海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
どんな自宅に住んでいるか..
by kaiganyafoo at 08:45
何故か 非公開コメントに..
by 余計なお世話かも at 21:07
確かにその方自体は友達で..
by kaiganyafoo at 08:53
余計なお世話かも さん ..
by kaiganyafoo at 01:34
通り土間さま 力強いお..
by kaiganyafoo at 01:17
ただいま帰ってまいりまし..
by 余計なお世話かも at 21:06
お疲れ様です。 通りす..
by 通り土間 at 19:42
刻み推しさま 本当に、..
by kaiganyafoo at 23:33
素晴らしい
by 刻み推し at 20:36
スパナさま ありがとうご..
by kaiganyafoo at 00:43
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


経師仕事その2

みなさん おつかれさまです。


一昨日 28日は 有限会社海岸屋ふー恒例の餅つきでした。
こうれいを変換したとき 高齢とでたので ちょっとムッとしましたが。
はい
恒例で
好例で
高齢・・です!ちっ!!





さて
経師仕事 その2 です。

前回は、4度の重ね貼りを終えたところまでだったんですが、
そのあとに貼った紙が圧巻。
a0157159_2320896.jpg
まず薄い。
これをベタ貼りするわけだけども、どうします?

ただでさえ濡れたら扱いにくい和紙なのに
これに全面 糊をつけたら持ち上げることもできません。
もちろん写真でわかるように糊の濃淡はいくつかのバットで分けてはあります。
答えはこれ。
a0157159_23383229.jpg
下敷き状の板そのまま持ち上げて壁に押し付けて それからそっとはずします。
a0157159_23402691.jpg
すぐさまふわっとはがれてくるのを撫で刷毛でそっと押さえる。
たぶん糊はぐっと薄い糊なんですね。

そして天井
a0157159_23432838.jpg
一人では はずした下敷きを置くこともできないわけで
こっちで糊をつけつつ、その下敷きはぱっと受け取って
手渡した人は刷毛で押さえていく。

「天井は一人では貼れませんね」と小野瀬さんが言っていたことはこれだったんですね。
たぶん
素人だったら一枚も貼れません。

そして左官仕事の場合 下地ほど、糊だったらそれを強くいれて
上塗りになるにしたがって糊を減らしていく というセオリーがありますが
それは経師仕事でも同じだったようでこのあとの仕上げ貼りはどうなるんだ と
傍でよけいな心配をするわけであります。

a0157159_00099.jpg

仕上げ貼りはもう撫で刷毛もつかいません。
別に用意した紙で上から押さえつけていく。
そして腰に差したものさしで間隔を測りつつ次へ。

こうして貼りあがった和紙の和室
昼間の表情
a0157159_092060.jpg

夕方の表情
a0157159_0112489.jpg

そして夜の表情
a0157159_0125856.jpg

a0157159_01520100.jpg
明かりを下において写真を撮っているのは撮影用に だからではなく
ここの部屋には天井照明がないから。

そのわけは、昔の和室には上からの明かりなどなかったから というもの。
もー
陰翳礼讃ですね。
というか
ここの部屋にどんな照明器具を取りつけたらいいのか という問いに
皆が納得できるだけのものが提案できなかった ということになるのかもしれません。
あるいは不遜な言い方になるのかもしれませんが
それだけこの和室の完成度が高いということかもしれません。
それは自慢ではなく 小野瀬修雅堂という仕上げ担当への賛辞です。



最後に本当の蛇足を申し上げますが
この経師仕上げは現代ではほとんど採用されることもないと思います。
湿式工法でもあるため手間がかかります。
和紙は生産が減少していて真正なものは高価でもあります。
ビニールクロスとは違って生活にも注意を要する。
でも
海岸屋は今回の工事をさせてもらったことを感謝しています。
それは 極上の仕上げだと思ったからです。
こんなに静かで深みがあって暖かい仕上げは見たことがない。


どなたか是非ぜひやってみて下さい。
このブログを読んでいるような高貴で奥ゆかしい皆さんには
いかにも似つかわしい部屋ができること請け合いだからです。よいしょ。
ねー 小野瀬さん。

たぶんネットなどには見向きもしないであろう
ひたむきな職人さんに呼びかけたりなんかしつつ
またね ということで。

by kaiganyafoo | 2014-12-30 01:11 | 工事 | Comments(0)

経師仕事

みなさん もー年末っすね。
海岸屋は毎日仕事っすよ。

まだまだ仕事だい!
というみなさん 共に仕事にはげみましょうぜ!

a0157159_22462330.jpg
これは昨日の昼飯の様子なんですが、
このとき先輩が 「キティちゃんはネコじゃない」 と言ったんです。

は?

じゃ何? 熊?
さっそくスマホで検索してみたら・・・

ネコじゃないらしい・・

じゃ、もしかしてミッキーもネズミじゃない?
いやいや あれはマウスと名乗ってる。
でも うーん サンリオ 何をたくらんでる?





さて経師の仕事です。
木更津の現場は、今まで望んで得られなかった仕事のいくつかがかなった現場でしたが
そのひとつが経師屋さんとの仕事でした。

はじまりはここ
a0157159_20232357.jpg
千葉にあるas it isという美術館の和室。
ここの和室は壁も天井も和紙で仕上げてあります。
ここの仕事の仲立ちをしていただいたOさんに言われて見に行きました。


実は海岸屋の自宅の和室も壁の仕上げは和紙。
今から15年ほど前に引き渡したU邸でも和紙仕上げをやりました。
でも
自宅は母親と妻が和紙を貼りましたし
U邸では施主と海岸屋で始めて中途で挫折、
無理を言ってクロス屋さんに後半を貼ってもらいました。
つまり 素人細工。

素材の表情に助けられてなんとかなってはいるようでもありますが
いつか和紙を使いこなせる専門家と一緒に仕事がしたい、と思ったものです。

好機到来。

いつもいつも和紙のこととなれば相談に行く 「紙舗直」
そこで紹介してもらったのが今回お願いした小野瀬さんです。
a0157159_20365896.jpg
あれ? もう貼ってますね。(なんちゃって)

下地は最初 ふすまの中身と同じ「組子」を組むつもりでしたが
左官下地と同じ 木摺りでも大丈夫ということでそれに変更しました。
a0157159_20434930.jpg
一番はじめに貼るのは極厚の和紙。
糊も強いものを使って全面べったりと貼る。
でもまだ木摺りが透けてますね。



そしてその上にもう少し薄い和紙を これも全面に糊をして貼る。
a0157159_20484093.jpg
わかりますか?
バットの中の濃い糊を全面につけてます。

これを貼ると木摺りはほとんど見えなくなります。
そして ここまでが下地仕事という扱いらしいです。

年月が経って張り替えをするというときも ここまでは残しておく。
そして次に貼るのは袋貼り。


袋貼りというのは・・
a0157159_211857.jpg
紙を揃えて、切りたいところに水をつけて、骨でできたヘラでこすって、
それから少しずつずらした紙に糊をつけます。
a0157159_2145476.jpg
そうです、紙の縁にだけ糊を付けますから
中ほどは袋のように浮いた状態になってるんです。

貼ってますね 袋貼り。
a0157159_21145741.jpg
そしてその上からもう一度袋貼りで貼る。
これは二重袋と言うらしいです。


もう4回も貼りましたがまだ途中。 ふう。


糊の付け方 糊の濃さ
刷毛の種類 刷毛の使い方
和紙の種類 和紙の扱い方・・・  見ているとなんでもないようなひとつひとつが深い。

ついうっかりと それは何ですか・ などと尋ねてしまいそうになるけど
そう簡単にわかりやすい説明ができるようなことばっかりではない。(だろう)
それは
海岸屋がどうしても手で鉋をかけたくて
「それは何で?」 と聞かれたときに閉口するかんじからの想像なんだけど。

注意深く見なければ、一枚しか貼ってない素人仕事でも
あらゆる素材と技術を駆使した本格の仕事でも 同じに見えることもある。
表面は同じ和紙だったりすればなおのこと。

「一体何が違うのか」 と正面切って尋ねられれば、 
とりあえず 「感動が違う」 とでも答えるべきなのかもしれません。

その「感動」 のために人は ポルシェに乗り  数寄屋橋次郎に通い アルマーニを着るのでしょうから、
ある種の人が お茶を習い 等伯を愛で 自宅に経師仕事をさせたとしても不思議はない。・・・のではないんでしょうかね?
・・・・・・・・。




いかんいかん
こんなに能書きばっかり言ってるから海岸屋は職人じゃないとか言われるんだな。
でも
キティちゃんだってあんなにネコっぽいのにネコじゃないんだから、
いつもニッカはいてる海岸屋が職人じゃなくたって・・




いかんいかん脱線脱線
えー
経師仕事はまだ続きがあります。
後編 もしかすると番外編へとつづくかも だ。

ではまた。

by kaiganyafoo | 2014-12-27 22:18 | 工事 | Comments(4)

森林組合からの電話

みなさん おつかれさまです。



ここのところ忙しくて繁華街へは行かなかったので
クリスマスソングに満ちた世間とは無縁で過ごせました。
はい、
苦手なんです。
クリスマスが。

昨日も家族と夕食を一緒にとって、
次男が温めてくれたオニオングラタンスープを
オニオンウレタンスープと聞き違いしたくらいです。
うむうむ
クリスマス 苦手だな。




さて これ。
a0157159_21373173.jpg
数年に一度というくらいの満面の笑みを浮かべている海岸屋(当社比)ですが
ダテに笑っているわけではない。

このあいだ建築雑誌に広告を出してみた海岸屋なんですが
なんだか予想外のところから電話がかかってきました。
「こちら千葉県の森林組合なんですが・・・」
「???」

なんでもその広告を見て
海岸屋のHPを見て
そしてこのブログを見て
そして電話をかけてきていただいたらしいです。

うーむ
長い事ブログをやってますがこんなことははじめて。
ええ
まったく商売にはつながらない趣味の世界に堕しておったですからな。
いやーたいしたもんだ。(先方が)

もとより地元の木を使って家を建てるなんてーのはいわずもがなの大賛成。
「ご検討いただきたい」 と言われて
「はい やりましょう。」 と即答しましたので
「ええ!? そんなにすぐに?」 と言われてしまったくらいです。


ですから皆さん
今、 (有)海岸屋ふーに新築を頼むと 千葉の木で家が建てられます。
地産地消。
なにしろ森林組合がバックについてますからな。
冒頭の写真はその調印式。
「ちばの木の家づくり森づくり 保続森林 協定」 ってものを結びました。



とは言えまだ何ができるのか勉強中というところです。
やる気があって木もあって でも仕事がなけりゃはじまりません。
皆さん家を建てる際には海岸屋をよろしく といまさらながらにお願いをして
久しぶりの更新は幕を閉じるのでありましたよ。

ではまた。

by kaiganyafoo | 2014-12-25 22:22 | 材料 | Comments(2)

海岸屋 卒業す

みなさん こんばんは。


今日 木更津からの帰り、隣に乗っていた凄腕K女史が
「あそこの フクロウって店の看板すごいよ!」 (カラオケ店と思われる)
「しあわせをよこどり って書いてある!」
・・・・・
・・・・・
海岸屋が横目で(運転中)ちらっと見たところ、

しあわせをよぶとり

と書いてありました。

・・・
もしもーし
ぜーんぶひらがなですぜ、K女史。
フクロウが幸せを呼ぶかどうか知らないけれども。





さてこれ
a0157159_21292329.jpg
夜景の明日館っていうものを初めて見たけどキレイですね。

はい
先日、日本民家再生協会による  「民家の学校」 の卒業式がありました。
海岸屋はこのとーり
a0157159_21442832.jpg
皆勤賞でございます。

大平の最終日 100ccのビールで二日酔いでダウン だとか
栃本は発熱で開始15分で離脱 とか それは内緒っす。
皆勤賞っす。
(授与されたとたん大ブーイングってどうなの)

で、皆さんにお詫びと訂正があります。
卒業式ではなく、修了式 だそうです。
ええ
来季のスタッフとしての参加だとか同窓会活動だとか
「卒業なんかしちゃったらつまんないもんね」 ということらしいです。

スタッフかぁ・・

海岸屋は スタッフとしての能力は限りなく低いなぁ・・

気が利かない
腰が重い
そしてなぜか偉そうだ、 という三拍子。 どうなんだ それ。
a0157159_21534586.jpg
明日館の中で行われた修了式パーティ。
ぜいたくだなぁ・・

と言っても海岸屋は 
「せっかくだからみんなで記念になんか作ろうぜ!プロジェクト」 
なんてものを言い出したおかげで、集計 告知でいっぱいいっぱいでした。
ほとんど何も食っとらん!

校長先生の胴上げもやっとらん!
(註 重要文化財の中で胴上げなんかやる人はいません)


今回 初めて入った講堂。
遠藤新の設計
a0157159_2213125.jpg

耐震改修がはじまります。 2017年3月までかかるらしいからしばしのお別れ。

なんか立派な石の柱がありますが構造的には貢献してなくて
木の柱4本が荷重を受け持って 梁は合成(よく見るとぐだぐだっす)
は、はやく補強を・・と言いたくなる現状です。
名作なのに・・・

いっつも思うけど このデザインってセーラー服に似てない?
ん? そんなこと言うのオレだけ?


まあ ともあれ 「すっごく楽しかった民家の学校15期生」 ありがとうございました。

おまけの写真はK女史の注目部分
a0157159_22225371.jpg
まったく段差のない入口建具付近。
そして「これか? これがいいか?」 と思ったドアノブ。
a0157159_22322792.jpg

ライト いいわー

ではまた。

by kaiganyafoo | 2014-12-12 22:35 | 民家 | Comments(0)

左官工事のてんまつ2

みなさん おつかれさまです。



10年近く使ったいすゞのエルフにお別れをした海岸屋です。
まだ(?)15万Kmしか走ってないし、4WDだからぬかるんだ現場でも平気だし
とっても気に入っていたんだけど 千葉県の職員が事務所に来ました。
「おめぇ、このまま乗ってると50万円の罰金をくらわすぜぇ?」 (註イメージです)
と脅かされて(註イメージです)
あどけない海岸屋は泣く泣くあきらめました。(イメージです)
a0157159_135118.jpg
これはトラックを自動車屋さんに持って行ったときに見たダイハツ フェロー。
(おい!トラックの写真はどうした!)





さて 左官工事。
a0157159_2043319.jpg
これは親方の白石さんが中塗りの上に材料を塗っているところ。

今までの海岸屋の経験では 「仕上げ塗りをしているところ」
つまり最終工程です。
しかし今回は違った。
これは 「仕上げ塗りがはじまったところ」 だったんです。
この時はまだよくわかってなかった。

一回 「ガリッとこすって」
その上にもう一回塗って
これで仕上げの準備ができたから 
「来週また来ます」 と言われました。
???



これはその来週。
a0157159_20161893.jpg
今度は白石さんが一人でやってきて 「仕上げの塗りをはじめたところ」

その肌
a0157159_2023911.jpg

海岸屋の手は比較対象のためのもの。(触ってないっす!)

そのあと最後の?仕上げを塗ります。
その肌。
a0157159_2026857.jpg

そしてそれが乾いたところ。
a0157159_20275453.jpg

この途中で いかに鈍い海岸屋でも薄々わかってきた。
「今まで見てきた左官仕事は簡易的なものでしかなかったのだ」  
情けない。

つまり「仕上げ」と称する塗りは4回か それ以上塗っているわけだけど、
その最初の 「ガリっとこすった」 段階でも 「仕上げの色」 は着いている。

現代の仕事では これでおしまい もアリだと思う。
でも
左官の仕上げって 「色をつけること」 か?

海岸屋が長い事感じていた違和感の正体が見えてくる。

色をつけるだけなら塗装でいいのだ。
左官には左官でなければできない仕事がある。

例えば仕上がった壁の肌合い。

実はこの部屋の隣は和室で そこでは手漉きの和紙を貼っていたんです。
(おーう そんな工程管理をしていたのは誰?)

この左官の肌はそこにあわせてつくったもの。
はい
「和紙の風合いになじむ漆喰の仕上げ」 なんです。
これはほかの仕事で替えがきかない仕事ではないだろうか。



そして昨日も言ったけど 左官の仕事は圧倒的に 厚みによるものだと思います。
厚みは必要。
だから 壁に厚みをつけるための技術は昔から積み上げられてきた。
砂の配合
ノリの配合
ツタの配合
それはなぜか 安全のためか安心のためか。
無駄なもの不必要なもの と切り捨てられてきただろう仕事に
こんなにうたれてしまうのはなぜか。
中に住まう人を守ることこそすまいの役割なはず。 


それを昔の人はよくわかっていたのではないか。
心を満たさない形ばかりのすまいは不気味なものではないのか。




多少の強がりを含みながら今回も言わせていただくけれど
これだから建築屋はやめられない。
壁左匠しらいしの皆さんに感謝。
a0157159_2183221.jpg

a0157159_2184836.jpg

a0157159_2191760.jpg


ではまた。

by kaiganyafoo | 2014-12-06 21:14 | 工事 | Comments(0)

左官工事のてんまつ

みなさん おつかれさまです。


クリスマスが近づいちょりますなぁ・・

今年のプレゼントは 悪魔の実っすか。
a0157159_2163096.jpg
なんの能力がいいかなぁ・・
ゴムゴムの実は現場で使えそうにないなぁ・・
もとから泳げないから失うものはないし。



さて
今週 左官工事と経師の工事が終わりました。
左官工事というと9月の末に記事にしたっきりでした。
え?
そんなに?
むー
そんなに なんですねぇ・・ 怠慢だな。すんません。
a0157159_21191436.jpg
下塗り 中塗り 仕上げと三回に分けて塗ると聞いていたので
てっきり3回塗れば終わりかと思っていたんですが違った。
うん
全然違う。

全部で何回塗ったんだろう?
8回くらいかな・・

途中で 『何回塗りました?」 と親方に聞いても
「何回かなぁ・・」 と言ってあまりそこには重きを置いてないようす。

確かに回数ではないのかもしれない。
でも では何を基準に塗っているのか と言えばたぶん
「仕上がるまで」 塗っているんだと思います。 (違ってたらすません)

これは昔 若い大工さんが毎日 夜 研ぎものの稽古をしてると聞いて
「何時間くらい研いでるの?」 と海岸屋が尋ねたら
「時間じゃありません。 研ぎあがるまで研ぐんです」 
という答えが返ってきたのに似てるかな?

えー
この写真は中塗りが終わってそのあとに角だけ作りにきたところ。
この時点まで4回くらいは塗ってると思います。
本麻のメッシュも何回かは入ってます。
厚みも15mmくらいは塗ってある。
これでは石膏ボードの下地では無理だったね。
重いし。

現に天井に厚みをつけて塗ってくれと言われて塗ったところが
4~5日たってからボードごと落っこちたことがあると言ってました。

どうしてそんなに厚みをつけるのか と言えば 
必要だからということになるんだと思います。

壁を軽くたたいてみると (おい!)
石膏ボードに3mmくらいの薄塗りをした左官壁(あ!ウチの事務所のことだ・・仮設)
とは違う手ごたえです。
しっかりしてる。 当たり前ですが。

さらに 遮音性とか保温性とか蓄熱とか いろんな性能的な違いがあると思います。
そして感覚的にも違う。

どう違うのか 懇切丁寧に説明してあげたいけど
残念 紙数が尽きました。 (ウソつけ!!)

とりあえず 「角だけ仕上げる」 というのはこんなかんじです。
a0157159_225295.jpg
木部で見えるところが2分だから
左官の角の面も2分くらいがいいかな? ということで決めたら
これがまぁ 大変な決定だったわけで。

今は面の仕事は塩ビの役物を使うことが多いけど
これはそれを左官仕事でやるということ。

難しいよ。
これを木でやるときですら 「面取り鉋」 という
定規のついた鉋でやるもんな。
まして ぬるぬるべたべたの漆喰で まっすぐびしっと塗るなんて・・無理。

面鏝
a0157159_22103890.jpg
ちなみに 丸い面だった場合は仕上げ塗りと同時にやるんだそうです。

ううむ  知らずに手間のかかることを頼んでいたんですね・・
そして
これは蔵の戸前の面白 面黒などの手法にも通じるんだそうな。

なに言ってんだかわかんないっすよねぇ・・


安心して。
懇切丁寧に(また言ってら) お伝えしますですよ。
こうやって込み入った話をするとアクセス数が下がるんだけど
一部の人は楽しいよね (君だ 君。)

そうやって詳しく左官仕事のてんまつをお話することによって
今回海岸屋が感じた 左官壁の考え方 が伝わるんじゃないか・・と。

ね?
石膏ボードの上に 数mmの左官材を2回こすって
それで左官だよ って言うのが不気味なことだというのがわかるんだと思う。

何が不気味かって?
それもまたおいおいと。

では。

by kaiganyafoo | 2014-12-05 22:24 | 工事 | Comments(2)