海岸屋ふー通信

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
by 鉋 at 13:03
爲井椋允
by 北脇里規 at 13:02
by 鉋 at 18:11
大武理菜 平塚由佳
by 大武理菜 長瀞渓谷 at 18:10
by 鉋 at 17:28
岩立良作
by 住谷春也 at 17:28
平塚由佳
by 鋸 at 15:24
by 後藤祐乗 at 15:22
by 鋸 at 20:55
上杉裕世 片山淳吉
by 成山裕治 津曲裕次 at 20:54
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

難しい問題

夏 サイコー とか言って調子にのってましたが
すこし疲れ気味なようです。

昨日は新しい元請けさんと打ち合わせ
今日は たまった帳簿付け と
体をあまやかす2日間でした。

ここのところ
いろいろな現場に出入りをしています。

近所の親方の手伝いやら
水道屋さんの仕事の部分請けやら
有名な建築家の現場の手伝いやら・・。

まあ 自分が請けた仕事じゃない ってことで
営業的には褒められたことじゃないんですが
よその仕事を見る というのも
ものを考えるきっかけにはなるようです。

何を考えるか というと
海岸屋にとって 理想の現場とは どんな現場か ということ。
まあ 
この問いの立て方自体が 現場偏重の立ち位置なんでしょうが。

海岸屋ふー という会社は 設計施工の会社ですから設計もしますが
設計屋さんとか 建築家とかいわれる人達の図面よりも
よりすばらしい図面が作れるのか と言われれば 
それは疑問だ と言わざるを得ません。

今まで仕事を一緒にさせてもらった建築家の方々、
見学させてもらった たくさんの建物、
それぞれに 学ぶところがありました。

まずは いいプラン というか
いい設計があるのでなければ
施工屋が いかに頑張ったところで いい建物にはなりません。
当然ですよね。

また 有名な建築家の作品でも
いくつも見続けていくうちに 出来 不出来の開きがあることも判ってきます。

あれこれ考えると

腕のいい建築家の
出来のいい図面で
志のある施工屋が
上手な職人を集めて
気持ちを一つにして 仕事をする ってあたりが
理想の現場の条件になるのでしょうか・・?

難しい問題です。

まずは 志のある施工屋でありたい と願うところあたりが
最初に達成するべき 目標なんでしょうね。

多少の考え事などをしてみました。 はい。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-07-16 22:12 | Comments(0)
<< 村上富朗の「木の椅子たち」展 メタボリズム >>