海岸屋ふー通信

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
by 鉋 at 13:03
爲井椋允
by 北脇里規 at 13:02
by 鉋 at 18:11
大武理菜 平塚由佳
by 大武理菜 長瀞渓谷 at 18:10
by 鉋 at 17:28
岩立良作
by 住谷春也 at 17:28
平塚由佳
by 鋸 at 15:24
by 後藤祐乗 at 15:22
by 鋸 at 20:55
上杉裕世 片山淳吉
by 成山裕治 津曲裕次 at 20:54
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

鋸の目立てのはなし

海岸屋ふー というのは有限会社で
2月末が決算なので4月の申告になります。

宿題で出された 書類はやっと終わりました。
(税理士さんからやり直しを言われない限りはね)

で 作業場にいたら 先輩が来ました。
鋸の話です。

鋸の目立てのはなし_a0157159_21343764.jpg
なんだか判りますか?
先輩が自分で持ってきた鋸で ダンボールを挽いたものです。

普通の横挽き鋸なんですが
下が押しながら切ったもの
上が普通に切ったもの  です。

日本の鋸は 引いたときに切れる ということになっていて
たしかにそんな目立てになっていますが 先輩に言わせると違う。

柔らかいものを切るときは
引きながら切ると 切り口がばらつく   のだそうです。

もう一度ダンボールを見てください。
たしかに押しながら切った下側の方が 切り口がきれいです。

ですから 鴨居を取り付けるための 鋸使いのときなどは
年輪の硬い部分は普通に切って
柔らかい部分は押して切っていたのだそうです。

なぜ 先輩がその話を海岸屋の作業場までしにきたか というと
以前 長勝さんという 目立て屋さんの講習会が
京都のほんまもんの会 という集まりであって
そこで見た刃先の話をしたからです。

長勝さんの作る鋸の刃先は 普通と逆に向いています。
「カッターナイフで紙なりベニヤなりを切ろうとしたときに 
刃の向きはどっちを向いていますか?
必ず刃先を向こう側にして切っているはず。
刃先を手前にして引いて切れば カッターはぶれてしまう
鋸の理屈は それと同じなんです。」

そう 長勝さんの鋸で切れば
先輩も 普通に引き切りをして仕事ができるはず・・ だそうです。

どれを送ったらいいかな? と言って出してきた鋸はこれ
鋸の目立てのはなし_a0157159_21563453.jpg

鋸の目立てのはなし_a0157159_21571411.jpg

鋸の目立てのはなし_a0157159_2158312.jpg

鋸の目立てのはなし_a0157159_21583998.jpg

7寸の両刃 7寸の片刃 8寸の片刃 尺1の両刃
全部 水戸の中屋平治さんの鋸です。

わざわざ注文して作ってもらった鋸なんだから
それはそれで大事にして 別の鋸を送ってみましょう と言って
とりあえず 海岸屋の持っていた 貞五郎の8寸を送ることにしました。

先輩も年季の入った 貞五郎の9寸を持っていたから
比べるには好都合だし。

「長勝流の目研ぎをお願いします」 と書いて送ったから
どんなふうになって帰ってくるのか 楽しみです。

写真の平治さんの鋸は どうしたかって?
それは平治さんに「目立て」をしてください といって送りました。
こちらもこちらで 楽しみです。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-04-10 22:10 | 大工道具 | Comments(14)
Commented by momo at 2011-04-11 00:27 x
なかなか面白そうな実験ですね。
長勝さんの目研ぎは良いですよね(^_^)
Commented by kaiganyafoo at 2011-04-11 07:42
長い鋸の歴史のなかで
刃の向きを逆にしてみようと思った人はいなかったのですね。
それを考えると長勝さんの独創性はすごいです。

確かに鋸の挽きはじめというのは
鋸身がバタついたり 
墨の線に狙いが定まらなかったりしますよね。

みんな 縦挽きなのに 横挽きで挽きはじめたり
先輩みたいに押して切り始めたり
いろいろ工夫をしてはいるけど
鋸歯の改良までは考えない。

これを考えると大工道具もまだ改良や進歩の余地のあるものなんだと
思います。

さて 先日の金井の鉋ですが
ヤフーのオークションに一枚出品されていますね。
まだ¥2400でした。

それから外栄金物のホームページには
4枚の金井が販売されています。

千葉でしたら八日市場の旧道沿いの
加瀬という刃物屋さんにも 金井の古い鉋が置いてあります。
非売品ということなので なかなか売ってくれるとは思えませんが
そこは熱意しだいなのかもしれませんし。

まあ とっくにご存知かもしれませんが
それらが全部ダメでも 海岸屋の鉋をお貸しすることもできますし。
Commented by momo at 2011-04-11 22:42 x
情報ありがとうございますm(__)m
外栄金物さんのは知ってましたが、加瀬刃物さんは知りませんでした。
ヤフオク様子見て見ます。多分上がりますよね・・・
可能なら是非お借りしたいですm(__)m
Commented by kaiganyafoo at 2011-04-11 23:45
金井の鉋 手に入るといいですね。
先日台打ちを頼んだ かんなやさんは水曜日くらいに
受け取りに行きますから そのときに古いほうの金井の台打ちを頼んできます。
それが仕上がってきて しばらく削りつつ調子をみて
そしたら お貸しできると思います。

そのときは又。
Commented by momo at 2011-04-12 16:02 x
そのときはよろしくお願いしますm(__)m
僕も色々探して見ます。
Commented by momo at 2011-04-12 16:02 x
そのときはよろしくお願いしますm(__)m
僕も色々探して見ます。
Commented by momo at 2011-04-15 23:27 x
金井の鉋やはり駄目でした(>_<)
なかなか中古だと抵抗があり入札額をあげられません。
Commented by kaiganyafoo at 2011-04-16 06:08
なるほど!
中古だと抵抗があるのですね。

確かに中古の鉋を落札しても 
そのまま使えることはほとんどありません。

裏を直して
刃を研ぎなおし
台を交換して  とたくさんの修正をします。

海岸屋は それらの作業が嫌いではないんですが
あんまりすごいのは うんざりすることもあります。

世の中の大工さんは
なかなかに乱暴な使いっぷりをしていることが多いです。
Commented by momo at 2011-04-16 17:17 x
僕も古道具の再生は好きです。
いつも安く見つけて直して使ったりしてるのでなかなか高い金額になるとビビってしまいます!
Commented by kaiganyafoo at 2011-04-16 23:12
金井の鉋とめぐりあえるといいですね。

海岸屋の金井は
来週の月曜日にでも かんなやにもって行って
台に入れてもらうつもりです。
Commented by 長勝鋸 at 2011-04-26 20:53 x
おもしろそうな実験とのことですが
>「長勝流の目研ぎをお願いします」 と書いて>送ったから
私のもとにそのような内容の手紙のついた貞五郎の8寸の鋸が届いたことも、研いだこともありません。どこの長勝に送ったのでしょうか?
よろしければ、店(075-888-5351)へお電話ください。刃先の話もまちがって伝わっているようです。
Commented by kaiganyafoo at 2011-04-26 22:45
長勝さん
コメントありがとうございます。

実は 長勝さんが転居なさったのを知らずに
伊東へ鋸を送り 返送されてきていました。
迂闊なことで お恥ずかしい限りです。

刃先の話も誤解をしているのだとしたら
私の理解不足のせいです。 ご容赦下さい。
明日 連絡させていただいて あらためて送りたいと思いますので
どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by 長勝鋸 at 2011-04-26 22:59 x
海岸屋ふー様

今日は用事があって伊東に来ています
明日夜遅く京都に戻りますので
お手数ですが明後日以降にお電話いただけましたらと思います。
お電話お待ちしております
尚、私は「目研ぎ」と言わず「鋸研ぎ」と
表現しております。
Commented by kaiganyafoo at 2011-04-27 05:56
連絡の件 了解いたしました。

なるほど 「鋸研ぎ」を 「目研ぎ」として記憶してしまうのですから
あとの理解は推して知るべし といったところですね。

インターネット上の表現は 誤解を拡散させることもありうる と
自戒をこめて 反省をしているところです。
よろしくご指導くださいますように お願い致します。
<< 震災のボランティアに出発 もう一丁 桜 >>