海岸屋ふー通信

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
by 鉋 at 13:03
爲井椋允
by 北脇里規 at 13:02
by 鉋 at 18:11
大武理菜 平塚由佳
by 大武理菜 長瀞渓谷 at 18:10
by 鉋 at 17:28
岩立良作
by 住谷春也 at 17:28
平塚由佳
by 鋸 at 15:24
by 後藤祐乗 at 15:22
by 鋸 at 20:55
上杉裕世 片山淳吉
by 成山裕治 津曲裕次 at 20:54
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ガラスの模様

みなさん お疲れ様です。
今日は 蒸し暑かった。
早く 梅雨あけないかな。

海岸屋の今日の仕事は解体工事でしたが
アルミサッシを何本か処分しました。

そのガラスがこれ
ガラスの模様_a0157159_21273557.jpg
何の気なしに見ていて
 トンボの柄なんだ と思っていたけど
写真を撮ってからしみじみみたら 全然違う。

ガラスの模様_a0157159_21301332.jpg
よーく見ても何の柄だかわからない。
そしたら もうトンボの柄には見えなくなってしまった。
思い込みって こわいな。

なんでこんな古いガラスを取っておくか というと
昔みたいな多様な柄のガラスが もうないから。

桜の柄だったり 菊の模様だったり
昔のガラスは いろいろです。

それを何かの折に ちょっと使う。
ワンポイントでね。

ただし ガラスも古くなると もろくなるらしくて
切るときに難しい と言われたことがある。

ま 海岸屋は 腕利きのガラス屋さんを知っているから
いつもその人に頼みます。
「古いガラスでやりにくいだろうけど ごめんね。」って言って頼む。
すると
「おお これは〇〇ガラスの〇〇という柄ですね」
などと メーカー名と 商品名をすぐに言います。
本職は違うな。

ま そういうわけで これからも古ガラスを見ると
大事にかかえて 帰るんだろうな


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-06-20 21:43 | 材料 | Comments(4)
Commented by でごっちゃん at 2011-06-21 00:59 x
誕生日、おめでとうございます。いつまでも若々しく居てください。ミクシイに御祝いのメッセージを書くよりも海岸屋さんのブログに書いたら良いと思ってかきました。いつも頼んでばかりいますけれどこんな男ですがこれからも宜しく御願します。
Commented by 木組曼 at 2011-06-21 07:40 x
昔の型板ガラスには、色んな模様があって楽しいですね!
メーカーにも遊び心(余裕)があった時代なのでしょう。

古ガラスの行方は、破砕等の処理をされ、安定型埋立になる運命です。
延命と言うわけではないのですが、私たち建築屋の役割として、形あるもの、可能な限り使う努力も必要だと思います。

それが当たり前になると、多少は資源保護の手助けにもなるのでしょう。
トンボ風ガラスも生かされて、喜んでいるでしょう・・・。



Commented by kaiganyafoo at 2011-06-22 05:40
ありがとうございます。
海岸屋は52歳になりました。
もう 立派な年寄りなんですが 
あと20年現役で仕事をするのが目標ですね。

これからもよろしくね。
Commented by kaiganyafoo at 2011-06-22 06:02
今 型ガラスというと なぜ一種類しかないのかわかりません。
建具に使う蝶番なども 種類がすごく減っています。

作っても売れない ということなんでしょうか。

ガラスのリサイクル率は 以前はとても高かったようですが
今は ビール瓶をのぞいては そうとう低調だと思います。
中心になっていた一升瓶の回収が破綻したのが
そのきっかけとなった と聞いたことがあります。

確かに一升瓶は あんまり使わなくなったかもしれません。
紙パックの酒 ペットボトルの醤油・・
生活レベルが低いだけですかね。
<< 千葉の空 父の日とか 食べ物とか >>