海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
by 鉋 at 21:07
玉木彦助
by 菜月アイル at 21:06
by 鉋 at 21:10
岩澤健吉
by 荒堀謙次 at 21:10
by 鉋 at 13:03
爲井椋允
by 北脇里規 at 13:02
by 鉋 at 18:11
大武理菜 平塚由佳
by 大武理菜 長瀞渓谷 at 18:10
by 鉋 at 17:28
岩立良作
by 住谷春也 at 17:28
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

原発のウソ

月末に給料をもらうと
たいてい本屋に行きます。

マンガを買ったりもするけど
次男がマンガ好きなのでたいてい借りて読む。

もちろん普通の本も買います。
このあいだ買った本はこれ
原発のウソ_a0157159_212759.jpg
2011年6月1日発行で 5日に早くも2刷が出ています。
ベストセラーですね。

すぐ読みました。
本読みの人なら30分くらいで読んでしまうね。
でも
中身は重たい。

94ページにこうあります

「汚染されている事実」をごまかさずに明らかにさせたうえで、野菜でも魚でもちゃんと流通させるべきだということ。そして「子どもと妊婦にはできるだけ安全と分かっているものを食べさせよう。汚染されたものは、放射能に対して鈍感になっている大人や高齢者がたべよう」ということです。

どうでしょうか。
とんでもないこと言ってませんか。
でも
海岸屋はこの意見に原則賛成です。

国で規制されていないなら
汚染されているものでも 食べます。
その結果 内部被爆かなんかで癌になるならしょうがない。
確信犯ということです。

分かっててそうした ということで
外国の人や 後世の人には笑われるでしょうけど
その間抜けさ加減は この国の一人としてふさわしい振る舞いだと思います。

平成の時代の日本の国の大人は
こんなに馬鹿だった という見本ですね。


この本のなかで 海岸屋が一番感銘をうけた場所は
この94ページに続く部分ですが
これは できるだけ買って読んで欲しい部分です。
税別740円だから 誰でも出せる金額だよね。

by kaiganyafoo | 2011-06-05 22:44 | 読んだ本 | Comments(0)
<< 鋸研究 その2 鋸研究 >>