海岸屋ふー通信

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
by 鉋 at 13:03
爲井椋允
by 北脇里規 at 13:02
by 鉋 at 18:11
大武理菜 平塚由佳
by 大武理菜 長瀞渓谷 at 18:10
by 鉋 at 17:28
岩立良作
by 住谷春也 at 17:28
平塚由佳
by 鋸 at 15:24
by 後藤祐乗 at 15:22
by 鋸 at 20:55
上杉裕世 片山淳吉
by 成山裕治 津曲裕次 at 20:54
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

秋田へ・・

みなさん お休み 休んでいますか?

海岸屋は地域の仕事でした。
トラックを出して
刈り払い機で草を刈って
チエーンソーで伐採をして・・って
いつもの仕事と変わらん!


そんなこんなですが、秋田に行ってきたんです。
日本民家再生協会の日本建築研鑽会です。
(漢字ばっかりだよ・・カタイ・・硬いよ・・)


東北新幹線が盛岡で 秋田行きのこまち号と
青森行きのはやて号に切り離されることも初めて知ったです。
知らずに隣の車両に行ってたらどうすんだろうね。

さて
初日は 門脇木材という会社で
林業 伐採 製材 製品製造 それから直売店までやってるのを見学。
もー
どこもかしこも元気のない木材関係の業界のなかで
ここは例外的に元気でした。

山主が維持しきれない とかの理由で
山林を購入していくうちに規模が大きくなってきた という
いいのかどうか微妙な経緯はあるものの
建築以外の分野にも木材業界の活路はありうるんだなぁ と
初めて気がついたことでした。

山です。
秋田へ・・_a0157159_2357266.jpg
かなり強い間伐をかけていて これから50年以上は伐らないし
木々の間に植林した杉苗がそれまでには育つ という説明でした。

もちろん皆伐のほうが効率はいいのでしょうが
水源林としての保全のためにも 二段混交林の方式を選んでいるようでした。
丸太
秋田へ・・_a0157159_040100.jpg

製品化
秋田へ・・_a0157159_05234.jpg

直売店
秋田へ・・_a0157159_061160.jpg
ここで作っている製品は土木用資材 という事でしたが
これを建築資材として使う道はないか と考えてしまいました。

かなり大きな規模の会社ですが 社長はプリウスに乗っていて
こういう実直な人柄だから山を託されたりする気がします。
うっかりセルシオに乗ったりGTRに乗ったりしちゃイカン・・のかな?

4ナンバーのキャラバンに乗ってる海岸屋はどうかな?
乗らないのと 乗れないのは違う?
はい
その通りでございますね。

秋田ネタ どのくらい続くかわかんないけど
また明日です。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-10-15 00:17 | 材料 | Comments(0)
<< 重要文化財 草薙家 美しいもので満ちている世界 >>