海岸屋ふー通信

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
by 鉋 at 13:03
爲井椋允
by 北脇里規 at 13:02
by 鉋 at 18:11
大武理菜 平塚由佳
by 大武理菜 長瀞渓谷 at 18:10
by 鉋 at 17:28
岩立良作
by 住谷春也 at 17:28
平塚由佳
by 鋸 at 15:24
by 後藤祐乗 at 15:22
by 鋸 at 20:55
上杉裕世 片山淳吉
by 成山裕治 津曲裕次 at 20:54
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ブラックウオールナットで作るカウンター

みなさんお疲れ様です。
大嫌いな月末がやってきました。
そう 世の中で一番圧迫感のある紙 請求書を見なくてはいけない月末です。

その上 海岸屋は背中が痛くて困っています。
なんだろう・・・

那須までトラックで往復したからなのか
そのトラックに満載した木材を積み下ろししたからなのか
はたまた連日の鉋掛けのせいか・・
思い当たる節ばっかりで わけがわかりません。

そんなじじくさいグチはさておき
ブラックウオールナットです。
ブラックウオールナットで作るカウンター_a0157159_20334784.jpg
これは何をしているのか というと
カウンターの天板になるウオールナットの配置を決めているところ。

板を指差している絶世の美女が ギャラリーのオーナーです。
パチパチパチ

顔が見えないって?
当たり前です。
平安時代の昔から 美女は顔をみだりにさらしません。

板の向こう側にいる男性が 家具職人のY君です。
あごひげは、今一番好感度の高いひげだそうです。
よかったねぇY君

さてブラックウオールナットですが
ご覧のように表情豊かな板です。
色も木目も。
手前側が黒っぽいのはオイルを塗ってみたから。
ブラックウオールナットで作るカウンター_a0157159_20434671.jpg
こんなふうに節もかまわずに使うのが今風なんですかね。
ブラックウオールナットで作るカウンター_a0157159_20455629.jpg
真ん中の板だけ木裏を上にして使うことに決まりました。

たぶん ものすごくかっこいいカウンターが出来ると思います。
そしてこちらはくるみ材
ブラックウオールナットで作るカウンター_a0157159_2048514.jpg
これもオイルを塗って表情を確認してみました。

これはカフェコーナーのテーブルになります。
長さは6mにもなる。

窓際に設置するから威圧感はないはずなんだけどね。
長いよね。

さあ 現場は進む 家具は軌道に乗る
発注した器具は現場に届く で
いよいよ 佳境にさしかかっていきます。

ウオールナットはアメリカ産で
くるみはロシア産だから 現場の中は東西冷戦・・なわけはないです。

人間と違って樹木はそれぞれが引き立てあうんですねぇ。
乞うご期待です。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-11-29 20:58 | 材料 | Comments(0)
<< かっこいいカフェ KUSA 建具屋さんと打ち合わせなのだが・・ >>