海岸屋ふー通信

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
by 鉋 at 13:03
爲井椋允
by 北脇里規 at 13:02
by 鉋 at 18:11
大武理菜 平塚由佳
by 大武理菜 長瀞渓谷 at 18:10
by 鉋 at 17:28
岩立良作
by 住谷春也 at 17:28
平塚由佳
by 鋸 at 15:24
by 後藤祐乗 at 15:22
by 鋸 at 20:55
上杉裕世 片山淳吉
by 成山裕治 津曲裕次 at 20:54
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ある材木屋さんの転職

このあいだ葉書が来て
見てみたら 転職のお知らせだった。

いつもお世話になっている材木屋さんの
専務といわれる人が辞める ということで
海岸屋は だいぶ考え込んでしまった。

その人は30年以上のキャリアを持つベテランだし
海岸屋とだって10年以上の付き合いになる。
知識も豊富、やる気もあって、人柄もいいからいつも頼りにしてたし、
自分が工務店稼業をするためには 欠かせないメンバーだった。

材木が売れないのが 一番の問題らしい。

住宅建築業界は低迷が続いている と言われているのかもしれないが
材木屋は 真冬の状態だろう。
従来 材木屋が 木材を供給していた 在来軸組み工法自体は
そんなに比率を減らしているとは思わないが、
その工法で住宅を建てている工務店が
材木屋から 木材を買わなくなっているのではないか。

一つは問屋や 製材屋から 直接買う方法で、
もうひとつには プレカットのルートが 材木屋を通らなくなっている問題がある。

では、 材木屋はもういらない職種なのか。
私はそうは思わない。
あと10年以内に 変わってくると思っている。

かつての左官屋がそうだった。
外壁はサイディングに変わり 内壁はビニールクロスに変わり
全く仕事のない時代が 長く続いた。
左官屋 冬の時代である。

ブロックを積み、タイルを貼り、
ときには基礎工事をしながら 左官業を続けていって
生き残った左官屋のなかで、 壁塗りが好きな者達が
珪藻土をきっかけとする 左官壁リバイバルの波に乗った。

ただ、そのあいだにも廃業する左官屋はたくさんいた。

かつての日本酒業界が 地酒ブームに沸きながら
その一方で地方の造り酒屋の転廃業が止まらなかったのに似ている。

ただ、違いがあるとすれば 材木屋にとっての 客とは
工務店や 大工であると言う点だろう。

大工にとっての手足ともいうべき大工道具を作る鍛冶屋が
あと数年で絶えてしまう現状を座視している 不見識は問題だが、
ずっと 手刻みで仕事を続けていくことに決めている工務店にとって
材木屋が転廃業することも 大問題 といって 騒がなくてはいけないはず。

去年 自動一面鉋 や 手押し鉋 といった
木工加工機を買ったときに
ほとんどの機械メーカーが廃業していることに気づかされたが
零細規模の工務店が 住宅建築をしてゆくための環境は
年々 悪化してゆく。

構造材 内装材 そのすべてを知って 対処してゆくのは
仕事の分量としては 相当なもので
大工が 仕事の合間を縫って 手当てするには
かなりやっかいなものがある。
さらに それぞれの乾燥の問題を含めれば
一工務店の負担できる範囲を越えて来る と思っている。

くだんの材木屋さんの顧客のなかでは
手刻み仕事を続けている会社が
すくなくとも3社ある。
それぞれ これからどう対処していくのか。

というより ここまでなんの対処もできなかった
工務店連中の 力不足の結果でしかないのか。

この冬の時代を材木屋はどうくぐりぬけてゆくのか
やがて必ずくる住宅業界のルネッサンスのために
どんな準備をしておかなくてはいけないのか。

海岸屋としても 差し迫った問題として
対処をしていかなくてはならない。

by kaiganyafoo | 2010-02-21 11:29 | 材料 | Comments(0)
<< うなぎのラーメン? 茅葺の家 >>