海岸屋ふー通信

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
by 鉋 at 13:03
爲井椋允
by 北脇里規 at 13:02
by 鉋 at 18:11
大武理菜 平塚由佳
by 大武理菜 長瀞渓谷 at 18:10
by 鉋 at 17:28
岩立良作
by 住谷春也 at 17:28
平塚由佳
by 鋸 at 15:24
by 後藤祐乗 at 15:22
by 鋸 at 20:55
上杉裕世 片山淳吉
by 成山裕治 津曲裕次 at 20:54
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

続 植木の畑から

雨 雨 雨・・・。
昨日は Tシャツ一枚で仕事ができたのに
今日は またジャンバー着て それでも寒い。

梅の実がみんな落ちちゃって
平年の2割しかとれないだろうって。
それが米なら飢饉だね。

電気工事店の外回りの仕事で
植木を見に 材料屋さんの畑に。

アラカシ
シラカシ
モミジ
エゴノキ・・・。
続 植木の畑から_a0157159_18115024.jpg

続 植木の畑から_a0157159_18121816.jpg

続 植木の畑から_a0157159_18124296.jpg

続 植木の畑から_a0157159_1813333.jpg

どこかの山の中で遊んでたわけじゃなく
仕事です。

今 あっちこっちで咲いてる花の名前が知りたくて
畑で聞いたら まんさく。
赤いのは (むらさきかな?)
常盤紅花まんさく。

今はこの木は はやり なんだそうな。
たしかに生垣なんかに使われているのも見かけます。

逆にベニカナメは人気がなくなってきたとか。
消毒が面倒くさいらしい。

海岸屋的には まんさくと言えば 「ねそ」
「ねそ」とはまんさくの方言で 合掌造りの屋根葺きの材料です。

屋根の材料を結びつけるのは縄とかではなくて
まんさくの枝をとって ぐりぐりとこねて やわらかくしたものを使います。
だから、屋根材として加工したものを ねそ というのかもしれない。

この、こねる作業も
なかなか難しいらしいです。
地元では ねそをねる(練る?)というらしいんですが
これができない人は一人前じゃないとか・・・。

でもなー こんな言い方をされる仕事って
けっこう高いハードルだったりするから・・。

米一俵かつぐ(60kgっす) とか
かべっ田一反おこす(300坪!) とか

海岸屋は今の人としては相当力持ちの方ですが
神社なんかに置いてある「力石」なんて
持ち上がりませんもんね。
年寄りに聞くと 「昔はみんなで集まって 持ち上げて遊んだ」 なんて
言いますけどねぇ・・・。

まぁ、今はセメント一袋が25kgの世代ですから
昔の人達にはかないません。

海岸屋が働きはじめた頃は一袋40kgで
重いよ とグチをいうと 
このあいだまで一袋50kgだったんだぞ と怒られたもんです
(おお 典型的な年寄り話だ。 そして自慢っぽい。)

そうそう、東京の鳶職さんなんかは
ジャンバー着て おはようございます なんて言うような奴には
仕事をさせなかったらしいです。  それって俺か。
やれやれ
おあとがよろしいようで・・。

by kaiganyafoo | 2010-04-22 18:53 | Comments(0)
<< 本田靖春 「誘拐」 床板の仕上げ >>