海岸屋ふー通信

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
by 鉋 at 13:03
爲井椋允
by 北脇里規 at 13:02
by 鉋 at 18:11
大武理菜 平塚由佳
by 大武理菜 長瀞渓谷 at 18:10
by 鉋 at 17:28
岩立良作
by 住谷春也 at 17:28
平塚由佳
by 鋸 at 15:24
by 後藤祐乗 at 15:22
by 鋸 at 20:55
上杉裕世 片山淳吉
by 成山裕治 津曲裕次 at 20:54
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

古民家の屋根下地

古民家というのがどんな範囲なのかわからないけど
今 改修しているお宅は たぶん古民家。
基礎がないしね。
壁は土壁だし。

で 元々は茅葺だったということだけど
今は瓦屋根になっています。

あまり知られてないかもしれないけど
瓦屋根って 下地で雨水を止めているものなんです。
そう 瓦の裏側に雨水が入ることって
全然珍しくないことなんです。

で、屋根の下地って言うのは アスファルトルーフィングってやつ。
そう みなさんどこかで見たことがあるんじゃないかな。
あの 黒い紙 です。
基本はこれ。
今は いろんな高級品が出ていますがね。

で、昔の家の瓦下地ってなにかというと コレ。
古民家の屋根下地_a0157159_23323895.jpg
天井をはがして 屋根を下から見上げたところです。
はい 杉皮ですね。

垂木がタイコ挽きの平遣いで
軒先に見えるところだけ角モノに加工してある とか
まあ いろいろと見所はあるんですが
とりあえず 杉皮。

同じお宅で
なぜか瓦を降ろしてある納屋。
上から見ると こんなふう。
古民家の屋根下地_a0157159_23381726.jpg
杉皮だよね。
エコだなぁ・・

今じゃ 杉皮は高級品だけどなぁ・・
ちなみに屋根裏はこんなふうです。
古民家の屋根下地_a0157159_23414256.jpg

すごく広くていいんだけど
冬は寒いだろうなぁ。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-01-20 23:43 | 材料 | Comments(2)
Commented by でごっちゃん at 2011-01-21 13:34 x
瓦屋根の裏は、どうなっているのかわかりませんでしたよ。杉皮が必要だったのですね。俺は、素人だから瓦を取り付けるだけだと思っていました。
Commented by kaiganyafoo at 2011-01-21 23:05
そう 杉皮が必要だったんです。
昔はね。

今はアスファルトルーフィングですよ。
黒い紙。
<< 千葉っぽい 素人の漆喰塗り >>