海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
by 鉋 at 21:07
玉木彦助
by 菜月アイル at 21:06
by 鉋 at 21:10
岩澤健吉
by 荒堀謙次 at 21:10
by 鉋 at 13:03
爲井椋允
by 北脇里規 at 13:02
by 鉋 at 18:11
大武理菜 平塚由佳
by 大武理菜 長瀞渓谷 at 18:10
by 鉋 at 17:28
岩立良作
by 住谷春也 at 17:28
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

天井裏の快人

人には向き不向きってものがありますが
この仕事なんかはそうですね。
 天井裏の快人_a0157159_224688.jpg
鉄骨造の建物の天井は
こういった 「軽天」 下地がほとんどですが
このくらい狭いと海岸屋は入れません。
だって
狭いところは18cmしかなくて 足場板を敷いたらもっと狭くなる。
無理。
いや
最近の海岸屋は十分スリムですよ?
でも 誰も入れないと思ってたから点検口を取り付ける用意をして行ったんです。
でも 先輩は入っていっちゃったな。
さすが 体に楽させてないからスマートです。

出てきた時はトレーナーを破いちゃってましたけど・・・・
お疲れ様っす。


さて
おまけの話
 天井裏の快人_a0157159_22593534.jpg
ここのところ読んだ本ですが
この中にでてくる話で 「大きな茄子」 ってのがすごかった。

「どのくらいかい こんなかい?」
「いやいや」
「こんなかい?」
「まだまだ」
「こんなかい?」
「そんなもんじゃない」
「この六畳間いっぱいの茄子か?」
「まだまだ」
「じゃあ、この町内ぐれえか?」
「とんでもない」
「じゃあどんなんだい?」
「暗闇に蔕(へた)つけたような」


うむむむむ

日本手ぬぐいの柄で
真っ黒に染めたところに ちょっこりと目が描いてあって 「くじら」 ってのがあるけど
この話のほうがずっとすごいな。

やっぱ志ん生 最高じゃないっすかねぇ・・
ではまた。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2013-01-22 23:12 | 工事 | Comments(2)
Commented by くわはら at 2013-01-24 21:12 x
暗闇にへたは中島らもの『ガダラの豚』で読んだ覚えがあります。
志ん生だったんですね。
Commented by kaiganyafoo at 2013-01-24 23:53
志ん朝さんと 荻野アンナさんの対談の中に出てきました。

志ん生の発明かどうかはわかりませんけど。
もしかすると 昔からあった言い回しなんですかねぇ・・
<< 海岸屋 至高のやかんを買う 作業場を閉める >>