海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
公式サイト
最新の記事
東京直行便終了
at 2017-03-21 20:01
新年のごあいさつ
at 2017-01-05 13:59
サヨナラ数寄屋
at 2016-11-29 20:55
東京の現場の引き渡し
at 2016-11-02 19:32
海岸屋の広告 または藍染めの世界
at 2016-08-30 19:21
最新のコメント
ご、5年目? まじっす..
by kaiganyafoo at 22:25
4年目に突入しました。 ..
by 余計なお世話かも at 21:29
夏の暑いさかりに上棟参加..
by kaiganyafoo at 18:26
やっと正月が明けきりまし..
by 余計なお世話かも at 21:27
正直なところ、年期の入っ..
by kaiganyafoo at 11:26
お疲れ様です(作業も読書..
by まめたん at 22:32
おはようございます。 ..
by kaiganyafoo at 06:39
こんにちは。 久しぶり..
by 通り土間 at 17:50
いろんな職人がいなくなり..
by kaiganyafoo at 07:49
うーんどうでしょうかネ ..
by 余計なお世話かも at 18:59
お気に入りブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧


押しかけメンテ

みなさん こんばんは。

ええ
元気なんです。

ブログの更新をおこたりがちなんですが
具合が悪いわけじゃないんです。
ただ 毎日真面目に働いて 夜は眠くて・・・というハナシなんですな。
申し訳ない。



さて
今日は中村好〇さん関係の一年点検とか
メンテナンスとかに 誘われてもいないのに押しかけました。
いろんな想定をして道具を揃えて
「ちょっとした不具合だったらその場で直す」気満々です。

本来呼ばれた大工さんと
本来呼ばれた建具屋さんと
押しかけ手伝いの海岸屋と
押しかけ2号の手元と
「一緒に行きたいよな?」と決め付けたT君 という大人数になりました。

担当のTさん ごめんなさい。
でも
3人がかりでないと出来なかったでかい建具の調整とかもやったからいいよね?(←あつかましい)

住み手さんに許可を得た写真
a0157159_21545437.jpg
な?
かっこいいでしょ?
厚みはわずか45mm
でも強度は十分。

さすが中〇〇文さんだな。

さて
久しぶりの更新をしておいてなんですけど
次の更新は来週の月曜日です。
四国のお話が出来ると思います。
では。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2013-02-28 22:00 | 建物いろいろ | Comments(0)

職人考

みなさん お疲れ様です。



今日の九十九里方面は ものすごい風でした。

「いやー こんなに風が強いと立〇便するのに危険だねぇ」 と言うと
「そんなのたいしたことないよ。 俺なんか内側からだよ。 
ハル〇ケア飲もうかと思ってんだよ」と言う返事。
・・・・・
内憂外患 もーズボンびしょびしょの気配です。

失礼しました。



さて職人の話なんですが
きっかけは このあいだ貰ったこの本
a0157159_2148428.jpg
川越 喜多院蜜に伝わる職人尽しの絵です。
それからこの本
a0157159_2222448.jpg

a0157159_22222766.jpg


今は職人と言いますが もとは
「道々の者」
「諸道」
「諸職」といったらしいです。

それが職人と言われるようになったのは 
中世後期から江戸時代初期にかけて ということで
さらに言うならば「職人風情」(しょくにんふぜい) という言葉が示すように
やや蔑視されている語感が ごく最近までありました。

現代の建築現場で 自分を職人である と規定しているのは
大工 建具屋 基礎屋 瓦屋 板金屋など
比較的昔からある分野の仕事につく者達が多く
電気屋はそれに該当せず
材木屋 サッシ屋はもの作りではないためこれも職人とは呼ばれないと思います。
当然 建築営業も
現場監督も 
設計屋も職人とは呼ばれない。

では
実際のところ 職人とそうでないものは どこで分けられるのか。
話せば長くなるんだかどうなんだか
もう眠くなってきてしまったので また今度にさせてください。
ええ
それがいつの話になるのかはさだかではないのであった。
では。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2013-02-24 22:50 | 読んだ本 | Comments(0)

浜の食堂

みなさん お疲れ様です。

先輩が強力彩芽を話題にしていたんでネットで見てみましたが、
今日は川島海荷だそうです。
もうさー 56歳の話題じゃないと思うよ。
ついていかない事に決めました。



さて先輩。
オヤジギャグは速射砲(言い方が古い?)のようだし
今日は海荷だそうだけど 仕事は上手。
外壁を張りました。
(と ここは写真を載せるところだよなぁ・・)
レッドシーダーのよろい張り・・・を増築部分がらみで剥がしてまた張ってます。

海まで数十mだし
けっこう年季が入ってるし で さしものレッドシーダーも
傷みが出ているのもあります。
でも やっぱり海に向いている方の傷みが激しいかな。

現場から少し歩くとこんなふうに見えます。
a0157159_2223472.jpg
うっすらと海が見えるでしょ?
靴はつっかけタイプだし時間もなかったので
波打ち際までは歩かなかったけど
でも 最近の九十九里浜はだんだんと削られているようで
こんなにたっぷりとした砂浜は久しぶりで見た気がします。

a0157159_22254774.jpg
海とティピ(このテントのことだよ)と隣の乗馬クラブの馬とで
なんかの撮影をしているようでした。


で 今日の昼飯はここ
a0157159_2239775.jpg
金沢食堂またの名を金沢魚店。どっちだ。

以前に「キタナシュラン」というテレビの企画で出たことがあるらしい。
でも 今日はのんびりした店内。
a0157159_22415015.jpg
食べたのはこれ。
これを食べて 全員が高評価をするとは思わないけど 海岸屋は好き。
特にこのイワシ天丼は「よそでは絶対に出てこない種類の風味」を持つ丼です。

海岸屋の拙い表現力では現せない味だな。
強いて言うなら一種の発酵臭・・かな?
ここのおばちゃんとおじちゃんの風貌も好きなんですけど
建物は褒めることが出来ない。
そこは建築屋だからね。 と
ちょっと頑ななことを言ってみせたりなんかしたところで また明日です。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2013-02-22 22:54 | 工事 | Comments(0)

新しい農民

みなさん お疲れ様です。


雑誌とかに ヘルシーって書いてあって 
どんな意味だか読んでみると
どうもカロリーが低いことも要件に入ってるようです。

体重の重い軽いはあんまり重要じゃなくて
性能のいい体を持つことが大事なんだと思うけどなぁ・・




それはさておき 先日もらった品々
a0157159_23401873.jpg
職人尽くしの絵巻の本
木屋の剪定ばさみ チタンのおろし金 落語のCD・・・

けっこうマニア君な貰い物ですねぇ・・

海岸屋にこれをくれたTさんは不思議な経歴の人で
有名大学を出て会社に勤めたりしたあと
世界各国を5年くらいまわって そのあと千葉に来て農家をやっています。
でも 肩書きは在野の経済研究家・・かな?

それが今度川越に引っ越すとかで
海岸屋としてはちょっと残念です。
と言うのは
海岸屋の住む地域には よそからやってきて新規に就農する
「新しい農家」(海岸屋命名)の人達はけっこういるんですが
その草分けがこのTさんだからです。

今の20代の若い人達にとって
農業というものが魅力あるものになっている部分もあるようなのですが
そういった新しい波 というののも急には来ません。
大抵の場合 少数の先達が苦労をして道をつけている と思っています。

海岸屋のまわりには そういった道なき道を歩く人が何人もいて
おこがましいとは思いますが 海岸屋もそういった一人でありたい とも思っていますので
Tさんのことは陰ながら応援もし 尊敬もしていたんです。

Tさん
遠くに行ってもよろしくお願いします。

実にローカルな話で申し訳なかった。
では。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2013-02-22 00:00 | Comments(0)

鳥とかモバイルカフェとか

みなさん お疲れ様です。

今日の千葉は曇りのち雨
肌寒い一日でした。

先輩の容赦ないオヤジギャグの連打にも耐え
ペットオッケー貸し別荘の階段の部材の加工です。
明日には取り付けができるでしょう。


手伝いの現場なので写真がありません。
海岸屋の自宅の庭に来る鳥の写真でも見てみますか?
a0157159_23445974.jpg
冬はエサも少なかろうとみかんを切って置いてあります。
やさしいな うちの奥さん。
海岸屋に対してはあんまりやさしくないけど。


今日は はちどり食堂というところで昼飯。

そこの駐車場にきていた FUKUMIYAさんという
モバイルカフェで食後のコーヒーをいただきました。
a0157159_23543390.jpg
かっこいい車と
かわいい店主さんです。

FUKUMIYAさんは福笑屋さんで
福島出身で 福島に笑みを という名前だそうです。

コーヒーはこれ
a0157159_23562031.jpg

もう明日になりそうだし
今日はこんなとこです
ではまた。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2013-02-18 23:57 | 食べ物 | Comments(0)

木造3階建て望楼つき

みなさん こんばんは。
日曜日でお休みですけど休んでますか・

海岸屋は現場を見に行ったり
見積もりを作ったりして 自営業を満喫しています。

ユーチューブで ローラという娘をはじめて見て
夕飯のときに「そうだよ」と口真似をして頬をふくらませたら
次男に 殴りてぇ と言われたりもしましたがね。ふん。



さて 突然ですが成田山参道の大野屋
a0157159_2249471.jpg
ご覧の通り 木造3階建てで望楼がついています。
外観もイケテルけど中はもっとです。

と言っても内部撮影禁止なので写真はなし。
ただ
3階大広間は114畳敷きとかで柱なし
6間とばし という和小屋(たぶん)の限界の架構です。
そこに能舞台と橋掛かりがあって 欄間は12尺ものの黒柿。
もー
海岸屋はすっかり舞い上がってしまいました。

内部の写真があればねぇ・・

望楼は何のために作ったんだかわかりませんが
能舞台はこの近所の旦那衆が稽古をしたんだそうです。
指導は梅若家。
この建物ができたのが昭和10年だから
梅若家も大変な時期だったはずで パトロンとして支えたのでしょうね。

京成線という路線は東京と成田を結ぶことからその名前があるわけで
成田の実力はこんなところからも感じられますね。



さて それだけじゃなんですから・・
おまけの写真は でっかい餃子。
a0157159_2319988.jpg
一皿食べたら腹いっぱいになるほどです。

もう開店前からこれもんで
a0157159_23203068.jpg
持ち帰りのお客さんもぞくぞくとくるから 
店内ではふたりのお姉さん(・・・)がフル稼働で餃子を包んでいます。
もう、具が足りなくなって冷蔵庫から出してきたのを見たら
その入れ物は 衣装ケース!!

海岸屋はちょっと侮っていたのでタンメンも頼んでしまって
久しぶりに 一人大食い選手権状態に・・・
a0157159_23251432.jpg
完食です。
店の名前は 「ひさご亭」
市川のお店ですよ。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2013-02-17 23:29 | 建物いろいろ | Comments(0)

民家のこころ

みなさん お疲れ様です。

今日も風の冷たい日でした。
a0157159_231448.jpg
凍ってますねぇ・・

今日行ってきたのは 「県立房総のむら」
日本民家再生協会の会議と下見がここであったものだから
ほとんど一日ここにいました。

ここにはたくさんの民家があります。
a0157159_23253839.jpg

a0157159_23254864.jpg
部分だけの写真だけど
気分は伝わるかな?

共通しているのは柱の気配。
「あかぬけて」 いますね。

拭き掃除をていねいに続けているとこうなります。

室内。
a0157159_23305729.jpg
昔の民家の本当の姿がどうだったかわかりませんが
とりあえずテレビやラジオや新聞などはない。

現代人がそこに使っている時間を
ものを作ったり 掃除をしたり 繕い物をしたりして過ごしていたのかもしれません。

そうやって過ごしていた人々のこころの中を察するとすれば
こんな風景が広がっていただろう と思います。
a0157159_23363669.jpg

風景とはつまるところ
そこに住む人々の心象風景の反映なのでしょうから。

そうしてそういう人達が こういうものたちを生み出したんだと思います。
a0157159_23412263.jpg

a0157159_2342054.jpg

a0157159_23425619.jpg


掃除を行き届かせる事も
美しい風景やモノ達を整えることも
簡単に出来る時代ではありませんから
これは立派な見識のあらわれにほかなりません。

ここでどんな試みをするのか と言われれば
心もとない限りではあるのです。
手も体も動かさずに パソコンの前に座っている自分に対しての自戒をふくめてね。

房総のむら のみなさん
いい勉強をさせてもらいました。
ありがとうございます。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2013-02-16 23:49 | 民家 | Comments(0)

子規がいた

みなさん こんばんは。

今日の千葉は朝より昼のほうが寒かった。
でもまあ一日大工仕事をしているんで機嫌のいい海岸屋です。
現場も順調に進んでいるしな。



さて
このあいだ東京へ行って町歩きをしました。
詳しい人について歩いてね。

歩いた場所は谷中 根津。
a0157159_232169.jpg
谷中せんべい と読むんだよねぇ。
変体かなって難しいな。

a0157159_235216.jpg
a0157159_2353152.jpg
似たようなせんべいで なんで値段が倍も違うのか?
店の人に聞いたから海岸屋は知ってるけど なんででしょう。


あとは幸田露伴の小説でも名高い五重塔
a0157159_2385373.jpg
の、跡地だね。
心中した二人が火をつけた という事だけど
それも海岸屋が生まれる前の話。

こんな職人仕事の店もある
a0157159_23121687.jpg



でもやっぱり一番心に響いたのはここです。
a0157159_23133053.jpg
そうです。 正岡子規の終の棲家 子規庵です。

ご存知ですか 正岡子規。
海岸屋は司馬遼太郎の「坂の上の雲」でちらっと見たくらいでした。
俳句も短歌もあんまり縁がないし まあ全然ですね。

ここで買って来た本
a0157159_23204671.jpg
脊椎カリエスを病んだ子規が ほとんど死ぬまでを綴った病床日記です。
もう 壮絶そのもの。

海岸屋は古今和歌集が好きなんだけど
子規は万葉集を評価して 古今和歌集を低くみた ということで
そんなことも初めて知りました。  ちょっと不満。
でも
病気で自宅から一歩も出られない身でありながら
その後の短歌 俳句の方向を決めてしまうほどの影響を与えたことを思うと
なんとも言えない気持ちになります。

「朝顔や 絵にかくうちに 萎れけり」
有名な句じゃないけど じーんときました。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2013-02-15 23:44 | 建物いろいろ | Comments(0)

プードルってでかいよ

みなさん お疲れ様です。

スーパードライって名前のビールがあるけど
「非常に乾燥した」 って訳してしまうと
飲むほどにのどが渇く気がするよね などと
息子とバカな話をしていた海岸屋です。



さて
ここのところの現場は先輩の手伝いで 九十九里町にいます。

海岸屋の住む東金市は知らなくても
隣町の九十九里町はみんな知ってるみたいです。
変わった名前だからかな?

そのまた隣の白里という地名は
百から一を抜いたら白になる・・ だから九十九と同じだよーん という
なんか とんち話みたいな地名ですけど地元の人以外は知りませんよね。


それはともかく
海の近くの現場で 海岸屋の名前にふさわしいんですが
犬オッケーの貸し別荘になるらしいです。
現場にはオーナーが飼ってるプードルがいます。
a0157159_23125629.jpg
でか!
最初 なんて犬なんだろうと思ったけど これはプードルです。
白いのもいる
a0157159_23143698.jpg
あの小さいプードルは トイプードルというらしいです。
するとこれがスタンダードなのかな?

「おいコラ 文句あんのか?」
a0157159_23175865.jpg

「ちょっとこっちこい!!」
「ひゃー」
a0157159_23202061.jpg
・・・と言ってるかどうかはさだかじゃない。


先輩がクーラーボックスを持ってきているから何かと思ったら
漁業組合直営の販売所がお目当てだったらしく
ばばーんと セグロイワシです。
a0157159_23251311.jpg
1kgで200円

これは干物を作っているところで
でっかいのがアジ。 小さいのはタイです。
a0157159_23265775.jpg
「まだ作ってる最中だから」 と店番をしていた海岸屋の同級生の順子ちゃんが言うのに
「それでもいいから」 と買ってしまう先輩。

干物は焼けばいいんだから簡単ですな。
セグロの方はどうやって食べるのかわからない・・

むー
お前は腹黒いから共食いみたいなもんだろ?・・って言われてる気がする。
気がするだけだったらいいんだけどな。

自分の現場じゃないからそこの写真はナシ。
ってことでまた明日です。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2013-02-14 23:40 | Comments(0)

横浜洋館めぐりもした

なーんだか宿題がたまっている気分の海岸屋です。
(気分じゃねーだろ!! という声が聞こえるよう・・)


ええ
横浜の洋館めぐりもしたんです。
ガイドさんもついて。
名ガイドだったな。

これはベーリックホール
a0157159_0292633.jpg
結婚式の披露宴をしてました。
BGMにメロディ・ガルドーを流しているところなんか洒落てるよな。
さすが横浜。

洋館を見てると パーツのよさに魅かれます
a0157159_0384858.jpg

a0157159_0391056.jpg

a0157159_0395860.jpg
デザインでもあるけど・・・
a0157159_041787.jpg
機能もあるのだ。
(あっ肖像権の侵害だ。ごめんなさいSさん)

横浜といえば教会。
カトリック山手教会の石段をのぼる重鎮の皆様。
a0157159_0453548.jpg


素晴らしいステンドグラス
a0157159_0481642.jpg
海岸屋のように不信心な者にも敬虔な気持ちをおこさせます。
a0157159_0505074.jpg
説教壇(かな?)
天井にハトがいるのは人々を導くためでしょうか?
a0157159_10302.jpg
尖頭アーチは より高く という意志のあらわれ と言われますが
海岸屋の目には木造建築っぽく見えてしまいます。
小屋組を木造で組んでいた記憶のあらわれ・・・などではないんでしょうね・・

a0157159_151674.jpg
最後の写真は石垣。
ちょっとだけ房州石っぽくないですか?
地元びいきなんかな? どうだろ。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2013-02-13 01:07 | 建物いろいろ | Comments(2)