海岸屋ふー通信

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
by 鉋 at 13:03
爲井椋允
by 北脇里規 at 13:02
by 鉋 at 18:11
大武理菜 平塚由佳
by 大武理菜 長瀞渓谷 at 18:10
by 鉋 at 17:28
岩立良作
by 住谷春也 at 17:28
平塚由佳
by 鋸 at 15:24
by 後藤祐乗 at 15:22
by 鋸 at 20:55
上杉裕世 片山淳吉
by 成山裕治 津曲裕次 at 20:54
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

雨漏り

みなさん お疲れ様です。

今日の千葉は強風です。
雨もざあざあふりましたが 
この雨がさくら起こしになるかも とのことでした。

さくら起こし という言葉は知らなかったな。
食べ物じゃないよ。



さて
雨漏りです。

連絡を貰って現場に行きました。
雨漏り_a0157159_21391535.jpg
これは屋上への出入り口。
経験のある人はわかるでしょうが
雨漏りを止めるのはけっこう難しい仕事なんです。

そしてこれはその中でも けっこう難しい方でしょう。
一見してあやしい箇所がいくつもある。

ここのお宅はまだ10年経ってないんですが
建てた工務店に雨漏りの連絡をしたところ、
防水屋さんがきてコーキングをして帰って
その後 何十万だかの請求書がきたんだそうです。

海岸屋は そういう話ははじめて聞きました。
どう考えていいのか全然わかりません。

この写真にも 住んでいる方が自分でコーキングをしたところが写っていますが
これはあくまでも応急処置であって、プロはこんなことをしない方がいい。

なぜならじきに再発するから。

そう、コーキング材の劣化はけっこう早くて
ペンキを塗って保護をしないとそんなに持ちません。

とは言っても 海岸屋が出す見積もりも
上 中 下 と三種類くらいあるものの、
「お金がないから 簡単にやってください」 と言われて
「下」のコース コーキング処理 というケースも多いんです。
やりますけどね
しょうがないから。


でも、ここは最初からお客さんが「上」のコースをご希望でした。
それは
外壁を剥してしまって 下地からやりなおす というもの。
確かにそれなら雨漏りはなおります。
っていうか
なおさなくちゃね そこまでするなら。

しかし・・・

やっぱり納得いかない気分が残る。
いいのか?それで。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-03-31 22:29 | Comments(0)
<< 土壁 サクラ >>