海岸屋ふー通信

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
by 鉋 at 13:03
爲井椋允
by 北脇里規 at 13:02
by 鉋 at 18:11
大武理菜 平塚由佳
by 大武理菜 長瀞渓谷 at 18:10
by 鉋 at 17:28
岩立良作
by 住谷春也 at 17:28
平塚由佳
by 鋸 at 15:24
by 後藤祐乗 at 15:22
by 鋸 at 20:55
上杉裕世 片山淳吉
by 成山裕治 津曲裕次 at 20:54
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

削ろう会 その後   大鉋です

みなさん お疲れ様です  って
今日は日曜日か・・・

海岸屋は打ち合わせその他
仕事っぽい一日でした。

親方の作業場まで打ち合わせに行ったところ
見せてもらったのは この鉋
削ろう会 その後   大鉋です_a0157159_22251449.jpg
うお! でけえ!
尺鉋であります。

親方が 先日の削ろう会に持っていって
ちゃんとした鉋屑(削り華?) を出したという代物です。

刃は中〇〇〇さんの作で
もう作りたくない と言うご感想だったらしいですが
よく切れる という評価でした。

台は 愛媛のかたのアドバイスもあり
自分の工夫もありの 手のかかったつくり。
すごい手間だっただろうな・・。

尺の鉋と
8寸の鉋
削ろう会 その後   大鉋です_a0157159_22332528.jpg
ちなみに研ぎは 普通に天然砥石で研いだそうです。

そう、冶具も使わないし 粉も使わない   だそうです。

トラディショナル スタイルですか・・
大鉋部門(どんな部門だっていう話ですよね)では
もう少数派になっているんですかね・・

まあなんにしろ
研ぎ 仕込み 台仕立て と
数年前には考えもつかなかった大進歩があった ということです。

不思議と言えば不思議なはなしですね。


蛇足をつけくわえるならば
ムクの一枚板の台に尺鉋を仕込んで
仕事で使っていた千葉の力ちゃん という人は
いったいどんな人なんだ という疑問がわきます。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-09-18 22:42 | 大工道具 | Comments(2)
Commented by やまとも at 2011-09-23 21:23 x
一尺鉋!普通に研ぐというのも凄いですね。刃だけで何キロあるんでしょう~?
Commented by kaiganyafoo at 2011-09-23 21:43
何キロなんでしょうか・・
とっても重そうです。

親方は「研ぐのはかなり短い時間だねぇ」
と言ってました。
でっかい砥石を持っているようです。

ですが 裏出しは苦行で
(300匁の玄翁でやったとか・・)
台仕込みは難問だったそうです。

別世界の出来事ですね。
<< 佐原で仕事 Re:gendo (りげんどう) >>