海岸屋ふー通信

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
by 鉋 at 13:03
爲井椋允
by 北脇里規 at 13:02
by 鉋 at 18:11
大武理菜 平塚由佳
by 大武理菜 長瀞渓谷 at 18:10
by 鉋 at 17:28
岩立良作
by 住谷春也 at 17:28
平塚由佳
by 鋸 at 15:24
by 後藤祐乗 at 15:22
by 鋸 at 20:55
上杉裕世 片山淳吉
by 成山裕治 津曲裕次 at 20:54
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ほうき

カテゴリーが大工道具なのに
タイトルが ほうき とはこれいかに

まぁ いいじゃんね。

今日の内容は100%広告だから 注意。

今日の仕事は木更津で 待ち合わせの時間に余裕があったので
ずいぶんと久しぶりに寄ってみました。
ほうき_a0157159_18111925.jpg

はじめて気づいたけど
店の名前は ほうきや なんだね
堂々たるもんだな。

場所は 駅でいうと 久留里線の上総清川駅のすぐ近く。
店の中
ほうき_a0157159_1813259.jpg


いまでは 自分のところでほうきを作っているのは
ここくらいなものだ と奥さんが言ってたけどそれだけじゃない。

ここのほうきは レベルが高いな。

ほうきのレベルはどこで見分けるかというと

使い手側からみれば
掃きやすくて
長持ちする。

作り手側からみれば
材料が良質で
作り手の技術が高い。

海岸屋はここのほうきを数年使っているけど
上記のどのポイントをとっても 問題なくクリアする。

値段は2000円を少し切るくらいのものから
20000円以上するものまである。
これなんか 高いほう
ほうき_a0157159_18194328.jpg

値段が高くても安くても
使っている材料は 千葉県産のものだけど
高いものはたくさん使う と言っていました。
だから コシも強いし 長持ちもするんだね。

しゅろぼうきなら これが普通品で
ほうき_a0157159_18204168.jpg

これが高級品
ほうき_a0157159_18211596.jpg

良く見るとわかるよね。
鬼毛 という太い毛だけを残して
あとはみんな梳き取ってしまう。

見た目もしゅっとしてるでしょう?

海岸屋は5000円くらいのものを
数年つかっているけど
使うことに快感を感じるくらいです。

ここの奥さんは 10年くらいは持つよ と言っていたので
あながち 高い買い物 とも言えないと思う。

まぁ そんなわけで おすすめ。

by kaiganyafoo | 2010-08-09 18:31 | 大工道具 | Comments(0)
<< 梅干を干す 茅葺の家 >>