海岸屋ふー通信

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
by 鉋 at 13:03
爲井椋允
by 北脇里規 at 13:02
by 鉋 at 18:11
大武理菜 平塚由佳
by 大武理菜 長瀞渓谷 at 18:10
by 鉋 at 17:28
岩立良作
by 住谷春也 at 17:28
平塚由佳
by 鋸 at 15:24
by 後藤祐乗 at 15:22
by 鋸 at 20:55
上杉裕世 片山淳吉
by 成山裕治 津曲裕次 at 20:54
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

漆の話

漆の話をします。
と 言うのは漆の勉強をしに木曽へ行ってきたからで
なかなかためになりました。

漆の勉強で なぜに木曽へ?
と感じたアナタは漆通。

そう 輪島とかいろんな産地の名前が浮かぶよね。
でも こと建築関係 または 座卓などの大物に関しては
木曽が 一番の実績と経験を持っているんだそうです。

まずはここ
木曽平沢のかどや漆器店
漆の話_a0157159_045523.jpg

かっこいい店だよねぇ
木曽らしいし

この方が代表の荻村さん。
漆の話_a0157159_071589.jpg

壁に金ピカのコピーが貼ってあるのは
まちがいなく金閣寺の写真で
昭和60年からはじまった大修理はここから職人が行った。

現場の代人は京都の塗師だったけど
実働部隊はここの先代の社長を含め7人の職人で
二年半かけて1.4tの国産漆を塗った と聞くと
まぁ プロジェクトXの世界ですね。

このあとその職人さんの一人にも会いましたが
「天井に漆を塗るのはキツイですよー」
と言われ 足場なんかはどんな工夫を? と聞いた人に
「いやぁ ただのビール箱で 毎日上を向いて」
と返事してました。
そんなもんだよな。

金閣寺の他、日光の東照宮とか 千葉の成田山とか 長野の善光寺など
名だたる社寺の工事を手がけています。

工房も見せてもらったけどすごく広い。
漆の話_a0157159_0242212.jpg

これは山車の車輪で 見てわかるようにスプレー塗りです。
下地の処理をすれば ガラスにだって塗れる と言っていたけど
そんな現代風の工房でした。

そして次に行ったところは・・・
(おーい ひっぱるんじゃねー)

by kaiganyafoo | 2010-06-21 00:31 | Comments(0)
<< 夏至 そして漆の話第二弾 これも道具? 工具? >>