海岸屋ふー通信

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
by 鉋 at 13:03
爲井椋允
by 北脇里規 at 13:02
by 鉋 at 18:11
大武理菜 平塚由佳
by 大武理菜 長瀞渓谷 at 18:10
by 鉋 at 17:28
岩立良作
by 住谷春也 at 17:28
平塚由佳
by 鋸 at 15:24
by 後藤祐乗 at 15:22
by 鋸 at 20:55
上杉裕世 片山淳吉
by 成山裕治 津曲裕次 at 20:54
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

行ってきました 1000年のヒノキ

ただいまっす。
岐阜はなかなかに遠いっすねぇ・・。

先輩ともう一人の大工さんが
現場が煮詰まっていて不参加になった岐阜行だったので
往復 約800kmソロツーリングっす。

さて(元)神宮備林のヒノキですが
なぜ(元)なのか というと 今は国有林だから。

国有林と言うからには 
特定の宗教団体のためにだけ木材を使う というわけにはいかなくて
伐ったものを 伊勢神宮が買う というカタチになっているから という説明を受けました。

今名古屋城の本丸御殿の工事が行われていて
そこにも材料として出している とも言われていました。

まあ 能書きはともかく ヒノキの写真っす。
行ってきました 1000年のヒノキ_a0157159_22581118.jpg
どうですか? 1000年のヒノキ。
もういっちょ
行ってきました 1000年のヒノキ_a0157159_22595551.jpg
海岸屋は樹齢1000年の木というのは見たことがなかったけど
これより太い木はみたことがある。

もしかすると みなさん同じ感想かもしれない。
でも この木の貴重さ というのは太いから 樹齢が古いから というだけでは
言い切れないものがあると思います。

どういうことか というと
今日はもう遅いから明日説明したいんですが(たぶんね)
写真を一枚載せてみます
行ってきました 1000年のヒノキ_a0157159_2373940.jpg

これが ここの山の姿です。
おそらくこんな山は誰も見たことがないはずなんですが。

というわけで まるで気を持たせるかのように
今日は終わるのであった。 すまんね。

つけたすと 今回もまた大収穫の旅でしたので
それもおいおい書いて行きます。
今回の企画をして下さった方々に感謝します。
ではまた明日。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-10-29 23:12 | Comments(4)
Commented by やまとも at 2011-10-30 09:56 x
なるほど、1000年檜はこの木でしたか。

巨木関連の本で見た覚えがあります。確か二代目千年檜だったかな。なんとも羨ましいです。

この山の風景は凄みがありますね。少なくとも、檜の大木がこれだけ自然に残る山は見たことがないです。

おそらく完全な自然林なのかな。似た雰囲気の山というと、標高1000メートル超えの寒山に残る、樅、栂の自然林を想像するくらいです。
Commented by でごっちゃん at 2011-10-30 13:11 x
おかえりなさい。この間は、本当に申し訳御座いませんでした。知り合いの主婦に自宅に来てもらいコードを切って修理してくださいましたよ。1,000年以上も育っている木は余り見た事がありませんよ。国有林の木は、ものすごく貴重なのですね。また、屋久杉とは、違うのでしょうね。
Commented by kaiganyafoo at 2011-10-30 20:43
うーむ やまともさん 慧眼ですね。
あるいは 山を見る目に長けていらっしゃるのか。

現地で受けた説明では 
初代千年檜は江戸時代に決めた この山全体のご神木で
室戸台風で折れてしまったとのことでした。

その後伐採して 年輪をかぞえたところ
950年の樹齢だったことがわかったらしく
そこから二代目の樹齢を推測しているようです。

凄みのある山なんですが
参加者は一様に 気持ちの良い山だねぇ と言っていました。
良い経験をさせてもらったと思っています。
Commented by kaiganyafoo at 2011-10-30 20:50
でごっちゃんの車椅子が 充電できるようになって何よりです。
よかったね。

千葉ではたしか 清澄山の杉が千年杉って呼ばれていなかったかな?

本当のところ 何年経っているかなんて
外から見ただけじゃわからないよねぇ・・

かといって 伐って確認したら
かけがえのない木なのに 元にもどせないんだし・・
だからまあ 1000年でいいよね
海岸屋は文句言わないよーん
<< 木曽ヒノキ備林とは マンションの床の張替え2 >>