海岸屋ふー通信

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
by 鉋 at 13:03
爲井椋允
by 北脇里規 at 13:02
by 鉋 at 18:11
大武理菜 平塚由佳
by 大武理菜 長瀞渓谷 at 18:10
by 鉋 at 17:28
岩立良作
by 住谷春也 at 17:28
平塚由佳
by 鋸 at 15:24
by 後藤祐乗 at 15:22
by 鋸 at 20:55
上杉裕世 片山淳吉
by 成山裕治 津曲裕次 at 20:54
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

訃報

今日も暑くなりそうですね。

名残惜しい夏・・・ではありますが
ダメージが蓄積しているときには
あなどりがたい影響が出ます。

気をつけていきましょう。


さて 表題の訃報。
このブログにも よくコメントを入れてくれていた友人
出越君が昨晩亡くなりました。

彼は筋ジストロフィーという病気を持っていて
日常 車椅子で生活している人でした。
障害者 という言葉をとても嫌っていましたのでそうは言えませんが
今年1月で54歳、 筋ジスの人としては驚異的に長生きだと思います。

そう
いつまでもいてくれるような気さえしていたんですが。


彼は人に圧迫感を与えるようなところがなくて
誰からも でごっちゃん と呼ばれて親しまれ
けれども 強靭な精神力でまわりの人を支えてきました。
そう
私も支えられてきた一人です。

強靭な精神力 などと言うと
彼を知る人からは不似合いな言葉と思われるかもしれませんが
彼の境遇を自分にあてはめて考えたとき
同じように生きていくことができる人がどれだけいるかと思うと
彼の大きさがおぼろげながらにも理解できる気がします。

おごらず
声高な主張をせず
卑屈にならず
ひがまず
おもねらず
いつも自然体で

歌をうたうこと
詩をつくること
友人をふやすことに喜びを見出していました。

でごっちゃん

でごっちゃん

私はあなたに救われたんです。
そして支えてもらっていた。
こんなに急にいなくなるなら
それをちゃんと伝えたかった。

この世は誰にとっても苦しみの檻だけれども
あなたの場合はひとしおそう思います。
思い通りにならない世界をはなれたでごっちゃんが
今やすらかな気分だったら と望みます。

でごっちゃん
そこからこっちが見えますか?

私はもうしばらくこっちにいます。
そこから時々にでも気にかけていてください。
そうやって今までのように私を支えてください。
いつか そう遠くない時期にそっちに行くでしょうから
そのときはバンド復活で歌をうたいたいな。

あなたが蒔いた種は大きく育って
世界中に広がっていくと信じています。
誰しもが平等に生きられる時代を。

合掌。

by kaiganyafoo | 2012-08-28 09:19 | Comments(1)
Commented at 2012-08-28 20:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 房総林間茶室 多寡杉庵 グランドキリン という名のビール >>