海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
by 鉋 at 21:07
玉木彦助
by 菜月アイル at 21:06
by 鉋 at 21:10
岩澤健吉
by 荒堀謙次 at 21:10
by 鉋 at 13:03
爲井椋允
by 北脇里規 at 13:02
by 鉋 at 18:11
大武理菜 平塚由佳
by 大武理菜 長瀞渓谷 at 18:10
by 鉋 at 17:28
岩立良作
by 住谷春也 at 17:28
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

芝山仁王尊

ゴールデンウイークの中の平日
みなさん どうしてますか。
海岸屋はふつーに仕事です。

このあいだ 桜の時期に
芝山の仁王尊に行ってきてたので
その写真を。
芝山仁王尊_a0157159_2274561.jpg
まずこれ。
仁王門です。
あまりよそでは見たことのない形だと思います。
でっかい草鞋がぶらさがってますけど
その意味もよく判らない。 不勉強ですな。

芝山仁王尊_a0157159_22111447.jpg
仁王門をくぐるところ。
奥行きがあるでしょう?
そして ちらっと見えますけど 袖の部分には畳が敷いてあって
そこに仁王様がいらっしゃるんだね。

写真を撮ったらいけない気がしたので
仁王様の写真はなし。
ちなみに色は黒いよ。

芝山仁王尊_a0157159_22152532.jpg
仁王尊 とばばんと書いてある。
ここは本当の名前は観音経寺というんだけど
そんでご本尊は十一面観音なんだけど
誰もそんなふうには呼ばない。

だよなぁ
これだけでっかく書いてあるし
仁王様 立派だし。

芝山仁王尊_a0157159_22231656.jpg
はい 扇垂木です。 立派だね。
何のことだか判らない? じゃぁ それはまた後で説明しますね。

仁王門を抜けて石段を登るんですが
振り返るとこんなかんじ。
芝山仁王尊_a0157159_22414129.jpg
お参りを終えて お姉さんが帰っていきますね。
なんとはなしにいい風景。

さて 境内に入って これが本堂
芝山仁王尊_a0157159_2245652.jpg
まあね。
仁王門のほうがいいなあ と思った人は?
はい
海岸屋と同じです。

これが三重塔
芝山仁王尊_a0157159_22465988.jpg
そして 軒裏を見上げると・・・
芝山仁王尊_a0157159_2248571.jpg
二重目の垂木と三重目の垂木 様子がちがうでしょう?

三重目の垂木の形を扇垂木 といって
仕事としては格段に難しいものになります。

じゃぁ 二重目の垂木の形式は何て呼ぶのかって?
やなこと聞くなぁ・・  何だっけ?
真垂木だったかな?

初重の彫り物
芝山仁王尊_a0157159_22571884.jpg
勢いがあるなぁ。

ここのお寺には いい彫刻がもっといっぱいあるんだけど
まあ こんなところで。

おまけの写真は桜の写真。
芝山仁王尊_a0157159_2312063.jpg
望遠レンズを持っていたので背景をぼかしてかっこつけてみた。

別にかっこよくないって?
そんなことないとおもうけどな。 うん。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-05-02 23:05 | 建物いろいろ | Comments(0)
<< 木材の乾燥 またもシロアリ >>