海岸屋ふー通信

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
by 鉋 at 13:03
爲井椋允
by 北脇里規 at 13:02
by 鉋 at 18:11
大武理菜 平塚由佳
by 大武理菜 長瀞渓谷 at 18:10
by 鉋 at 17:28
岩立良作
by 住谷春也 at 17:28
平塚由佳
by 鋸 at 15:24
by 後藤祐乗 at 15:22
by 鋸 at 20:55
上杉裕世 片山淳吉
by 成山裕治 津曲裕次 at 20:54
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

米松の刻み

みなさん お疲れ様です。
梅雨らしい天気が続きますけど
まだ6月に入ったばっかりなんだよね。

干してある杉もカビっぽくなってきたし
トタンでもかぶせないとなぁ・・

さて このあいだ久しぶりに刻み仕事をしました。
ベランダ っていうか 2階のウッドデッキっていうか。

材料は米松です。
米松の刻み_a0157159_22342141.jpg
大工さんが バリバリ刻んでますね。

海岸屋が刻んだのは 右側のちょっぴりの部分。
これです
米松の刻み_a0157159_22353397.jpg
見ればわかりますけど
全然簡単な仕口の刻みで 能率としては話にならない程度。

毎日道具を持っていたときにくらべると (もう10年もたつなぁ・・)
半日分にも満たない量です。
遅いなぁ。

途中で鑿が切れなくなってきて びっくり。

海岸屋の持っている鑿はツワモノ揃いで
一日刻み仕事をしたくらいでは 研がなかったんですけどね。

考えてみれば 米松の刻みをするのは
とても久しぶり。
杉 ヒノキに比べれば 米松は堅い。
材料としては 全然きらいじゃないけどね。

カスケード山脈から出てくるとか聞くけど
どんなところなんだか 想像もつきません。
たぶん 日本とは気候も違う土地なんだろうけど
格別の不満も感じないっていうのは
それだけ優秀な材料なんだろうか。

もう 大きな梁っていうと
米松に決まったようなもんですからね。
あとは 集成の梁か。

日本の林業では 松くい虫の被害があってから
国産の松の産地が東北に限られたようなかんじで
新たに植林もしてないとすれば
国産材の松の 梁にできるだけの大きなものっていうのは
だんだんと枯渇していくんでしょうか。

今 構想を練っている建物は
松の丸太梁の 曲がったものを使いたいんだけど
山までトラックで取りにいかなくちゃいけないのかもしれない。

まあ それはそれで面白いか。
まだ 話がどう転ぶかわからないから 内緒にしといてください。
内緒っすよ。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-06-02 23:01 | 工事 | Comments(2)
Commented by はじめまして at 2011-06-03 23:11 x
お疲れ様です。
海岸屋さんの
ツワモノ鑿に 興味津々です♪。
Commented by kaiganyafoo at 2011-06-04 23:07
えーと
このとき持っていた鑿は
タタキが 1寸4分と1寸2分の常弘 8分の元寿舟弘
半タタキが1寸6分の常弘と 8分の家紋清久でした。

ねぇ
道具はいいのに。
<< 長勝さんから鋸が届く ホームページを作ろう >>