海岸屋ふー通信

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
by 鉋 at 13:03
爲井椋允
by 北脇里規 at 13:02
by 鉋 at 18:11
大武理菜 平塚由佳
by 大武理菜 長瀞渓谷 at 18:10
by 鉋 at 17:28
岩立良作
by 住谷春也 at 17:28
平塚由佳
by 鋸 at 15:24
by 後藤祐乗 at 15:22
by 鋸 at 20:55
上杉裕世 片山淳吉
by 成山裕治 津曲裕次 at 20:54
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

松永安左ヱ門邸 老欅荘

みなさん お元気ですか。
海岸屋は ちょっと風邪をひきました。
それで 昨日は早く寝たんですがね。

千葉は雪ともみぞれともつかないものが降っていて
体調不良とあいまって いやー寒い寒い。
銀行のキャッシュコーナーの静脈認証がOKされません。
ホカロン買って出直す始末。
便利なんだかどうなんだか。



さて
今日の御題も みんなが大好き近代和風建築。(ただしアクセス ダダ下がり)
松永安左ヱ門邸 老欅荘です。
松永安左ヱ門邸 老欅荘_a0157159_16132675.jpg
海岸屋は この土塀を見ただけでもうノックアウトです。
このグダグダ具合(失礼) 大好きです。

実際には こういった型のない格好もんの仕事はよけいに難しいと思います。
ここの門の瓦も あまり見た覚えのないかたち。

老欅荘は増築を繰り返したこともあって
なかなか全景が掴めませんが 見た目こんなかんじです。
松永安左ヱ門邸 老欅荘_a0157159_1620468.jpg

この方は電力王ともいわれ まあすごいお金持ちではあったんでしょうが
お茶を始めたのは60歳と遅く 号を「耳庵」と称したのもそのため。

知ってますか? 論語のアレです。
三十にして立つ
四十にして惑わず
五十にして天命を知る   聞いたことありますよね。

これ
六十にして耳順がう(みみ したがう)
七十(長いから省略) って続くんですね。 知らんかった。

意味は 
60歳になったら人の言葉に素直に耳を傾けられるようになった 
ということですって。

教養があふれちゃってますねぇ。
で、
もとから能力も馬力もある人でしょうから
傾倒ぶりはなはだしくて ここの家(?)もお茶三昧の家。
松永安左ヱ門邸 老欅荘_a0157159_16353041.jpg
どの部屋でもお茶ができる。


そんでね
ここが電力王ならではなんですが、
お茶を出してもらう部屋が奥であるほどに親しい と。
(ダムを作りたい という陳情とか・・・)(これはうわさです)

さあ これが途中の茶室の床柱だ。
松永安左ヱ門邸 老欅荘_a0157159_16454921.jpg
杉の3寸5分角。
何の変哲もない柱 逆にすごいな。

見て判るように まだ奥がある。
松永安左ヱ門邸 老欅荘_a0157159_165141.jpg
はい  これが一番奥の茶室の床柱。

宗偏流で始まったという松永のお茶は
後年 流派は離れたといいますが
それを耳庵流と言ってみて これはその美意識の芯でしょう。
アップ
松永安左ヱ門邸 老欅荘_a0157159_1656344.jpg
なんの木でしょうね。
ツバキ?エンジュ?サルスベリ?
由緒のある古材なんでしょうか・・・。
掛け釘も侘びてますねぇ。(ボロいですねぇ。)


明治の男は立身出世を夢見て努力するのが普通ですから
松永安左ヱ門は男子の本懐を遂げたと言っていいでしょう。
その住むところとは このようなもので
美意識の真髄は侘び寂びの世界。

決して宮殿のようなところではないんですね。
日本人ならでは なんでしょうか
老荘思想のあるアジア共通のものなんでしょうか。

価値観は人によって様々でしょうけど
海岸屋はこんなのは大好きです。
興味のある方は見てみて下さい 耳庵 いい顔してます さすがです。

さて小田原編 もうちょっと続くよ。
では また明日。



にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-02-29 17:16 | 建物いろいろ | Comments(4)
Commented by 正宗 at 2012-02-29 21:57 x
関東も結構茶室があるようですね~。侘び寂びの世界は実に奥が深いように思います。こんな仕事いつかはしてみたいな~。
Commented by kaiganyafoo at 2012-03-01 23:04
関東の茶室は 
材料を関西から運んできたりすることも
多いんじゃないでしょうか。

侘び寂びの世界にはあこがれますけど
道はるかなかんじがします。

道がはるかなんじゃなくて
繋がっていないかもしれませんし。
でも
いつかはやってみたいですよね。
Commented at 2012-03-08 12:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kaiganyafoo at 2012-03-08 22:06
はじめまして
メールでお返事をさせていただきました。
御確認下さい。
<< ギャラリーtenに行った 大倉喜八郎 別邸 >>