海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
公式サイト
最新の記事
神楽坂建築塾に学ぶ
at 2017-06-13 20:35
木材との付き合い
at 2017-04-22 07:38
海岸屋、海の近くで上棟
at 2017-03-31 19:14
東京直行便終了
at 2017-03-21 20:01
新年のごあいさつ
at 2017-01-05 13:59
最新のコメント
川越さま 山で木を伐っ..
by kaiganyafoo at 09:01
>kaiganyafoo..
by 川越 at 12:57
下駄の材料なんかもそうし..
by kaiganyafoo at 07:05
桐の産地に行くと材料を ..
by 余計なお世話かも at 22:31
川越さま 外壁の材料だ..
by kaiganyafoo at 20:16
外壁材というのは一度雨に..
by 川越 at 18:45
ご、5年目? まじっす..
by kaiganyafoo at 22:25
4年目に突入しました。 ..
by 余計なお世話かも at 21:29
夏の暑いさかりに上棟参加..
by kaiganyafoo at 18:26
やっと正月が明けきりまし..
by 余計なお世話かも at 21:27
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

サヨナラ数寄屋

はい。
みなさん おつかれさまです。




このあいだわけあって車を買う話をしていて
カーナビとETC をつけて・・というつもりがATMと言ってしまいました。
自分の車にATM・・
便利というよりもなんだか恐ろしい。
そして横文字が弱いのは年寄り特有の症状では?





さてずーーっと前、(失礼)茶室の研究をした人が堀口先生以前にはいなかった と書きましたが
そもそも茶室という用語を定義づけた人がそれ以前にいます。
武田五一という人です。
はいこれ。
a0157159_20565830.jpg
武田五一はこれを東大の卒業論文として書いたらしく、それを師の伊東忠太に言われて雑誌に連載したとか。



藤森先生は お茶の源流には道教の影響がある とおっしゃってますが、
建築史家である藤森先生は利休以前にさかのぼって栄西よりもっと昔
陸羽のところまで行ったところで、不老長寿の願いを聞いてそうおっしゃったのでしょう。

ただ、「茶」 という大きな川にはたくさんの支流の水が流れ込んでおり
その中の一つの源流をたどることに意味はあっても
総体をつかむという作業はおそらく形而上的な作業にならざるを得ないはずだと思います。

磯崎さんは この本のあとがきの中で、興味深いことを言っています。

「茶室」 という言葉である一定の様式を規定すると
その中に入るものとこぼれ落ちるものとが出ます。  

でも
そういった モノのとらえ方 というものは明治以降のものだということですよね?
おそらく元亀天正のころの人々にはなじみのない方法論だろうと思いますし
すくなくとも茶室という名前(の分類)に関しては武田吾一以前にはなかった考え方ということになります。

以前、浜離宮の中に再生された 松の茶屋 を見学した際に
これは茶室ではありません と何度か念を押されたのを思い出します。
けど、だからといって松の茶屋で茶の湯をしないという禁忌があるわけでなし、
要は分類の話なんです。

茶屋は 茶もできる施設で
茶室は 茶をするための施設だという。
では、数寄屋は?囲いは?
どうでしょうか、これらを分類していくのは数寄的な姿勢でしょうか。
(ごめんね武田五一)

茶室、という概念を規定した武田博士以前からお茶の施設はあったわけで、
そんな建築のカテゴリー化をいったんはずして考えるほうが昔の人の考えに寄りそうかもしれず
では、昔の人が数寄屋に何を望んだのかと言えば それはアレではないですかね・・


数寄という言葉はお茶を介して建築と結びついて数寄屋となって
今はお茶をやらない人でも数寄屋に住んで不思議には思わない風潮ですが
吉田五十八の師匠、大工の岡田さんは、以前はそうではなかった と言ってます。
明治期にはお茶と数寄屋がもっと密接だったのでしょうか。
それ以前はどうだったのか。

利休なんだか誰なんだかわかりませんが、茶の湯と数寄を結びつけた人がいる。
そう、数寄という言葉と概念は当時、お茶の専売特許ではなかった。
先行事例があるんですな。
みなさん とっくにご存知ですがそれは・・・
歌の世界。和歌ですよ。
西行とかのアレです。
歌数寄。
ですから最初はお茶の数寄は茶数寄と呼ばれてたと聞きます。

じゃあ 数寄ってなんだよ と言われれば それは
「自然を観照する人の心」 だろうとワタクシは思うのであります。
そこが歌数寄と茶数寄に共通すると思う。
つまり、 その利休だか誰だかはきっと一番ゆるぎのないかっこよさの規範を求めて
「数寄」の概念の向こうにある「自然」に着目したんだと思う。

自然こそが、移り変わりつつも しかも変わらずに人々の心を照らしますね。
ここに基準を置く限り、人の世は変わってもうつろわない美の規範が得られるのかもしれません。

さあみなさん、茶室に自然木が多用され、壁が土であらわされている理由がわかりましたね?
(えらそう)

そのままの自然ではなく。
人のこころに響くように。
それは取捨され、洗練され、抽象化されます。

山の立ち木は選ばれて、
茶室に持ち込まれ、
見立てられ、
やがて中柱という概念だけが残るのです。
ね? 西行が「桜」と言ったときの抽象化と似てませんか?


んー
数寄屋の価値観の先行事例が和歌の世界だって そんなことみんな先刻ご承知かな?
でも、他ではあんまり見た事ないんだけど。
知ってた?
海岸屋はいろいろ本読んじゃったよ。

でもね、一応腑に落ちたからいいです。
現代の数寄屋はちょっと弱ってる。
木柄が細くなくっちゃいけない なんて偏ってると思うな。
思いおもいの数寄を楽しめばいいんじゃない?
大事なのは自然を手本にすることだけで
あとは個々の美意識の高さで見て行けばいいでしょ?
古民家の太い柱 梁だって数寄の精神はあるよ。
そんなのダメって、利休や、まして西行は言わなかったと思うな。
サヨナラ数寄屋。

ではまた。


# by kaiganyafoo | 2016-11-29 20:55 | 読んだ本 | Comments(2)

東京の現場の引き渡し


みなさん おつかれさまです。



海岸屋の現場の仕事をしてもらっている電気屋さんが
大洗でアンコウ鍋を食べてきたそうです。

その話をウチでしたら(ウチの)奥さまが有名(?)な句、
「鮟鱇(あんこう)の骨まで凍てて(いてて)ぶちきらる」をつぶやいたのですが
その句を聞いた次男が、
「アンコウさばいていた人がぶちきれちゃったんだね。やってらんねー!とか言って。」
「なんでふちきれるの?」
「たぶん大変なんだよ。おまけに指に骨も刺さるし。」
「そうなの?」
「骨までイテテ!って言ってるからね。」
・・・・我が家は平和です。





さて家庭は平和ですが現場は疾風怒濤のイキオイです。(当社比)
新築現場を東京に2棟平行してやってるなんて信じられません。
海岸屋がびっくりしてるあいだに優秀きわまりない職方さんが奮闘してくれて
なんと明日は引き渡しというおめでたさです。
みなさんありがとうございます。

外観はこんなかんじ。
a0157159_18585175.jpg
東京の現場へ往復すると合計4時間くらいは車に乗ってるし
ここんとこ毎日だから海岸屋はもうだいぶアレなんですけど
具合でも悪いんじゃないのっておっしゃる方も複数おいでになるので
すごく久しぶりの更新と相成ったわけでございます。
はい。
おかげさまで海岸屋は元気です。




それから海岸屋ふーの宣伝、現場の垂れ幕ですが
こんなかんじです。
a0157159_19192669.jpg
海岸屋という字のあとに続くFOOは、
ふーっと肩の力を抜いて を意味するように
「ふー」と言うときの口のかたちを表しています。
(そうですよね?細井さん)

まー お前は力を抜きすぎだという声がかからないうちに退散します。
けっこう自分では頑張っているつもりなんだけどなぁ・・
力は抜いても手は抜かないよ?

ではまた。


# by kaiganyafoo | 2016-11-02 19:32 | 工事 | Comments(2)

海岸屋の広告 または藍染めの世界

みなさん おつかれさまです。




思うところあってここ2ヶ月で体重を6kg減らした海岸屋です。
胃袋って思ったよりも早く縮むんだな。



さて、
税理士に、
「広告宣伝費と接待交際費が全然支出されてない」
と言われる海岸屋の帳簿ですが、
なかなか仕事をいただくというのも難しいご時世ですし、
たまには広告というものをしてみようかしらと考えました。

と言うのも、今動いている現場が、ひとつは成城学園の近く、
もうひとつは目黒の自由が丘という高級住宅街にあることもあって
現場の足場に宣伝の垂れ幕でも揚げれば誰か引っかかる・・いやいやゲフンゲフン
お声掛けいただけるのではないかなー という、
・・これも現場にお連れしたお客様に言われた事なんですが・・
まあ そう言ったいきさつでここに行ってきました。
a0157159_08155401.jpg
今は良く見ますよね、建築現場の足場の垂れ幕。
海岸屋はアレがビニールでできているのが気に入らない。
そんなモノではこの高尚な(!?)
有限会社海岸屋ふーの思想が伝わらないではないですか。


はいこれ。
a0157159_08145760.jpg
あれれ?
海岸屋、火消しになっちゃった・・わけではありません。
工務店ですとも。
ただ、以前から半纏が欲しいなー とは思ってました。
中村好文さんが上棟に着る半纏もかっこよかったしな。
で、
これは綿絽だそうです。
読めます?
めんろ ですよ。

落語なんかを聞いていると 絽の羽織 なんてセリフが出てくる事がありますが
アレは今風に言えばシースルーの夏の羽織ですな。
透けてる。
普通は絽というと絹物なんですが、
半纏は職人のものですから綿でできた絽で綿絽。
夏半纏ですね。
はじめて見ました。

お江戸の職人さんは粋だねぇ。
そして、ここの染め屋さんも。

脱線。

で、
垂れ幕、頼んでみました。
どんなデザインになるのか待ってるところです。

店の奥に行くと・・
a0157159_08251875.jpg
染めてますそめてます。
餅米と石灰で練った糊で,染めないところを塗りつぶす とか
和紙に柿渋を塗って型屋さんが切り抜いた型紙にヘラで塗り付けるかします。

そのあと大豆を絞った呉汁につけて
さらにそのあと「藍つけ」だそうです。
ここ
a0157159_08305023.jpg
藍甕です。
建物を建て替える前は 街道に面して間口七間の町屋で、
店に入って右手の甕場には19本の甕が埋けてあったと言います。

中はこうなってる。
a0157159_08323062.jpg
なんかすごいよね。
ちょっと匂いがします。発酵してる的な匂い。
可燃性のガスが湧くこともあると言ってました。
表面のスカム(失礼?)はパリパリしています。
味は・・
いやいや舐めてないっす。 媒染液がクロムだったりするとまずいっすからね。


よく紺屋の白袴とか言いますが(え?言わない?)
(じゃあ 医者の不養生は?)
(紺屋はこうやって読むんですよ?)
(落語で紺屋高尾ってほら・・)(←よけいにわからない)(←うるさい)
・・・じつは海岸屋、紺屋をはじめて見ました。
これも日本の伝統的な職種ですよねえ。
気になる・・
気になるなぁ・・
どこまで気になるかって言うと・・・
a0157159_08461480.jpg
そこまで気にしなくていいよ って話だ。
とほほ・・・うまく落ちない! 藍染めだけに!


えーい おまけの写真だ!
a0157159_09011029.jpg
無理だ!
半纏の貫禄に負けてる・・・

ではまた。






# by kaiganyafoo | 2016-08-30 19:21 | 海岸屋ふーの流儀 | Comments(10)

オーダーキッチンは楽しい

みなさん おつかれさまです。



台風ですね。
台風・・・

22日、雨の中新築現場の足場のネットをたたんでいたら
軒先から落ちる雨水でなんだか滝行みたいになっちゃった海岸屋です。
経文をとなえる余裕はなかったな。
で、
もう一回来るんですってね、台風。
やれやれ。





さてみなさん
世にオーダーキッチンなるものがございますよね?
世界の大富豪の皆様がお好みのアレでございます。
a0157159_22311339.jpg
海岸屋に家を建てさせようとお考えになるくらいの方々は・・・
大富豪かどうかは別として・・・
キッチンの打ち合わせなどもお願いすることになってます。
写真は取っ手を選んでもらっているところ。

どんな取っ手でも選べます。
木で作るのも、鍛造の鉄でつくるのだってできます。

オーダーキッチンと言ってるくらいですからオーダーですよ。(なんだそれ)
幅とか高さからはじまって、引き出しの位置、大きさ,
天板の材質、シンクの位置、レンジ、オーブン、浄水器・・・・
もちろん本体も、ヒノキで作るのもブラックチェリーで作るのも何でも選べる。
杉だってOK。

ただ、そういった反りやすいような木で作るときには
中身の方で工夫をします。
a0157159_08430602.jpg
ね?
見えなくなるから分からないけど手間かかってるでしょ?


海岸屋が去年見たキッチンはこうじゃなかった。
オーダーって聞いてたのに作っている部分なんかなんにもなくて
ただ既製品を組み合わせているだけ。
がっかりしたっけなー
少しだけ腹もたった。(子どもだ)


海岸屋でキッチンの打ち合わせをするときには
ベニヤとか建材は考えません。
引き出しを抜いて、底の板を見てみたって全部ムクでできてます。
今のベニヤは良く出来てるのかもしれないけど、でもダメ。
a0157159_08483450.jpg
「ここはベニヤ使わないっすよね?」
「うん 使わない」
「ここは?」
「使わないよー」
・・・などとは言ってない、今さら。

第一、家全体がベニヤ使ってませんからね。
野地板だって床の下地だってムクだし。
・・・・
できればお客さんもベニヤを使った家具なんかつかわないで欲しいところです。
(横暴だな)
イケヤとかニトリとかだいたいダメ。(マジで)
島忠だって大塚だっておそらくダメ。(たぶんね)

じゃあ どうするんだよ! と腹立ったアナタ。
そう、腹立つんですよ。
いい家具って探してもないから。

そんなアナタに朗報です!
なんと海岸屋では家具のご注文も承るんですな。(そこか・・)
デザインは右側の(俊英)K女史
制作は左側(星精郎)T君

大富豪が使っている一点ものの豪華家具(?)に勝るとも劣らない逸品を
今ならお得なこのお値段で! 今すぐお電話を! → 0475-78-3031番!

まー
ふざけているわけではないんです。
ふざけてこんなキッチンは作れません。
誰しもが本物の価値に気づく日を夢見て・・・

お客さんと打ち合わせを終えて
KUSA喫茶さんにまわったあとに見た虹。
a0157159_08592846.jpg
希望の虹だぜ。
な?


ではまた。


# by kaiganyafoo | 2016-08-28 09:03 | 海岸屋ふーの流儀 | Comments(0)

今どき 手刻みで家を建てる意味

みなさん おつかれさまです。




この際はっきりしておきたいんですが、
「今年の夏は レベル低いです」
うーむ残念。

酷暑 って予想した方
どなたですか。(怒)
アテにするじゃないですか。
ま、
アテとつっかえ棒は向こうからはずれるって言いますからね。
つっかえ棒じゃなくてふんどしですか?
それがはずれるのは見たくないな。(拗ねている)





さてこれ。
a0157159_18283933.jpg
a0157159_1829613.jpg
今年1月からウチに来ていて、残念ながら5月で辞めたT君、
余計なお世話かも さんから借りて彼に預けてあった鑿です。

どうですか?
4か月足らずであれば研げていると思います。
と、いうかこれができていないと掃除しかやることがない。

彼はこの鑿で垂木のクチワキだけを毎日とっていました。
みんなが刻んでいるときにね。

「へえー 今どき大工さんが手で刻むんですか?」 と言われる今日このごろ。
(はい、ついこの間も言われました)

ウチのK女史は最近まで4割くらいは手刻み仕事が残ってると思ってたとか。
千葉を含む首都圏では9割以上がプレカット という印象です。

もちろんこのブログを読んでいただいている高貴な方々は
手刻み仕事を社是としている海岸屋のことを 「時代遅れだ!」
などとはおっしゃらないと思いますが、(ですよね?)
その意味というものをずーっと考え続けているのも事実です。

というのは、いろいろな工務店のブログなどを見ていても
木の癖を読んで組み合わせる とか
プレカットにはできない加工をしているとか
手刻みの優位性を述べている方々がいらっしゃいますが、
ナルホド! と膝を打つような話は見たことがない気がするからなのです。

なにしろ敵は (あ、本音がダダ漏れ)
施工費で少なくとも三分の一以下、工期に至っては十分の一以下という手ごわさで、
これでは大抵の人はプレカットを選ぶだろうことは私にもわかります。

3年ほど前だと思いますが、海岸屋がずっと通っている 神楽坂建築塾に来ていただいた講師の方が、「町場の工務店の生産効率はあまりにも悪くて 云々」 とさらっとおっしゃったときに、世の中の主流をなす人々の肉声にはじめて触れた気がしたものです。

生産効率。
そこから考えれば負けてます。 ウチら完敗。
でも、手造りの意味ってもっと他にもあると思ってます。

例えば弁当。
これはやっぱりお母さんとか奥さんが作ってくれたものが最高ですよね?
「あんたの好物詰めといたから頑張ってきな」 とか奥さんに言われた日にゃ・・
くー・・! (妄想中)
コンビニ弁当の100倍はいいね。

・・・まあ、親族関連は反則だとしても ほかにもスーツとか。
お金持ちとかお金持ちとか財界の偉い人なんかは既製品着ませんよね?
会ったことないから見当で言ってますけど。
靴だってそうじゃないですか?

寿司だって、3万円払う覚悟ですきやばし次郎に行って
機械で握った寿司がでてきたら100人中120人くらいは怒りますよね?
(海岸屋は二人分怒るからね)

ただ、気をつけなくちゃいけないのは
すきやばし次郎とか 財界の人が着るスーツとかを例えに出していて
お前の仕事はそれほどのものなのか というところです。

今のこのご時世に 手間ひまかけてもの造りをするからには
工業製品を上回るものを造らなくちゃいけないということ。
それができる人だけが手造りを標榜する資格がある と。
厳しく言えばそういうことだと思います。

だから、T君も毎日まいにち研ぎものばっかりしなくちゃいけなかったんです。
切れない道具では刻み仕事はさせられない。
よく辛抱したと思います。
やった人にしかわかりません。

さて まあ そんなわけで
海岸屋では現在、若い衆を絶賛募集中であります。

一年目は研ぎものを
二年目は刻み仕事を
三年目以降は本を読んでいただく  と言う方針は変わりません。

今日はそんな真面目なかんじで。
え?
手刻みの意味はどうしたって?
いやいや
思わず膝を打つような理由を述べたらみんなに迷惑がかかるでしょ?

ではまた。

# by kaiganyafoo | 2016-08-02 20:26 | 海岸屋ふーの流儀 | Comments(12)