海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
公式サイト
最新の記事
嵐を呼ぶ上棟
at 2017-11-13 20:13
今どき手刻みで家を建てる理由..
at 2017-09-27 19:15
「は」号作戦 そろそろ終盤
at 2017-08-20 19:02
ちゃんとした納屋 別名ハ号作..
at 2017-07-31 18:40
夏の御宿
at 2017-07-22 19:07
最新のコメント
余計なお世話かもさん ..
by kaiganyafoo at 09:19
新しく仲間になった 機械..
by 余計なお世話かも at 21:41
どんな自宅に住んでいるか..
by kaiganyafoo at 08:45
何故か 非公開コメントに..
by 余計なお世話かも at 21:07
確かにその方自体は友達で..
by kaiganyafoo at 08:53
余計なお世話かも さん ..
by kaiganyafoo at 01:34
通り土間さま 力強いお..
by kaiganyafoo at 01:17
ただいま帰ってまいりまし..
by 余計なお世話かも at 21:06
お疲れ様です。 通りす..
by 通り土間 at 19:42
刻み推しさま 本当に、..
by kaiganyafoo at 23:33
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

土壁塗り

去年の暮れに、知り合いの大工さんの工事現場で、土壁塗りのワークショップがあったので行って来ました。
(あ・・・申し遅れましたが 海岸屋のあいぼーです。)
土壁の下地、小舞かきはもうすでに終わっていて
a0157159_8585344.jpg

塗る土も準備万端です。
a0157159_903626.jpg

土壁塗りをしたのは2回目なので、参加していたお施主さんに褒めていただいたりして・・・・
でもみんながんばったので、夕暮れ時にはすっかり塗り終わって
a0157159_9101998.jpg

めでたし、めでたし。

# by kaiganyafoo | 2010-01-19 09:11 | 工事 | Comments(0)

昼飯はラーメン

今日の仕事は君津でした。

私の住んでいる東金からだと 70km近くあります。
ちいさな仕事だったので 昼までに終わって
帰り道、茂原まできたところで遅い昼飯。

ま、途中には ご飯をたべるような店はほとんどなくて
ずーっといなか道ですから。

で、店の名前は「道」
「どう」 と読むそうです。

私は食べたのはこれ
a0157159_19535042.jpg


一緒にいた人が食べたのはこれ
a0157159_195444100.jpg

手が写ってますね。
こっちがどんな味かわかりませんが
私が食べたのは おいしかった。
だいぶ複雑な味でしたが、スープまでみんな完食。
でも、あとでのどが渇くようなこともなかったのは エライな。

明日はまた 現場に戻ります。
たぶん サッシが全部取り付けられるかな。

# by kaiganyafoo | 2010-01-18 20:00 | 食べ物 | Comments(0)

杉の野地板

ここのところ 毎日寒い日が続いていますが
現場は順調に進んでいます。

屋根工事は終わりました。

屋根の下地の板を野地板といいます。
これです。
a0157159_1953214.jpg


杉の板を張ってあるのが分るでしょうか。
厚みは12mm。

今はベニヤの野地板を張ることが多いのですが、
杉の方が長持ちすると思います。

平面剛性(強さといってもいいかな)はベニヤを張ったときのほうが上です。
でも、 耐久性をとるのか 強度をとるのか という二者択一ではありません。
屋根面にベニヤを張らないと 強度的に安心できないような 設計をしない ということでしょう。

私の住む地域にも 多くのツーバイフォー住宅がありますが
その中で 雨水の浸入や結露で 大きく腐朽してしまった建物もたくさんあります。
もちろん なんら問題のないツーバイフォー住宅や
腐ってしまった 在来工法の家もあることでしょう。

でも、今の技術で、日本の気候では
やはり 在来工法の住宅のほうが、耐久面も安全面(室内空気の質という意味で)でも上でしょう。

そう考えて 杉の野地板を張ります。
床も無垢を張りますけどね。

# by kaiganyafoo | 2010-01-17 20:08 | 材料 | Comments(0)

現場の芸術

今日はあたらしい現場です。

水道関係の工事。
今の現場の次の工事だけど、まず現場への進入路を確保するため、
水道メーターや排水枡を移動しました。

途中、水道管がすっぽぬけて
4mも水柱があがったりして
寒いなか みんなずぶぬれで復旧しました。

古い水道管だと こんなこともおこります。

いなかのお宅なので
庭に即席のテーブルを出して お茶の時間。
しばらくして そのテーブルを見てみると 
そこのお宅のお嬢ちゃんがこんな絵を。
a0157159_21325389.jpg


立派な創作だなぁと思って写真に撮って
今見て 考えたら、ちょうどこんなふうに 座って
みんなでお茶をしていたことに気がつきました。

うーん 
創作ではなくて 写実だったんですね。
すみません そのときは 気づきませんでした。

画伯の名前は ほのかちゃん といいます。

# by kaiganyafoo | 2010-01-15 21:38 | Comments(0)

鏡開き

去年は身内に不幸があったので
鏡餅はかざらなかったんですが、
作業場は別だと思ってかざりました。

a0157159_22143723.jpg


臼の上に据えてありますが、
これで去年の28日に搗きました。

7臼
約30kgのもち米。

搗き手は私一人だったんですが
意外と楽に搗けて 大丈夫じゃん? と思ったのもその日限り、
次の日は バテバテでした。

で、はっと気づいたら もう14日
鏡開きは過ぎているではありませんか!
なんてこった・・ 日ごろいかに家族任せになっているかを痛感しつつ
さっき大急ぎで 鏡開き・・・。

a0157159_22213928.jpg


もう、乾いていて 簡単に割れます。
重なっていたところには カビもちらほら。
まあ、お汁粉にして 食べちゃいますけど。

次回、この臼の出番は たぶん2月の末か3月のはじめ。
味噌を仕込むときに 使います。
それまで 作業場の隅で 出番待ち。

# by kaiganyafoo | 2010-01-14 22:30 | 食べ物 | Comments(0)