海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
公式サイト
最新の記事
木材との付き合い
at 2017-04-22 07:38
海岸屋、海の近くで上棟
at 2017-03-31 19:14
東京直行便終了
at 2017-03-21 20:01
新年のごあいさつ
at 2017-01-05 13:59
サヨナラ数寄屋
at 2016-11-29 20:55
最新のコメント
川越さま 山で木を伐っ..
by kaiganyafoo at 09:01
>kaiganyafoo..
by 川越 at 12:57
下駄の材料なんかもそうし..
by kaiganyafoo at 07:05
桐の産地に行くと材料を ..
by 余計なお世話かも at 22:31
川越さま 外壁の材料だ..
by kaiganyafoo at 20:16
外壁材というのは一度雨に..
by 川越 at 18:45
ご、5年目? まじっす..
by kaiganyafoo at 22:25
4年目に突入しました。 ..
by 余計なお世話かも at 21:29
夏の暑いさかりに上棟参加..
by kaiganyafoo at 18:26
やっと正月が明けきりまし..
by 余計なお世話かも at 21:27
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2015年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧


ハツリ

みなさん こんばんは。

すっかり週イチ更新になってしまっている海岸屋ふー通信です。
(夜は寝ようね。パソコンいじってないで)




今日は日曜日だけど 楽しいお稽古の日。
稽古 
稽古・・なんの稽古だと思います?
あー
ハツリって題が書いてありますね。
そう ハツリです。

ハツリって何? と言う疑問をおもちになるような
高貴なお生まれの方は当ブログにおいでにならないと思いますが、 これです。
a0157159_18593349.jpg
足柄山の金太郎さんがかつぐようなマサカリを振って
丸太を四角に加工する。 これがハツリです。

はつっているのは海岸屋認定、千葉で一番のハツリスト サムライS野です。
(あっ呼び捨て!)
あいかわらずの振り、切れ、パワー、スタミナ・・・そして笑顔!!

そして前回は親子で来てくれた「よけいなお世話かも」さん。
(ハンドルネームってのかな・・T橋さん)今日はフル出場。
a0157159_1914814.jpg

ここんとこ宮大工さんなのでお金儲けちゃいけないそうです。(いつもは儲けてるのか?)

そして、今日はじめてハツリを振ったS瀬君  新人登場ですね。
a0157159_19153165.jpg
若いし、林業やってるし、 是非とも感染して欲しいです。
できれば重病人に。 (大鋸も持ってるらしいし)


現場で研ぐ。
a0157159_1922654.jpg

現場で墨出し
a0157159_19223766.jpg

ほぼ一日 はつってました。
もー 体がガクガクいいます。
でも
ガクガク言うくらいが好きな海岸屋ですから チョー楽しかった!
海岸屋の写真はありませんけども。
(そこの君! なくて結構とは何事!)

何度目かの稽古になるけど 少しずつ振れるようになってきた。(甘い自己採点)
そして つんぼ銘 の大工鉞は高性能でした。
すごい良かった。
ねー西〇さん?

これも おもしろかった。
a0157159_19295326.jpg
長勝さん目立ての窓鋸。




まあ
とは言うものの もう眠くなってきたので(子どもか!?)おまけの写真を。
a0157159_19375023.jpg
読了です。
やっぱ、道具の世界 職人の世界は、
下手な能書きよりも事実だけを述べておいたほうがいいよね 
と言うのが感想でした。

それは俺もか。(もうさぁ、奥歯抜いたし 大変なのよ。)

by kaiganyafoo | 2015-01-25 19:43 | 工事 | Comments(0)

実は酒好き海岸屋

みなさん こんばんは。

久しぶりに雨が降ったりなんかして
でもまあ 千葉はのんきな毎日です。

今年から環境整備を週に一回やりましょう という事を決めたので
全社員 総出で掃除と片づけです。(ええ大人数ですが・・何か?)



まー アレです。
環境整備というのはもともと自衛隊の用語ですな。
片づけ とは言わない。
なつかしいのう。(←元自衛官)

というわけで瓦を片づけました。
a0157159_22121264.jpg
おお なんてすっきり。
でも本当はまだまだこんなアリサマっす。
a0157159_22132593.jpg
ねー 仕事が遅いっすね。
掃除して割れたのをハネたりしてると 大きさが違うのが出てくる。
5分くらい違ったのが3種類くらい出てきますな。
9寸 9寸5分 1尺とね。
古い瓦は小さいって聞きますけどこれのことですかね?
巾の方はあまり違いません。
ええっと 平瓦大きい版 中くらい版 こっちは軒先・・
とかやってるとすすみませんなぁ・・



どうしてこんな古い瓦を手間かけて片づけるかというと 「使うから」 です。
元々は海岸屋の 「蔵移築事務所センターキッチン編」 ってもののために
一式貰い受けた・・わけなんです・・・が
いやぁ・・・ね?  (はい 頑張ります。 今年はアコギに稼いで!)

事務所建設用地!
a0157159_22242281.jpg
我が社の重鎮K女史が嬉々として掃き清めたんです。



ということで今年の海岸屋は片づけ好きで行くことでしょう。


・・・と 酒の話ですな。
これ。
a0157159_22294457.jpg
知ってますか?
ジェネヴァ。
オランダのジンです。   と言うよりもこれがイギリスに渡ってジンになった。
ジンを飲むならば、おおもとを知らなくちゃね ということで購入。
変わった味と香りでっせ。

飲んだんかって?
アナタ 、一番小さい135mlの缶ビールで二日酔いする海岸屋っすよ?
ジンなんか飲んじゃった日には・・もう


でもね、飲むだけが酒好きじゃないな。うん。
こうやってちらっと舐めたり瓶を眺めたり背景を調べたり というのだって
「立派な酒好きだぁ!」
いや むしろ味もかまわずにガブガブ飲むやつに酒好きを名乗ってもらいたくない!
そんなのは 酔っぱらうのが好きなんだ!

おお
我ながら無理がある。
シラフでヨタをとばすのはやめろ と言われないうちにやめとこ。
もちろんジェネヴァはみなさんご存じのところへ。


今日の表題は 「ああ 懐かしの環境整備」 とかにでもしておいてください。
ではまた。

by kaiganyafoo | 2015-01-18 22:45 | 材料 | Comments(2)

土蔵新築

みなさん おつかれさまです。



布団に入ると7秒で寝る男 海岸屋です。
最近湯たんぽを愛用するという老衰ぶりです。
a0157159_209172.jpg
いや これじゃない。
これ、湯たんぽ自体が老衰してますから。
好きだけど。


なんでこんな写真を撮ったのか と言えば 
鍬かスコップでも借りようと思って納屋の中を探したから。
はい
古民家の現場でね。

自分の道具を持って行けって話だ、 すいません。
でも あった。
a0157159_20151681.jpg
ナイス。チョーナイス。
お借りします。

馬鹿力を出してこじればこわれてしまうかもしれないけど、
ていねいに使えばとっても使いやすい。
今 調べたけど風呂鍬って言うんですか?これ。
たぶん 柄をすげる職人さんがもういない気がしますね。
棒屋っていうのかな・・

使うにも加減が必要だけど 今の人って加減が苦手ですからね。
(おまえこそ もとからいい加減だろう! というツッコミはなしね。)


えー
海岸屋 今日の仕事は左官仕事。
(おお 大工が半端なのに壁なんか塗ってんじゃねぇ って声が聞こえる)
a0157159_2033448.jpg
左官屋さんが来月いっぱい手があかないって言うから
そんなに待ってられないしね。


さて 電気屋さんの手元で電線埋設したり 壁塗ったり
人を騙す以外のことはなんでもやる というキャッチフレーズ通りの仕事を終えて・・・
帰り道。
a0157159_2037362.jpg
蔵です。

足場が掛かっている。
土蔵の修理か。  偉いなー ・・・・と 思ったでしょ?
海岸屋もそう思った。
けど
これ、話を聞いてびっくり 「新築」 なんざんすよ。
しょえー !

海岸屋もたいがいな蔵好きだと思うけど
地元でこんなことをしている人がいるなんて知りませんでした。
大工は誰? 左官屋はどこから? と興味津々。
最初は向かいの田んぼでトラクターに乗ってるおじさんに声をかけて
次に門から顔をのぞかせた奥さんにむりやり話を聞き出し
ついには大工さんとも長々と話をしてきました。 
厚かましいわね。
a0157159_20493412.jpg
ほーらほら 好きな人にはたまらん写真だぁ・・

これからたびたび通うだろうなぁ と思いつつ
昨日は夜なべをしたからもう眠い海岸屋はこここらでリタイアっす。
ええ
今夜は3秒で爆睡の予感だ。
ではまた。

by kaiganyafoo | 2015-01-14 20:55 | 建物いろいろ | Comments(4)

吉田五十八の余韻

みなさん こんばんは。
サルエルパンツをはいている男を見ると後ろから突き飛ばしてみたくなる海岸屋です。


いや、良かったよかった。
早く歯医者に行きたいな と思うようなコンディションはどうかと思うものの、
やっと行けてよかったのと、
担当してもらっていた監物先生がまだ勤めててよかった。


大抵のことについて海岸屋はとても謙虚な人柄なんですが
歯医者とアレとアレだけは話が別。

とんでもなく痛い思いをさせてくれたり
オカマみたいな口調だったり
大事な友達のイランのA君に 国へ帰れと口走ったり・・・と
仲良くできそうな歯医者に巡り合うのは至難の事だったんです。
容赦なくガリガリやられましたけど、まあ良かった。
心置きなく五島うどんを食べられる日も近いことでありましょう。





さて 最近前フリが長いなぁ と思ってはいるんですが
吉田五十八。
a0157159_2110251.jpg
ここは山口蓬春記念館。ガラスにブラストされた名前。
良く見えないよね すまんね。
a0157159_21131433.jpg
場所は葉山 とある部屋からは海が見えます。
葉山の海がなんだかカッコイイ気がするのは千葉者のひがみか。
吉田流
a0157159_2126651.jpg
写真がまずくてよくわからないだろうけど、
1、角に柱がない
2、建具が極端に大きい細い部材が少ない
3、鴨居もない
a0157159_21283090.jpg
ね?

これを今見ていいとか悪いとか言うこともできるけど
もし誰もやってなくて自分がいちばん最初にやったとしたらだいぶ得意になるだろうな。
海岸屋なんか天狗まちがいなし だな。

こんな建具もある
a0157159_21342231.jpg

a0157159_21344448.jpg
数寄屋とモダニズムとを掛け合わせるとこんなにほっそくなるんですかね?

昔からある和式の寸法って強度面からの検証もされているものだから
こんなふうにそこから大きく外れると まー大概何かが起きますな。
「壊れるよ!」 とか
「もたないよ!」とか
「落ち着かないよ!」とかその他いろいろ。

ですからこれは施工者がすごく苦労しています。
ほとんど無理難題。(だと思うな)

ある大工は吉田を鑿で突き殺してやろうと思った というし
いろいろ言われて気鬱になって大工をやめてブラジルに渡ったのもいる。
はー
地球の反対側だねぇ・・

つまり ただ単にシンプルにしました なんてぇもんじゃないよ ってことっすね。

海岸屋はモダニズムには詳しくないんだけど
機能性とか合理的とか そんな言葉と馴染むんじゃないかと思ってる。
一方数寄屋は全然違って、 
木じゃもたないだろう? っていうくらいの軽業的な見せ方をするために
裏から鉄で補強したりまー 言ってしまえばだましてる部分ってある。

だから、モダニズムのあるものがシンプルに見えるからって
シンプルに見せてる数寄屋と共通だなんてーことにはならない。・・はずだけど
我が吉田先生はあんまり気にしてないご様子です。
お金、かけてるしね。

建具ばっかりでもなんだから他も。
a0157159_2158764.jpg
鴨居見せてないね床柱細いね地窓枠ないね天袋でっかいね物入れたら下がるかね・・
a0157159_2212395.jpg
障子はあるけど枠はない・・
a0157159_222277.jpg
簡素な引手。

こうやって見てると 「これ、いいなぁ。」 と感じるもののオリジナルを見る思い。
いつしか吉田好みに染まっているのか。付け焼刃なのに。 いや、だからこそか?


木造です って言うと素人の方は 宮大工ってすごいんでしょう? とおっしゃるし
玄人の方は 数寄屋大工の技術は別物? とおっしゃる。
そうか?
家大工って下?
などとみさかいのないケンカを売るような発言をしておいて
今日のところは急におしまい。

歯医者に行ったからはなしにならない・・・
(あっ!ひどい。 せっかく読んでくれたのにごめんなさい)
では。

by kaiganyafoo | 2015-01-10 22:13 | 建物いろいろ | Comments(0)

網代にちょっとさわった

みなさん おつかれさまです。


昼飯にコンビニの焼うどんなんてぇモノを食ってる海岸屋です。
ええ
歯が痛いんです。
噛まなくても食えるリストを作ろうかしら・・とほほ。




さてうどんはうどんでもこれはちょっと違ううどん。
a0157159_21492580.jpg
五島うどんです。
昨日届きました。
はじめて見ました。 いろいろ興味深いうどんですね。 ありがとうW君。

W君は飛騨のA師匠のところでハツリを教わりに行って会いました。
(もう、誰だかまるわかりですがね・・A師匠)

海岸屋は千葉から飛騨までだから けっこう遠いべー と思ってたんですが
W君はなんと長崎から・・

この時点で脱帽なんですが、そして他にもいろいろとすごかったんですが
でも、そのとき一度会ったきりです。
でななぜ今アナタお年賀か。 (中国の通訳の人ふう)
それナント聞いて驚け。  (同上)

「海岸屋のブログを読んでいつも助けられているから そのお礼。」

だ そうです。

びっくり。

もう一回言いましょうか? いい?

今日さっそく現場で先輩に言ったら笑いながら、
「遠くにいるとありがたいかんじがするのかなー 近くに行かない方がいいね。」
とか言う始末。失礼だな。あたってる気がするけど。

W君何かお返しを考えているんだけどどうしようかな?
道具とか砥石じゃヒネリがないよね。(ヒネルな!)
ええ W君は大工なんです。

W君は これから混迷をきわめていくであろう大工の世界のなかで
本来あるべき姿の大工というものを体現していってくれるだろうと思っているんです
・・・っていやいやうどんを貰ったからって・・いや うどんは好きだけど・・
え?
長いすか前フリ
そうすか。はい。
でももう一度 ありがとうW君。 はげみになります。





では網代。
a0157159_22152318.jpg
これはなんて言うんだろう?
子持ち網代? 親子網代?
よくわかりません、 が、網代です。

木更津の現場の床の間の天井は網代かな って思ってたんですが
まー 結局杉の一枚板技あり編ってのになったんですが、
俊英T君が 「網代、教わりたいっす」 と言ってたんですよね。
さすがダテに俊英名乗ってないよね。

はい
これ。
a0157159_2220167.jpg
これがなんだかわかる人。
いませんかぁ? いませんね。
見たことある人・・いるわけがない。
教わりにいったところのオリジナルですからね。

そうです。
網代の材料を作るために考案された鉋 なんです。
名付けて  「チョー厚削り鉋」 
(すいません名前はホラです本気にしちゃいけません)

背景に写ってますね くるっと丸まった極厚の鉋屑が。
引いてもそんなに重くないし すごい性能です。

そして網代をとりいれた作品の数々。
a0157159_2227342.jpg



こういう人達を見てるとなんとも言えない気分がします。
物作りの奥深さというか 専念することの尊さというか。
この 網代の顛末を形にするためだけにでも仕事を作っちゃおうかしらとか思います。
今回 ほんの少しさわっただけなんですが
誰かいませんかね?
建具に網代を組みこむとかさ、なんかそんなやつ(幼稚園生並みの語彙)

今、網代を取り入れるって言っても全部既製品の建材だから
その場所にあわせてぴったりの寸法に収める みたいな
手作りならではの仕事ってなくなっているんだと思います。
ね?
やってみたいよね?
そこのお金持ちのアナタ。
海岸屋はいつでも請けますぜ。(他人のふんどし作戦)





今日は食べ物づいてるからおまけの写真もソレ系
a0157159_2246178.jpg

メニュー一覧大迫力。
「おしたし」 と書いてあるのが江戸っ子だねぇ・・
東久留米なんだけどさ。

はい
ではまた。

by kaiganyafoo | 2015-01-08 22:53 | 材料 | Comments(6)

仕事を越えたもの  その1

みなさん おつかれさまです。


昨日に引き続き鉋掛け。
杉です。
でっかい節とか白太まじりの。

いろいろ考えたんですが、やっぱりさっと掛けた方が肌がいい。
ただ、そうすると逆目を起こす危険が増すので、裏座の調子とか刃先を丸く研ぐとか
なんやかんや合わせ技が必要っすね。

(解説: 逆目というのは木目の流れと逆方向のこと。 こっち向きに鉋を掛けるとバリバリッてなることが多い。 元気よく掛けるとなおダメ。 ゆーっくりがいいっすね。)

で、
さっと掛けると肌がいい理由ですが、 
杉ってのはお互いにくっついている力が弱いのかな?
だからゆっくり鉋掛けをすると 切れるより先にはがれちゃう・・のかな?
はがれ気味というか 多少の裂け というか・・
逆目とはまた違った、ごく小さなものだけど。

ちなみに使った鉋は梁山泊
田中昭吾の炭素鋼。(たぶんね)
これを7寸5分の勾配で仕込んであります。
杉用なんだね。




・・・・・
・・・・・
いかんいかん
鉋の話は本題ではないのでただの前フリ

(長いぞー  つまんないぞー)
っすよね。



本題はこれ。
a0157159_19573088.jpg
はい
縄っす。
でもただの縄ではないので。
これは 「ワラビ縄」 というシロモノです。

海岸屋ははじめて見ました。

どこで見たんだ? と聞かれても死んでも言えないんですが
ここです。  (はい死んだー)
a0157159_204192.jpg
ここの蔵を修理したときに出てきたものなんです。
貴重品。
a0157159_207937.jpg
なんで貴重品かというと、隣に並べてある藁縄が弱ってしまっているのに比べて
ワラビ縄はまだまだ丈夫で、
鈴木〇〇へー君くらいのパワーじゃないと引きちぎれません。
ね? こう〇ー君?
(貴重なワラビ縄 おもいっきり引きちぎったよねー)


さて この ワラビ縄。
どうやって作るのか。
おそらく、 ワラビの根っこを掘ってきて 水に漬けた状態かなんかで叩く。
そうすると根っこから白い液体が染み出てきますな。
なんでしょう?

「はーい ワラビ粉だと思います」

正解!!

そして本来はその根っこ、捨ててもいいんだろうけど
根が(人間の方の根)貧乏性だもんで縄に編んだ、 というわけですね。
つまり副産物、ですか。
ですからこの蔵を作った時代には安価で使えた。
さて・・
さてこれ。
a0157159_20171774.jpg
ああ お腹が漉いた。
歯が痛くても腹は減る・・・
じゃなくて
これがワラビ餅ってやつです。
このあいだ食べた。

ん?
アナタもお食べになった?
そう?
でもね、裏側を見るとこうです。
a0157159_20271595.jpg
おお!
わらび粉だよ?

こうやってわらび粉が使われているってことは
ワラビの根っこも使われているってことだよね?
だったらワラビ縄を復活させることもできるかもしれない。

ん?
何に使うのかって?
もちろん 左官仕事に使うんですよ。
・・・
・・・
んー
今 引いたね? 皆さん。

どんだけだよ! とか聞こえましたよ。(ソラミミっす)
丈夫なだけならもっと別のものがあるよね とか。

でもね、 「仕事を越えたもの」 なんです。
今日のお題はね。

少なくとも この縄を本気で欲しいと思ってる人を海岸屋は一人知ってる。
その人の仕事は 「仕事を越えたもの」 なんです。
海岸屋に言わせればね。
それを ばかばかしいと言ってしまうんであれば
芸術だって宗教だってみんなばかばかしい。
海岸屋が杉の鉋掛けを研究(おお 言い過ぎ)するのだってばかばかしい。
誰ですか それはホントのバカとか言ってる人は。

お題には その1 とも書いてある。
ねぇ・・  はたしてその2があるのかどうか
今日も家に帰ってヘッセを読まなくちゃいけないんでこの辺で。

おまけの写真は海岸屋の名刺
a0157159_20512954.jpg
手漉きの和紙でできてるんですが、和紙の世界もなかなか・・

by kaiganyafoo | 2015-01-07 21:03 | 海岸屋ふーの流儀 | Comments(4)

杉の鉋掛けはスピード

みなさん おつかれさまです。


歯が、(歯ぐきか?)が痛いおかげで
終日軽く頭痛がしている海岸屋です。 うう。
昨日 歯医者に予約を入れたら9日の13時20分だそうです。 うう。






さて 鉋掛け。
a0157159_21514378.jpg
砂切りして手押しで押して自動に突っ込んで 
それから手鉋だから時間はかかってます。ここまででも。

(翻訳: 加工機械も刃物なので、材料に砂とかがくっついているとそれが傷むので丸ノコで木口を捨て切りして、手押し鉋盤で平面と直角を出して、自動一面鉋盤で厚みと幅を揃えて  です。)

で、
はっきり言っておきますけど 杉の鉋掛け 好きじゃないです。

今回の材料は節だらけだし。
誰だこんな材料頼んだのは! ってワタシですけどね。

木が曲がっているから逆目が入り組んでいるし。
誰だ(以下略)


で、このあいだ先輩が 俊英T君に教えていたのを思い出した。
「杉はスピードで削らないとうまくいかない。」

ふうん?
そうなの?

では 刃を研いで 台を直して 裏座を詰めて・・
つまり逆目が起きないように準備してやってみました。

シャッ・・ (鉋を掛けてる音)
ううむ。
シャッ・・ (もう一度鉋を掛けてる音)
ほほお。

確かに素早く掛けた方が良く仕上がる。
(やっぱ先輩はすごいなぁ・・)
ただ6尺の材でも一息には掛けられないけどね。

ちょっとだけ杉の鉋掛けが好きになった海岸屋でした。
(あくまでもちょっとだけです ちょっと だよ?)


この材料は馬を飼ってるお客さんが古民家に引っ越すので
そこの土間に敷くスノコの板です。
じかに踏むものだからねぇ。
明日も続きをやります。


では家帰ってドイツ文学読まなくちゃいけないんで
と いくらか思わせぶりな事を言いつつ
またね。

by kaiganyafoo | 2015-01-06 23:16 | 工事 | Comments(0)

仕事はじめ

みなさん 
あけましておめでとうございます。
a0157159_1942292.jpg
多少 正月らしい写真を。



去年もホントーにいろんな事があった一年でした。
「心の平穏」ってやつが人生の目的の海岸屋なんですが、(いや、マジで。)
そんなモノはいつになったらやってくるんだろう ってくらい
毎年まいとし波乱万丈です。


もしかすると今年もいろいろあるのかもしれませんが
できるだけ頑張ってブログにUPしようとおもいます。(そこか・・)
いやいや
本業の建築ももちろん頑張りますとも。
で、
とりあえず今日は仕事はじめ。

今年もみなさん よろしくお願いいたします。



(有)海岸屋ふー 一同 (何人だ!?)

by kaiganyafoo | 2015-01-05 20:59 | 季節のはなし | Comments(0)