海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
by 鉋 at 21:07
玉木彦助
by 菜月アイル at 21:06
by 鉋 at 21:10
岩澤健吉
by 荒堀謙次 at 21:10
by 鉋 at 13:03
爲井椋允
by 北脇里規 at 13:02
by 鉋 at 18:11
大武理菜 平塚由佳
by 大武理菜 長瀞渓谷 at 18:10
by 鉋 at 17:28
岩立良作
by 住谷春也 at 17:28
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

建築家安藤忠雄

「建築家 安藤忠雄」
読みました。

初の自伝 だそうで
新潮社で¥1900で
本の厚みは35mmもあります。 厚いな。
建築家安藤忠雄_a0157159_2124046.jpg
安藤さん 顔 怖!
2008年10月に初版で
海岸屋が買った16刷が2009年9月。

一年足らずで16刷
売れてるんじゃん?

分厚い本だけど 一気に読める。
380ページくらいで 写真も多いから
字はそれほど多くないのかな?

そして 中身は圧巻。
安藤さん すごいです。
みんながアンドーアンドー言うわけだ。

志が高くて
見識があって
物事を成し遂げる粘り強さがある。
そしてたぶん愛もあるな。

でも一番感じたのは 明快であること。
単純とも言ってしまえるくらいに明快だ。

全然わかりにくくない。
小手先じみたところがない。
堂々としていてブレがない。

この人は信頼されるだろうな。

今まで作られてきたたくさんの作品が
みな安藤さんのスピリッツから出ている ということが
無理なく理解できます。

安藤さんは自分の仕事を「ゲリラの活動拠点」と言いますが、
その仕事は 建築家としての真摯さの故に
やはり王道といっていい重みを持っていると思います。

いい本でした。

by kaiganyafoo | 2010-10-10 21:55 | 読んだ本 | Comments(0)
<< 栗 目白聖公会 >>