海岸屋ふー通信

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
by 鉋 at 13:03
爲井椋允
by 北脇里規 at 13:02
by 鉋 at 18:11
大武理菜 平塚由佳
by 大武理菜 長瀞渓谷 at 18:10
by 鉋 at 17:28
岩立良作
by 住谷春也 at 17:28
平塚由佳
by 鋸 at 15:24
by 後藤祐乗 at 15:22
by 鋸 at 20:55
上杉裕世 片山淳吉
by 成山裕治 津曲裕次 at 20:54
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アレルギーの専門家

県立病院のアレルギー外来に行って
医者に診てもらいました。

といっても 問診だけ。
聴診器もあてないし
血圧も測らないし
なんの検査もしない。

でも得るものは多かったな。

海岸屋は子どものころからの喘息もちだから
医学の進歩 というか
治療技術の向上というのを見てきた。

アレルギーの分野でも
スタンダードが変わってきた部分があるようだ。

今回 海岸屋が診てもらった先生は
化学物質過敏症については 慎重 というか
懐疑的な見解を持っていたようだった。

たとえば 
化学物質に接したときの反応というのは一律で
仮に 青酸カリを飲めば その反応は決まっている。
とか
本当に怖いのは 化学物質じゃなくて
自然界にある物質です
とか いった風に。

本題は 薬物による反応だったから
その話はおまけみたいなもんだったけど
医者の考え方 というものを知るためには
いい機会だったな。

住む人の健康に貢献する とまではいかなくても
有害ではないこと に留意するのは大切だと思っているけど
建築屋が書いた いろんな本を読んでも
そこのところはいいかげんな事が多い。

俺はこうしてきた とか。
思い込みが過ぎるものとか。

海岸屋の親方も 断熱材に関しては
グラスウールはダメだけど スタイロフォームはいい
とか言ってたもんな。
たぶん 根拠はなかったと思う。

海岸屋は むしろ逆じゃないかな と思ってたけど
それだって 石油化学製品を自分が嫌い という
なかなかに薄弱な根拠しかなかったもんな。

お客さんが一生かかって払うような大金を預かるんだし
建築屋の責任の重さは大変なものがある。
自分の現場で使う材料を選ぶこと 一つとっても
まだまだ判らないことも多いんだし
勉強しなくちゃいけない と思わされた一日でした。

by kaiganyafoo | 2010-07-01 22:32 | シックハウス | Comments(0)
<< リフォーム工事の途中経過 化学物質過敏症・・・ >>