔や 絵にかくうちに 萎れけり」
有名な句じゃないけど じーんときました。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2013-02-15 23:44 | 建物いろいろ | Comments(0)
<< 民家のこころ プードルってでかいよ >>