海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
余計なお世話かもさん ..
by kaiganyafoo at 09:19
新しく仲間になった 機械..
by 余計なお世話かも at 21:41
どんな自宅に住んでいるか..
by kaiganyafoo at 08:45
何故か 非公開コメントに..
by 余計なお世話かも at 21:07
確かにその方自体は友達で..
by kaiganyafoo at 08:53
余計なお世話かも さん ..
by kaiganyafoo at 01:34
通り土間さま 力強いお..
by kaiganyafoo at 01:17
ただいま帰ってまいりまし..
by 余計なお世話かも at 21:06
お疲れ様です。 通りす..
by 通り土間 at 19:42
刻み推しさま 本当に、..
by kaiganyafoo at 23:33
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

海岸屋、海の近くで上棟

みなさん おつかれさまです。


こんなにブログの更新をサボっていると(あ!失言)
その間、いろいろなことがおきてます。
上棟もしました。
a0157159_16280221.jpg
材料が紙で包まれていますね。
こういう状態を大工さんは 「化粧だ」 と言います。
壁の中に隠れてしまうことなく、出来上がっても見える状態だ 
ということですね。
「アラワシだ」ということです。
これを専門用語で 「真壁」 と言います。(偉そう)

ですからクレーンで吊るときもバンドで吊ってますでしょ?
傷がつかないように。
まあ
オペレーターさんが
「化粧仕事なんか全然ないから台付け捨てちゃいましたよー」 
と言ってましたから当日作ったんですけどね。

右側の柱は8寸あります。
頑張りましたね。(大工さんが)
この柱とか梁の大きさになると機械で仕上げられないので
手鉋で削らなくちゃいけなくて大変なんです。(大工さんが)
そう
相変わらず手刻みなんですね。
a0157159_16434545.jpg
「ワタシの図面通りに出来ておるかなぁ~」と
下から見上げているのに態度は上からのK女史。
(さらにその後ろからカメラを構える海岸屋)

真壁、ということになると 材料めっちゃ節だらけ というわけにもいかないし
梁や桁も、ここは4寸 ここは8寸とかバラバラでは恰好がつかない。
でかーい寸法でどかーんと通ってます。(子供か!)
そこが正直でいいんですけどね。
a0157159_16555288.jpg
登り梁もでかいな。
なんでこんなにでかいかと言うと、南側は軒が2m以上(7尺5寸)も出ていて
でも、海が近いから風が強くて吹き上げられることもありそうだから。
これならオズの魔法使いに出てくるような竜巻でもないかぎり大丈夫。

この現場はお施主さんに、 
木舞を掻いて土壁でやりませんか と誘ってみたんですが
あまり特殊なことをすると修理できなくなるかもしれないから 
と断られた経緯があります。
たしかに地元、千葉には土壁を塗る左官屋さんはほとんどいませんから
お施主さんの言うことは一理も二里半もあるんです。(はいすみません)
ただ、真壁で手刻み という仕事だってそろそろ特殊な仕事と呼ばれかねない・・っすね。
そもそも真壁が・・(以下20行省略)
そして山にある素材が・・(以下22行省略)
ですから手刻みの意味も時代と(以下・・・)



まあ、あれだ、手刻みはもうわかったからオマエはもっと小刻みにブログの更新をしろ!ということですな!(あいたたたた・・・)


おまけの写真はここの家の外壁材の写真だ!
a0157159_19033379.jpg
一回削って逆さに立てて雨に濡らして乾かす!
訳わかんなくても詳細は次回だ!
ホントか!オレ!
ではまた!!







# by kaiganyafoo | 2017-03-31 19:14 | 工事 | Comments(7)

東京直行便終了

みなさん おつかれさまです。


浦島太郎現象というものは本当にあるもので
はっと気づいたら二か月半も経ってました。
(ウソですごめんなさい)

去年から今年にかけて東京の現場を2棟やったんですが
やっぱ遠いです。
片道2時間。

ほぼほぼ終了のときの自由が丘の現場。
a0157159_11162374.jpg
かっこいいですよね。(自慢)
ま、目黒の自由が丘っすからね。(?)

目黒っていうところはいろいろと見どころはアレなんだけど
別にどこにも行かないまま現場は終了です。
毎日ニッカズボンだしね。

ここの現場の階段の手すりは 楕円型のヒノキ製で仕上げはヤリガンナというヤツでした。
長さは3m。
かけてます、ヤリガンナ。
a0157159_11263811.jpg
この前の現場も階段手すりはヤリガンナ仕上げだったんだけど、それは丸。
プロに頼んだものでした。
ヤリガンナ特有の凸凹のある肌がいいかんじで、ツルツルしすぎてなくてしっかり握れます。

楕円形にまで持って行くのが大変(らしい)
それももちろん手作業でやりましたよ?
彼が。
a0157159_11353437.jpg
K君ですな。
削ろう会全国大会で優勝を目指しているとかいないとかいるとか。
アツイなー

現場に取り付けたところ。
a0157159_11464355.jpg
鍛造のブラケットは メタル・ネコさんです。
相変わらずかっこいいっす。
あざーす。

あれ?
階段はどうなってるんだ? という声が聞こえる。
(3000人くらいは言ってるね。うん。)
もー しょうがないなぁ・・
a0157159_11514613.jpg
黒っぽいところは神代ケヤキ。
段鼻のスリップ止めはほんの少し踏板から盛り上がってます。
眼で見てもはっきりわかるし、足の裏でもわかる。
「これはいいねえ」 とおっしゃる方がいても 
某M大工さんの特許許可局なんで別料金が発生します。(ウソ)


そんなわけであちこち手間のかかってる遠くの現場が終わって
今年の現場は千葉県内に終始するようです。
やれやれ。

そんなこんなで もうちょっと小まめに更新をしますから と
ブログの神様にお参りをする海岸屋でありましたとさ。
ご利益があるといいなぁ・・・
・・・・・
神頼みの前に早く見積もりをまとめろ?
ごもっともです。


ではまた。




# by kaiganyafoo | 2017-03-21 20:01 | 工事 | Comments(4)

新年のごあいさつ

みなさん 明けましておめでとうございます。
a0157159_13174188.jpg
昨年中は皆々様たいへんお世話になりました。
東京の現場二棟というのはなかなかにハードでしたが
そこはそれ、優秀な職方さんに支えられて
びっくりするくらいいい現場になっています。
ま、
海岸屋は忙しくてでパソコンの前に座る時間もままならないんですがね。
(言い訳)(だって移動に4時間でっせ?)
医者から言われた血圧も(165だったかな?)
減量と運動で120くらいまで下げて体調もOK、
今年も怒涛の一年を迎えられるといいな と思ってます。
相棒、K女史もバリバリ元気だし。

まず、海岸屋の仕事はじめはヤリガンナ掛けから。
a0157159_13464139.jpg
これで階段の手すりを作ります。
うまくできたときだけブログにのせることでありましょう。
ええ
うまくいかなかったときはそっとしておいて下さい。

では皆さん
今年も一生懸命 建築のことだけ考えてがんばりますので
海岸屋ふーをよろしくお願いします。




# by kaiganyafoo | 2017-01-05 13:59 | 季節のはなし | Comments(0)

サヨナラ数寄屋

はい。
みなさん おつかれさまです。




このあいだわけあって車を買う話をしていて
カーナビとETC をつけて・・というつもりがATMと言ってしまいました。
自分の車にATM・・
便利というよりもなんだか恐ろしい。
そして横文字が弱いのは年寄り特有の症状では?





さてずーーっと前、(失礼)茶室の研究をした人が堀口先生以前にはいなかった と書きましたが
そもそも茶室という用語を定義づけた人がそれ以前にいます。
武田五一という人です。
はいこれ。
a0157159_20565830.jpg
武田五一はこれを東大の卒業論文として書いたらしく、それを師の伊東忠太に言われて雑誌に連載したとか。



藤森先生は お茶の源流には道教の影響がある とおっしゃってますが、
建築史家である藤森先生は利休以前にさかのぼって栄西よりもっと昔
陸羽のところまで行ったところで、不老長寿の願いを聞いてそうおっしゃったのでしょう。

ただ、「茶」 という大きな川にはたくさんの支流の水が流れ込んでおり
その中の一つの源流をたどることに意味はあっても
総体をつかむという作業はおそらく形而上的な作業にならざるを得ないはずだと思います。

磯崎さんは この本のあとがきの中で、興味深いことを言っています。

「茶室」 という言葉である一定の様式を規定すると
その中に入るものとこぼれ落ちるものとが出ます。  

でも
そういった モノのとらえ方 というものは明治以降のものだということですよね?
おそらく元亀天正のころの人々にはなじみのない方法論だろうと思いますし
すくなくとも茶室という名前(の分類)に関しては武田吾一以前にはなかった考え方ということになります。

以前、浜離宮の中に再生された 松の茶屋 を見学した際に
これは茶室ではありません と何度か念を押されたのを思い出します。
けど、だからといって松の茶屋で茶の湯をしないという禁忌があるわけでなし、
要は分類の話なんです。

茶屋は 茶もできる施設で
茶室は 茶をするための施設だという。
では、数寄屋は?囲いは?
どうでしょうか、これらを分類していくのは数寄的な姿勢でしょうか。
(ごめんね武田五一)

茶室、という概念を規定した武田博士以前からお茶の施設はあったわけで、
そんな建築のカテゴリー化をいったんはずして考えるほうが昔の人の考えに寄りそうかもしれず
では、昔の人が数寄屋に何を望んだのかと言えば それはアレではないですかね・・


数寄という言葉はお茶を介して建築と結びついて数寄屋となって
今はお茶をやらない人でも数寄屋に住んで不思議には思わない風潮ですが
吉田五十八の師匠、大工の岡田さんは、以前はそうではなかった と言ってます。
明治期にはお茶と数寄屋がもっと密接だったのでしょうか。
それ以前はどうだったのか。

利休なんだか誰なんだかわかりませんが、茶の湯と数寄を結びつけた人がいる。
そう、数寄という言葉と概念は当時、お茶の専売特許ではなかった。
先行事例があるんですな。
みなさん とっくにご存知ですがそれは・・・
歌の世界。和歌ですよ。
西行とかのアレです。
歌数寄。
ですから最初はお茶の数寄は茶数寄と呼ばれてたと聞きます。

じゃあ 数寄ってなんだよ と言われれば それは
「自然を観照する人の心」 だろうとワタクシは思うのであります。
そこが歌数寄と茶数寄に共通すると思う。
つまり、 その利休だか誰だかはきっと一番ゆるぎのないかっこよさの規範を求めて
「数寄」の概念の向こうにある「自然」に着目したんだと思う。

自然こそが、移り変わりつつも しかも変わらずに人々の心を照らしますね。
ここに基準を置く限り、人の世は変わってもうつろわない美の規範が得られるのかもしれません。

さあみなさん、茶室に自然木が多用され、壁が土であらわされている理由がわかりましたね?
(えらそう)

そのままの自然ではなく。
人のこころに響くように。
それは取捨され、洗練され、抽象化されます。

山の立ち木は選ばれて、
茶室に持ち込まれ、
見立てられ、
やがて中柱という概念だけが残るのです。
ね? 西行が「桜」と言ったときの抽象化と似てませんか?


んー
数寄屋の価値観の先行事例が和歌の世界だって そんなことみんな先刻ご承知かな?
でも、他ではあんまり見た事ないんだけど。
知ってた?
海岸屋はいろいろ本読んじゃったよ。

でもね、一応腑に落ちたからいいです。
現代の数寄屋はちょっと弱ってる。
木柄が細くなくっちゃいけない なんて偏ってると思うな。
思いおもいの数寄を楽しめばいいんじゃない?
大事なのは自然を手本にすることだけで
あとは個々の美意識の高さで見て行けばいいでしょ?
古民家の太い柱 梁だって数寄の精神はあるよ。
そんなのダメって、利休や、まして西行は言わなかったと思うな。
サヨナラ数寄屋。

ではまた。


# by kaiganyafoo | 2016-11-29 20:55 | 読んだ本 | Comments(2)

東京の現場の引き渡し


みなさん おつかれさまです。



海岸屋の現場の仕事をしてもらっている電気屋さんが
大洗でアンコウ鍋を食べてきたそうです。

その話をウチでしたら(ウチの)奥さまが有名(?)な句、
「鮟鱇(あんこう)の骨まで凍てて(いてて)ぶちきらる」をつぶやいたのですが
その句を聞いた次男が、
「アンコウさばいていた人がぶちきれちゃったんだね。やってらんねー!とか言って。」
「なんでふちきれるの?」
「たぶん大変なんだよ。おまけに指に骨も刺さるし。」
「そうなの?」
「骨までイテテ!って言ってるからね。」
・・・・我が家は平和です。





さて家庭は平和ですが現場は疾風怒濤のイキオイです。(当社比)
新築現場を東京に2棟平行してやってるなんて信じられません。
海岸屋がびっくりしてるあいだに優秀きわまりない職方さんが奮闘してくれて
なんと明日は引き渡しというおめでたさです。
みなさんありがとうございます。

外観はこんなかんじ。
a0157159_18585175.jpg
東京の現場へ往復すると合計4時間くらいは車に乗ってるし
ここんとこ毎日だから海岸屋はもうだいぶアレなんですけど
具合でも悪いんじゃないのっておっしゃる方も複数おいでになるので
すごく久しぶりの更新と相成ったわけでございます。
はい。
おかげさまで海岸屋は元気です。




それから海岸屋ふーの宣伝、現場の垂れ幕ですが
こんなかんじです。
a0157159_19192669.jpg
海岸屋という字のあとに続くFOOは、
ふーっと肩の力を抜いて を意味するように
「ふー」と言うときの口のかたちを表しています。
(そうですよね?細井さん)

まー お前は力を抜きすぎだという声がかからないうちに退散します。
けっこう自分では頑張っているつもりなんだけどなぁ・・
力は抜いても手は抜かないよ?

ではまた。


# by kaiganyafoo | 2016-11-02 19:32 | 工事 | Comments(2)