海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
どんな自宅に住んでいるか..
by kaiganyafoo at 08:45
何故か 非公開コメントに..
by 余計なお世話かも at 21:07
確かにその方自体は友達で..
by kaiganyafoo at 08:53
余計なお世話かも さん ..
by kaiganyafoo at 01:34
通り土間さま 力強いお..
by kaiganyafoo at 01:17
ただいま帰ってまいりまし..
by 余計なお世話かも at 21:06
お疲れ様です。 通りす..
by 通り土間 at 19:42
刻み推しさま 本当に、..
by kaiganyafoo at 23:33
素晴らしい
by 刻み推し at 20:36
スパナさま ありがとうご..
by kaiganyafoo at 00:43
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

大工道具の滅び

あんまり書いてて 嬉しい内容じゃないけど、
でも 大事なことだと思うので 書いておきます。

私が思うのには 遠くない将来 
大工道具は 滅びてしまいます。
とんでもない事言うようですが おそらく そうなります。

大工道具と一口に言っても それを作る職人さんは 分業化されていて、
鋸は鋸鍛冶 鉋は鉋鍛冶 鑿は鑿鍛冶 です。
少しの例外をのぞいて 兼業はしません。

それだけ 専門に特化した 高度な技能だということでしょう。

私は 多少 道具好きなところがあって
それぞれの鍛冶屋さんのところに お邪魔することがあるのですが
後継者をお持ちの方は いらっしゃいません。
そして みなさん 高齢です。

今は大工道具 というと
丸ノコや 充電式のインパクトドライバー コンプレッサーで動かす釘撃ち機などが主流で、
鉋は手鉋 鋸は手鋸 とわざわざ「手」とか 「手道具」 と言わないと
話が通じないほどになってしまいました。

つまり 「手道具」なしでも 家は建つのです。
わずかに使う手道具も メーカー製の替え刃のものばかりです。

これでは 本来の 大工道具は誰も使わないし、売れない ということになります。
大工道具を作る 鍛冶屋さんが いなくなるわけです。

ですが、こと材木を加工する道具としての大工道具は
世界に冠たるものだと思っていますし、
日本の文化の底に流れる 木造文化の土台だとも思っています。

これをみすみす滅びさせていいのか。

ホームセンターに売っているような 大工道具は
これからも 滅びずに 使われ続けるかもしれませんが、それは
今 ここで言っているような 大工道具とは また少し守備範囲が違うもので、
寿司に例えれば 回転寿司 のようなものです。

いい 悪いを言っているのではなくて
日本中の寿司屋という寿司屋が 
全部 回転寿司になってしまったら それはそれで悲しいだろう というようなことです。

学識経験者 というような方にうかがっても
大工道具が滅びるのは 既定の事だ とおっしゃいます。
私もそう思います。

ただし、これは想像になりますが、
50年 100年後の 子孫達に 
「1000年以上続いた日本の木造の文化は平成の時代に滅びた」 と
笑われることだろう とも思います。

つまり 今の時代の大人達は 意気地なしだ ということです。
それがいやなので せいぜい頑張って 大工道具を 買い、使い 伝えていこうと思っています。

悪あがき というやつですが やってみようと思っています。

# by kaiganyafoo | 2010-01-11 20:28 | 大工道具 | Comments(4)

新月伐採の木

去年の暮れ、31日に 棚を作りました。
棚 といっても こんなかんじ。
a0157159_2249559.jpg


棚 というより ベンチみたいです。
依頼主は 仕事の相棒で、建築のプラン作りのベテランですから、
言われるままの寸法で作りました。

あとで聞いたら 絶好調! と言っていましたから
たぶん、気に入ったんだろう と思います。

この材料は 茨城産の杉で、
一昨年の12月の新月に伐採されています。

そう。
新月伐採というやつです。
しかも寒中。
その後 3ヶ月 葉枯らし乾燥をして 製材をして
立てたままで一年 天然乾燥をさせました。

新月伐採の木は
燃えにくく
かびにくく
虫がつきにくく
割れず くるわない ということですが、
そんな魔法のようなことがあるんじゃろかい というのが本音。

いろいろと考えてみましたが
結局 わからないことは 実行するのみ ということで
やってみました。

丸太を製材して 皮をつけたまま 乾燥させていたので
皮の下から 白太にかけて カミキリムシが入っていました。
a0157159_2384477.jpg

まあ、普通ですよね。

あとはこの材料で
風呂のスノコを作ったり 
杭を作って 地中に打ち込んだり
いろいろとヒドイことをしてやろう と思ってます。

この棚はその第一弾。

でも まぁ だいたい見当はついてんだけどな。

# by kaiganyafoo | 2010-01-10 23:10 | 材料 | Comments(0)

上棟式

今日は上棟でした。

良い天気で 風もなく 最高。
朝はこんなかんじ。
寒そうで、エンジンかかってませんね。
土台はヒノキです。
a0157159_1857677.jpg


お祈りをして
a0157159_1858247.jpg


すぐにこんなかんじ。
空が青いなぁ。
a0157159_1859291.jpg


で、今日の作業はここまで。
a0157159_1903735.jpg


あまり大きな建物ではないので
できるだけ 高さを抑えて 設計しました。

電気工事屋さんの事務所ですから
すっきりとシンプルにまとめるつもりです。
画面右側で いばってさぼっているのは 私ですね
すみません。

# by kaiganyafoo | 2010-01-09 19:08 | 工事 | Comments(0)

明日は上棟

明日は上棟です。

上棟は好きです。

上棟した時の建物の姿も好きです。
一番 かっこいい気がしますね。

ただし、プレカットの上棟は別。
これはつまんないな。

プレカットっていうのは 変な日本語だけど、
構造材の加工を プレカット工場という 
かなり大掛かりな設備を持った工場で 済ませるやりかたです。

大工さんがせいぜい丸ノコや角ノミで加工してゆくやりかたと比べると
圧倒的に早いです。
普通の家だったら 1日~2日でできるでしょう。
そして 値段も安いです。
加工精度も悪くない。

だから、今では主流になっています。

でも、私はそれが大嫌い。
自分の仕事ではプレカットをやったことが一度もありません。

なぜ大嫌いなのか その理由はいくつかありますが、
全部語ると なかなか長くなります。
(最近 そんなのばっかりだ)
ひとつだけあげるとすれば
大工道具の問題があります。

世界に冠たる 日本の大工道具は
おそらく 遠くない将来に 滅びてしまうことでしょう。
残念ながら。

その原因の一つがプレカットです。

これについては また書きます。

# by kaiganyafoo | 2010-01-08 20:47 | 工事 | Comments(0)

七草

今日は 七草粥を食べました。
これだと すごい粗食みたいですけど、
実際にはこのほかに いろいろ食べてます。

a0157159_1192385.jpg

妻が、春の七草の 仏の座って 普通に知られてる仏の座とは
違う草なんだよ って教えてくれましたけど、 たぶん憶えられません。

花の名前も何度聞いても憶えられません。
材木の名前なら 一度で憶えるんですが・・。

例えばこれは ラオス松
a0157159_1315139.jpg

ほらね 大丈夫。

これは床板ですが、いい材料です。
針葉樹のなかでは かなり堅く、 洋風の生活(つまり椅子です)にも耐えます。
寸法安定性もよくて、(ここ大事) 隙間があいたり ふくらんだり ということも少ないです。

無垢の床板を使うときには こんなふうに 材料の特徴を知ることが大切で、
材木屋さんは よく乾燥した材料を探してくれることと、
その材料に関した情報を提供してくれることが必要です。

工務店は、その経験を蓄積することと、
時には 事前にその材料を購入して
乾燥のための時間をとったりもします。

大工さんは その材料の特徴にあわせて 加減をしながら 張っていきますが、
このなかのどれが欠けても うまくいきません。

つまり、施工側に 無垢の床板を張る資格がない ということになります。

かく言う私も いままで 何度も失敗をしてきました。
隙間があいたり、床がきしんだり
ときには 床全体が 大きくもりあがったこともあります。
その都度 手直しをさせてもらいながら、 学んでいきます。
お客さんには 申し訳ないことなんですが。

それでもなお、 無垢の床板やーめた とならないのは
それを補ってあまりある魅力が あるからだと思います。

その魅力とはなにか ということになると
長くなりますのでまた 次回にということで。 (ホントか?)

ついつい語ってしまいます。
すまんことです。

# by kaiganyafoo | 2010-01-08 02:14 | 食べ物 | Comments(2)