海岸屋ふー通信

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
by 鉋 at 13:03
爲井椋允
by 北脇里規 at 13:02
by 鉋 at 18:11
大武理菜 平塚由佳
by 大武理菜 長瀞渓谷 at 18:10
by 鉋 at 17:28
岩立良作
by 住谷春也 at 17:28
平塚由佳
by 鋸 at 15:24
by 後藤祐乗 at 15:22
by 鋸 at 20:55
上杉裕世 片山淳吉
by 成山裕治 津曲裕次 at 20:54
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

飛騨の匠4

飛騨の匠も4回目だな
読む人もたいへんだぁ・・

さて 
はつり製材  
割り製材 ときて
今回は 
チョウナ と 
前挽き大鋸

チョウナとは これ
飛騨の匠4_a0157159_7361041.jpg

変な形ですよね?
柄はこんなふうに曲がっている
飛騨の匠4_a0157159_7373440.jpg

使い方は こんなふうに 鍬で土を耕すときのように
自分に向かって振る。
飛騨の匠4_a0157159_7395680.jpg

自分に向かって 振る?
刃物なのに?

そうです
昔の職人は これで怪我をする人がかなりいたとか・・。
野蛮だ。

写真を良く見ると 
周りで見ている人が みんな腕を組んでいますが
このポーズは 心理的に自分をガードしてるんだそうですよ。

みんな 多少 ビビッてるんだな。

実際けっこう怖いです。
海岸屋も はじめてチョウナを使ったときは
柄を握った指が 開かなくなりました。
半長靴の安全靴(先端に鉄の入ったやつ!)をはいてたのに・・。
まー どんだけビビってんだよ って話ですがね。

このチョウナという道具は 今や
化石 とまで言われていて
もう誰も使いません。

たぶん最初は 割った木材の表面が
あんまりバサバサだったんで 
小さい手斧で削ってたんだと思います。
飛騨の匠2に出ていた ハツリ と同じやりかたでね。

だから そのときのチョウナの柄は まっすぐで
柄の向きは 今とは90度違って 普通の手斧。
(これは妄想にもとづく 発言ですがね)

それを誰か 変わり者がいて 曲がった柄を向きを変えてすげたんだね。
それで チョウナの完成。
変なの。

そんで このチョウナのいいところは
見た目よりも すごく精度がだせること
それから 
見た目通りに 能率がいいこと。

鑿やかんなよりも 当然早く
電気鉋や 丸ノコよりも早いかもしれない。
まあ
精度は腕次第だけどね。

そして前挽き大鋸
(これは まえびきおが と読んで下さい おがくず のおがですよー)
飛騨の匠4_a0157159_8161743.jpg

でかい鋸ですよねぇ・・
大鋸ですから・・(あ、面白くなかったすか)

このでかさは無駄ではなくて
写真で見る 鋸の上の方は定規になってます。
つまり 挽いたあとを でかい鉄板がついていくから
曲がって挽けないようになっているんだね。
やってみて そう思いました。


さて ハツリ  マンリキ  チョウナ  大鋸  
いろんな道具が出てきましたけど
海岸屋は そのほとんどを持ってます。(笑)
次回は これら昔の道具の存在価値についてだ!

どうだ
どんどんつまらなくなるぞ。 びっくりだな。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2010-08-31 08:25 | Comments(3)
Commented by 初めまして at 2010-08-31 08:48 x
おはようございます!
楽しい記事です☆
毎日 コメントもせず 楽しくこっそり覗かせてもらってます☆
Commented by mobiliantichi at 2010-08-31 20:19
我が家を直してくれた東京の大工さんは、骨董市で古い大工道具を探している、と言ってました。たしかこんな名前だったような。「よき」とかいうのもあったような。
熊野の大工さんは若い頃には、山で木を切って、丸太を製材するのに、こんな道具実際に使っていたそうです。師匠に貰ったという道具の話をしてくれました。
Commented by kaiganyafoo at 2010-08-31 21:32
初めましてさん
いつもコメントありがとうございます。
道具の話をよろこんでくれる人っていうのは
少数派でしょうけど、コメントをいただくと
元気が出ます。

不定期にはなりますが
道具の話は続けていきます。
おつきあいください。

mobiliさん
お久しぶりです
そちらのブログは ほぼ毎日 拝見してます。
私も一時期 骨董市には 通いました。
今は もっぱらオークションですね。

本当は熊野の大工さんのように
師匠からゆずってもらうような
血の通った受け渡しが一番いいと思ってはいるのですが。

鋸も鉋も替え刃になってしまった昨今ですが
手道具を使う楽しみは 昔と少しも変わりません。

第一 見ためで 美しいですよね、 手道具は。
大工道具を 正月に床の間に飾りたい と言って
家族に非難されたことがあるんですが・・。
<< 飛騨の話 番外編 飛騨の匠3 >>