海岸屋ふー通信

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
by 鉋 at 13:03
爲井椋允
by 北脇里規 at 13:02
by 鉋 at 18:11
大武理菜 平塚由佳
by 大武理菜 長瀞渓谷 at 18:10
by 鉋 at 17:28
岩立良作
by 住谷春也 at 17:28
平塚由佳
by 鋸 at 15:24
by 後藤祐乗 at 15:22
by 鋸 at 20:55
上杉裕世 片山淳吉
by 成山裕治 津曲裕次 at 20:54
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

薬師寺

奈良シリーズは3番までありますが
これは第二弾。

薬師寺の象徴はこれでしょうね。
薬師寺_a0157159_21284516.jpg
三重塔。
「凍れる音楽」というキャッチフレーズがありますが
日本を代表する塔のひとつで もっと言えば5本の指に入る塔です。

だけど もう 相当に傷んできていてます。
今年中に修理がはじまって 完成は約10年後らしいです。

だから 東塔のこの姿が見られるのは今だけで
10年後には リニューアルした姿になるはずです。

薬師寺の伽藍のなかで
本格的に古いのは この塔ひとつで あとは
金堂 西塔 廻廊 講堂 とみんな新築です。

これは金堂
薬師寺_a0157159_21345940.jpg
こんな言い方はどうかと自分でも思うんだけど かっこよくないと思う。
背が高すぎるかな。

金堂の背が高いのには理由があって
それは 内部にでっかいコンクリートの箱が入っているから。
そう 純粋な木造ではないんだね。

なんでコンクリートの箱が入っているかというと
中の薬師三尊像のためらしい。

ある人が言うには ここの薬師三尊像は
国宝のなかでもトップレベルのすばらしさで
世界のブロンズ像のなかでも3本の指に入るんだそうです。
で、
その超国宝が 万が一にも火災などの被害を受けないように
シャッター付きの要塞みたいなコンクリートの箱を作って
その中に薬師三尊像を入れて
外側は木造で飾る という方針をたてたらしい。

ふーむ
疑問だな。

疑問ついでにもう一つ 疑問を。
薬師寺_a0157159_21513014.jpg
これは古い方の東塔の垂木を撮ったところです。
隅木はぐっと そりあがっていますが 垂木はあくまでも垂直になっています。
わかるかな?
これは 隅木の反りにあわせて 垂木を加工するんです。
つまり 一回り大きな材料から垂木を削りだすんだ。
ひし形にね。
そうすると どの垂木も全部 垂直に見えるんだ。

さて 新しい金堂と西塔の垂木。
薬師寺_a0157159_21583474.jpg
ね?垂木は 屋根の反りにあわせて 曲がってるでしょう?
垂木の木口に取り付けてある金物が 全部同じ形。

目の前にあるお手本の東塔が ちゃんと垂木のクセを取っているのに
なんで西塔と金堂は その通りにしなかったのかな。

かなり疑問だな。
薬師寺_a0157159_2252776.jpg
これは一番新しい講堂。
これが新築されているときに 中に入らせてもらったことがあるけど
ものすごい金物が取り付けてあります。

やっぱり今は 金物補強が欠かせないんだろうか・・
その辺 けっこう疑問がありますね。

で タクシーの運転手さんが言うには
みんな写真を撮るときには 古い東塔をバックに撮りたがるんだそうです。
やっぱ そうだよね。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2010-11-05 22:15 | 建物いろいろ | Comments(4)
Commented by きゃおきゃお at 2010-11-10 23:56 x
そういう見方をしたことがないので
目からウロコです。
疑問の疑問…
見に行ってみたくなりました♪
Commented by 106 at 2010-11-11 15:52 x
昔、西塔を再建した宮大工の本を読みました
垂木についてどうだったかは覚えてませんが建築基準法が邪魔でやりたい事と出来る事に差があったそうです
お上とはかなりやり合ったみたいですが法には勝てませんでした
今後大きな地震があったら倒壊するのは西塔だと思ってます
Commented by kaiganyafoo at 2010-11-12 03:00
きゃおきゃおさん
薬師寺は何度も見ていますが 
今回は先輩の大工さんと一緒だったので
はじめて気づいたこともありました。

いつになっても
いくつになっても
わからないことばかりです。
Commented by kaiganyafoo at 2010-11-12 03:09
106さん
最後の宮大工といわれた 西岡常一さんですね。
金物を使う 使わない で学者と論争をしたり
鬼 とまでいわれていましたね。

長い年月を生き延びてきた
純粋な木造建築が目の前にあるのに
なぜ 新築だとそれが許されないのか
腑に落ちるような説明を聞いたことがありません。

おっしゃるように
時間 年月だけがそれを証明するのでしょうね。
<< シンプルなお一人様の老後のエコ... 南青山 >>