海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
公式サイト
最新の記事
東京直行便終了
at 2017-03-21 20:01
新年のごあいさつ
at 2017-01-05 13:59
サヨナラ数寄屋
at 2016-11-29 20:55
東京の現場の引き渡し
at 2016-11-02 19:32
海岸屋の広告 または藍染めの世界
at 2016-08-30 19:21
最新のコメント
ご、5年目? まじっす..
by kaiganyafoo at 22:25
4年目に突入しました。 ..
by 余計なお世話かも at 21:29
夏の暑いさかりに上棟参加..
by kaiganyafoo at 18:26
やっと正月が明けきりまし..
by 余計なお世話かも at 21:27
正直なところ、年期の入っ..
by kaiganyafoo at 11:26
お疲れ様です(作業も読書..
by まめたん at 22:32
おはようございます。 ..
by kaiganyafoo at 06:39
こんにちは。 久しぶり..
by 通り土間 at 17:50
いろんな職人がいなくなり..
by kaiganyafoo at 07:49
うーんどうでしょうかネ ..
by 余計なお世話かも at 18:59
お気に入りブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

千葉の森林組合が柱をくれます。

みなさん おつかれさまです。

海岸屋は毎日墨付け、刻み仕事をしております。
a0157159_1434678.jpg
いい材料が入りました。
狭い作業場が材料でいっぱいです。

若い衆も頑張っている。
a0157159_14473024.jpg
誰ですか、若い衆の方が頑張っているなどと言う人は。
a0157159_14504461.jpg
彼が作った腰掛蟻継ぎ。
プレカットの継手よりも少し堅めに作ってある。
継手を作るのは練習を含めてこれが三回目。





さて、それはさておき。
海岸屋ふー通信を長くお読みの皆さんはご存じですが
千葉の森林組合に声をかけていただいて協定を結んだ海岸屋ふー。

頑張っていますよ。 (森林組合がね)
a0157159_15082.jpg
こんなチラシが入ったらしいです。

らしいです。
ってのは海岸屋が新聞を取ってないから、ってのもありますが
そもそも外房地域には配られなかったからです。残念。

ですからここでこれを解説すると、

ちばの木 家づくりモニター募集 限定5棟
(構造用)柱材を無償で提供
でも
プランは決まっちゃってるからねー  とか
工務店も決まってるんだよー とか いろいろ。

まあ、 「千森の家」 で検索してみて下さい。 (あっ説明逃げた)
千葉の木で、 千葉の工務店が 千葉の人に家を建てるってことです。
(自分なりの理解だ)

興味のある方は検索してみて下さい。
(加盟工務店で一番小さい海岸屋なのにえらそうな態度のワタシの写真もあるなど。)

# by kaiganyafoo | 2016-04-09 20:10 | Comments(0)

海岸屋に弟子?新入社員?

みなさん おつかれさまです。



昨日は餃子ですが今日はヨーグルト。

コンビニとかでヨーグルトを買うとスプーンをつけてくれますね。
プラスチックのやつ。
あれね、タダでくれるんだから文句言っちゃいけないかもだけど
良くないよね。
あれで食べるとうまくない。
全然違う味。
だからいつも要りませんって断るんだけど
黙ってると入れてくれるんだな。
木のサジで食べるアイスはそう思わないんだけどなぁ(ひいきだな)





さて、有限会社 海岸屋ふー はなかなかに大きい会社なんですけど
ここへきて社員が増えました。
彼です。
a0157159_1934243.jpg

人物が小さい?
しょうがないよ、人じゃなくて建物を撮ったんだもの。

正確に言うと彼は今年になってすぐウチに来ていて
海岸屋の鬼のようなイビリにも耐えて(彼目線)三か月の試用期間が過ぎたんです。
そして4月から正社員になるわけです。 明日だけど。
(フライングかそうかでも4月1日ではまずいだろう。)

今の時代、本気で大工になりたい若者がどのくらいいるのかわかりませんが、
よく聞くのが 「向いてないと思います。」 といって辞めるパターン。

「どうして向いてないってわかるんだ!」← こころの声
「俺だって向いてるかどうかわかんないのに!」←バカの発言
「口先だけで生きて行った方がいいとか言われるし!」←愚痴

まあ、あれです
去年、組合の会議のとき、「どこかに大工になる若い衆いないかね?」 と
そこに来てた古い知り合いの大工さんに聞いたら
「ウチの息子はどう?」 と言われたのがきっかけです。
はい。
彼の父親は大工。
ちなみにお兄さんも大工。
お母さんは大工じゃない。(普通そうだろ)
a0157159_19454337.jpg
大先輩にナンキン縛りを教わるの図。
もうそろそろ覚えたかな・・
今度試験したろ。できなきゃセッキョーだふっふっふ。いやいやゲフンゲフン。

ウチはもちろん(超)民主的な会社ですから(汗)いじめもパワハラもないんですが
なにしろ自分の子どもよりも若い相手と仕事をするわけですからいろいろあります。
「意外と大変なんだねぇ」 と家で言ったら
「あんたの修行なんじゃないの? 神様がそうしたんだよ。」 
と かあちゃんに言われました。
そうなのかもしれないねぇ。

というわけで、弟子、海岸屋共に絶賛修行中です。
みなさん どうぞよろしくお引き回しくださいますように
隅から隅までず ず ずーいっとお願いいたします。


はー やれやれ。
こうやって先輩方から教わったことを後輩に手渡していかないと
大工のスペースなんてますます狭くなっていって、まるでヨーグルトについてくるスプーンみたいに要るんだかいらないんだかわけわかんないような・・・
あれ? オチが強引?
ま、修行中ということで。

ではまた。

# by kaiganyafoo | 2016-03-31 21:00 | 海岸屋ふーの流儀 | Comments(2)

手刻みだ! 相変わらずだ! でも久しぶり・・

みなさん おつかれさまです。


さて、餃子ですけどね、
ウマいまずいも大事かもしれませんが とりあえず、海岸屋はアレです、

「となりの餃子とくっつかないでいて欲しい」 
これです。
くっついているのを無理に剥がして食べても 
何かのお肉と破けたワンタン状のナニモノカ でしかない・・





さて、イロイロあるんですが 
今は刻み仕事をしております。
久しぶりです。

どのくらい久しぶりかというと
墨ツボどうしたっけ というくらい久しぶり。
ん?
墨ツボ知らないっすか?
これです。
a0157159_1841675.jpg

生産中止という話のカーペンター墨差しも写ってますね。(割れよ!)
そう、これは金属製ですが、本来の墨差しは竹。
これです。
a0157159_18445688.jpg
ホームセンターで買いました。(割れよ!)

で、今はね、
基礎屋さんに刻み仕事で一か月半くらいかかりますから と言ったら
おお!手で刻みますか! と驚かれた、そんな時代です。

ほとんどの工務店が今は足で刻んでるとか そんなわけはなくて
オートマチックに機械で刻む専門業者がいるということなんです。
でもね、
同じ人間が二人いないように、木材というものも同じものはない。
それをうまい具合に組み合わせて作っていく、というのは
プロの料理人とかだったら当たり前の話ですよね。
太い大根も細い大根も丸のままナベに入れて同じ時間煮ました・・なんてことはしない。
それは私たちも同じ。
材料の都合を聞かずに刻むなんてことはしない。

だけれども、今の時代のプロの皆さんは
より早く、より安く作ることを強いられているんだな。
素材の顔色なんて見てるヒマもないほどに急いで作らされている。
オートマチックに刻むんなら自然乾燥よりも高温乾燥
無垢の木よりも集成材が向いている。
工業製品の均一さはなによりもありがたいんだろうね。
カニとカニカマは別物なのにね。




まあ、 そんなわけで
料理人がおいしい料理を作るために手間ひまをかけるように
居心地のいい おいしい住まいをつくるために 今日も海岸屋は手仕事をするんでした。
a0157159_19513778.jpg
急いて作ったものは急いで壊される とも習ったしな。



やれやれ・・
餃子ではじまってカニカマで終わったわりには
海岸屋の話は食えない話だねぇ・・
説教臭くてもうしわけない。(老化のせいにさせてください。)
では。

# by kaiganyafoo | 2016-03-30 20:06 | 海岸屋ふーの流儀 | Comments(2)

ヒノキの浴槽の寿命

みなさん おつかれさまです。



唐突ですが、海岸屋は勤め人だったことがあります。

年下だった社長に、「ヒゲか坊主頭か どちらかをやめてほしい」 と言われて
それでは、と髪を伸ばしたんです。
フツーの七三分けに。

でもそれもだいぶうさんくさかったようで、同窓会のときに 
「東南アジアに女の子を売りとばしていそうだ」 とまで言われました。
やれやれ。



そのとき勤めていた会社が作った家のお客さんから電話がかかってきて
「ヒノキの風呂桶が限界です。」 と言われました。

えーと何年たったんだろう?
15年くらいかなぁ?

こんなかんじ。
a0157159_21523012.jpg
どうです?
イケてる?イケてない?

これ、はずしたらこんなかんじなんです。
a0157159_21573275.jpg
埋めてあるわけじゃなかったんですが、見えないところが傷んでますね。

一番傷んでいるところはここ。
a0157159_21594766.jpg
写真を撮ってるおバカさんの影が邪魔です。(はい私。)

これはもう無理ですね。
お湯が漏れる。

ここのお宅の旦那さんは立派な人で、自分で修理をしていた。
a0157159_2223441.jpg
銅板ですよ。
もしアナタが緑色のナニモノカだったら色あざやかなまま茹であがりますね。
(意味がわからない)

今でも仕事をしている風呂桶屋さんに聞いたら、昔ながらの風呂桶ならば修理ができるけど、この手の角風呂は部材の交換が難しくて、作り替えた方がいいそうです。
で、
お客さんは現代風の浴槽に入れ替える という判断をなさいました。
一件落着。


四角っぽい形で昔風の桶の浴槽もできる とその風呂桶屋さんが言ってたので
それをやってみたい気もしていたんですが今回は見送り。
直線部分は 「たが」 が利かない気がするんだけど大丈夫なのかなぁ・・
見送りって、次回が早く来ないと引退しそうだ、風呂桶屋さん。




浴室を平らな床に作って、そこにただ風呂桶を置いて
えいや!っとまたいで入る作りにしたらもう少し長持ちしたのかな?
海岸屋が子どものころはそんな風呂場だった。
鉄砲風呂って言うんですかね?
子どもにはまたぎにくいもんでしたね。



まあ ともあれ
日本式の家庭の風呂は まだまだ開発途上だというのが海岸屋の持論です。
ユニットバスに席巻されてますが、ポリバケツみたいな風呂場では癒されたくない。
腰から上をヒノキの縁甲板で張った海岸屋の自宅も20年を経てだいぶ傷んできてますけど、工夫をしましたから足元は一切腐ってないはず。

しゃがんで入るような小さい風呂桶がかっこよく据えてある風呂場 作りたいなぁ・・
(早桶みたいなどと言ってはいけない)
でもやっぱり足を伸ばしてゆっくりしたいのかなぁ・・



いろいろ言ってますがおまけの写真は
くだんの風呂桶屋さんが作った桶。
a0157159_22364791.jpg
いいですねぇ。
健康的だ。
作家じゃなくて職人が作った感がいっぱい。

ではまた。

# by kaiganyafoo | 2016-01-30 22:41 | 工事 | Comments(2)

そろそろ始まる刻みの仕事

みなさんおつかれさまです。

一時期ダイエットなるものをやってみたんですが
なんだか力が出なくなっちゃって、やっぱりご飯は食べなくちゃだべ! と
史上最重量更新中の海岸屋です。(晩飯は3杯だ)



さて、海岸屋の社是(!)であるところの 「手刻み仕事」 がそろそろはじまります。
「手刻み」 をご存じないという方のために申し上げますが、それは、
大工さんが作業場で加工をするんだぜぇー ということなんです。

ん?
それがどうしたの? という このあいだまでのウチのK女史を含む多数の方々。
今はね、そんなことしてる大工さんって絶滅危惧種らしいですぜ。
(在来工法の大工さん自体が絶滅危惧種か? ダメじゃん!)

でもね
社是だからね。
刻みますとも。
ええ、よろこんで。
(ホント、刻み仕事が一番好き)


まー それやこれやで まずは場所を確保します。
a0157159_21393916.jpg
はい。6mの単管パイプで下屋を出してます。

だーれーでーすーかー?
作業場は在来工法じゃないんだね などという心無いことを言う人は。

立派な作業場などという不届きなモノをもっておる工務店は儲けている工務店ですぞ。
うらやましい。
6mの単管パイプだって軽トラックで運んだもんね。(違反だ。)



それやこれやで今日から数日雨降り予報の千葉外房なんですが
雨があたらない下屋が(ほぼ)完成のおかげでルンルン気分です。
来週早々からヒノキの土台が入って来てもだいじょうぶ。



おまけの写真は海岸屋近影。(ん? おまけと言えない?)
a0157159_2224749.jpg
ごちゃごちゃ散らかして何をしているところかと言うと
次の現場の模型を作っているんですな。
これも面白い仕事になりそうです。
デブ化が進む海岸屋の姿は大目に見ていただいて、ではまた。

# by kaiganyafoo | 2016-01-29 22:21 | 海岸屋ふーの流儀 | Comments(2)