海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
公式サイト
最新の記事
木材との付き合い
at 2017-04-22 07:38
海岸屋、海の近くで上棟
at 2017-03-31 19:14
東京直行便終了
at 2017-03-21 20:01
新年のごあいさつ
at 2017-01-05 13:59
サヨナラ数寄屋
at 2016-11-29 20:55
最新のコメント
川越さま 山で木を伐っ..
by kaiganyafoo at 09:01
>kaiganyafoo..
by 川越 at 12:57
下駄の材料なんかもそうし..
by kaiganyafoo at 07:05
桐の産地に行くと材料を ..
by 余計なお世話かも at 22:31
川越さま 外壁の材料だ..
by kaiganyafoo at 20:16
外壁材というのは一度雨に..
by 川越 at 18:45
ご、5年目? まじっす..
by kaiganyafoo at 22:25
4年目に突入しました。 ..
by 余計なお世話かも at 21:29
夏の暑いさかりに上棟参加..
by kaiganyafoo at 18:26
やっと正月が明けきりまし..
by 余計なお世話かも at 21:27
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧


刃の黒幕12000番

みなさん お疲れ様です。

今日は旧暦8月14日
明日は旧のお盆です。
ええ
旧暦でお盆を迎えれば 必ず満月なんですね。
電灯のない時代 月夜はありがたかった。 のかな?



さて
しばらく前に買った砥石です。
a0157159_191961.jpg
シャプトン 刃の黒幕 12000番です。

今日は少しだけ杉の削り物をしたので使ってみた。
a0157159_1924998.jpg
砥汁がまっくろですね。
たしかに良くおりると思います。
12000番と言えば かなり細かい番手だと思うんですが。

そして刃物はピカピカになります。
a0157159_1964316.jpg
あっ 写真がボケてる。
ピカピカ具合がわかりますか?

人造砥石特有のピカピカ。
ずいぶん久しぶりにこんなピカピカの刃先を見る。
なーんか ちょっと下品なかんじ。  偏見?
天然の砥石で普通に研ぐと こんなには光らないからね。

でもね
いい事もある。

裏の刃先がほんのちょっと丸いとか
一部だけ研げてないとか
普通だったら気づかないちいさな不具合がわかる。

拡大して見てみると きっとキズがあるんだとおもうけど、
まあ 普通に切れるからいいのかな?

a0157159_19202737.jpg
1000番で研いで すぐに12000番じゃ キズはあって当たり前か。
キズを消そうと思いすぎてはいけない と言う説もあるしねぇ・・

シャプトンの説明書には1000番⇒2000番⇒5000番⇒12000番 と書いてある。
他にも
水に漬けっぱなしにすると柔らかくなる とか
日なたに置いておくとヒビが入る とか
お湯や洗剤をかけちゃいけない とか いろんな事が書いてあります。

たぶん それだけ本気で作っているんじゃないかな。
ガラスの砥石 とか 面直しの空母 とか。
どなたか使ってみた方 いますか?
使ってみたいのはやまやまだけど
先立つモノがねぇ・・


しばらく このピカピカ砥石と付き合ってみようと思います。
それではまた。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-08-31 20:58 | 大工道具 | Comments(2)

掘っ立て小屋の依頼?

みなさん お疲れ様です。

明け方 携帯電話の地震アラームで目が覚めた海岸屋です。
直前に教えてもらっても 準備もできないし・・・ と
そのまま横になってましたが 少しは揺れました。
震度5強の地域のみなさん 大丈夫ですか?


さて
先日の日曜日 海岸屋の事務所にお客様がいらっしゃいました。

数年前にも声をかけていただいて
その後 ご自宅の改装工事を始めた ということで
一時保留になっていた離れのお話です。

まあ いろいろと差し障りがあるのでしょうけれど
みなさんは 掘っ立て小屋 という言葉から何を感じますか?

「とても粗末な小屋」 とかですかね?
たぶん
「柱を地面に埋めて建ててある小屋」 
っていうのが正解ではないかと思うのですが、
それを まじめに作ったらどうなるか というたとえ話です。

ええ
たとえ ヒノキでもヒバでも 土に埋めれば腐りますよね。
地面のキワが一番腐るから と言って銅版でも巻きますかね・・
それとも火であぶって炭化させる?
昔の木の電柱並みに防腐処理?

最初のハードルも そんなわけで高いんですが
木舞い 土壁 木製建具 とけっこうな難問が続きます。
そのかわり
電気
水道
ガス
トイレ がない。

普通に考えると小屋ですね。

以前にお声をかけていただいたときにプランはお出ししたんですが
それ以外に考えなくちゃいけないことがけっこうあります。

今までやったことがない仕事なので
挑戦する甲斐はあります・・・ってあるのか?

こんな話が次々にくるわけじゃないし・・・
いや 次々に来たらきたでそれも大変だ・・

なにしろ「美しいもの」を作らなくちゃ意味がないので
設計の段階でしっかりとした方針を立てなくちゃいけませんね。
いや
たとえ話だからまじめにとらなくてもいいんですけど。

とりあえず 木舞いの竹 土壁の土 
それだけはメドつけちゃわなくちゃいけませんね。
どなたか詳しい方 いらっしゃいますか?

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-08-30 21:06 | Comments(6)

アコースティックギターを弾いてみた

みなさん お疲れ様です。
いい天気ですね。

今日も草刈り 片付け
おまけにトラックをスタックさせてしまった海岸屋です。
(スタックとは泥道とか不整地で車が動かない状態 です。)

海岸屋が乗っているトラックは4WDだから大丈夫・・
と思ってたらダメでした。 トホホ。



今日はギターを出してみました
a0157159_21322341.jpg
これがマイギター。
ギルドです。 でかいな。

普通 ギターは弦楽器なんですが
海岸屋のギターはリズム楽器。
ええ
指をこまかく動かしたりなんかはできない。
コードも10個か15個くらいしか知らない。
そしてなにより ここ10年くらいは弾いてない。

それがなんで急にそんな気になったか というと
亡くなったでごっちゃんと海岸屋は バンド仲間だったから。

a0157159_21363396.jpg
通夜に向かうみちすがら すごいばかりの夕焼け。
西方浄土を思わせるね。

久しぶりで弾いたギルドは あいかわらず大きくて澄んだ音。
でごっちゃんは 海岸屋の歌を褒めてくれたっけな。
でも
コンサートをするとでごっちゃんには敵わなかった。

事務所に帰って少しだけ歌をうたってみましたけど
こんなもんじゃきっと届かなかった気がします。
追悼のつもりだったけど。

バンドのリーダーとも話をしました。
追悼コンサートをやりましょうって話を。
さてさていつになりますやらね。
今度は練習して彼のいるところまで届くような歌をうたわなくちゃね。


大きなお世話ですけど
みなさんも大事な人とは話をしましょうね。
海岸屋53年の経験によると
人って意外なほどあっけなくいなくなっちゃいます。

生きてるうちに思いを伝えましょう。
では。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-08-29 21:48 | Comments(0)

房総林間茶室 多寡杉庵

まず
のっけからお詫び申し上げます。
a0157159_20215299.jpg
これは新感覚の超高所茶室の建設過程・・・・・などではなく ただの足場です。

草刈りをしていてヤブ蚊が多いので
6mくらい上にスペースをとって昼寝したら
もしかして蚊がこなくて快適? と考えただけです。

藤森照信ファンの皆様 ごめんなさい。


さて
これは何をしているところか と言うと
新しく事務所を建てる場所の草刈り 片付け 材料の養生 です。
a0157159_2029331.jpg
はい 見ようによってはただのゴミ 廃材ですね。

でも シロアリもこわいし 雨にあたったらキノコが生えてきそうだし
ぐずぐずしていたら本当にゴミになってしまいそうです。
一刻を争うのだなぁ・・・

ヒマをみつけては作業してますが
慣れない仕事は体にこたえるっす。
夕方になると もーへろへろ。
開墾遊びは楽じゃない!

そうやって作業をしていると 差し入れ。
a0157159_2036890.jpg
たった今収穫したもの。
ええ
お世話になってばっかりのKさん。
畑仕事に打ち込む悠々自適のお隣さん。
井戸も設置しました。
a0157159_2038525.jpg
おお 素晴らしい。
電気が止まろうが関係ない。

ミニトマトがもうお仕舞いだから 好きなだけ採っていって と言われて
いやー 採った食った食った食った。
こんなにうまいトマト食ったことがない。
極上の味わいです。

もう 来年トマト作りに挑戦しようかしら と思うくらい。
マフィアの大親分 ドン・コルレオーネも晩年は畑仕事をしてましたっけ。
え?
ゴッドファーザーの話ですがね。


そんな時代錯誤の映画の話なんかしなくても
あんなにうまいトマトが食えるなら 開墾遊びも気合が入りますね。

そうじゃない
事務所を作るんでしたね。
いけないいけない。

明日もやります。
では。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-08-28 20:48 | 海岸屋ふーの流儀 | Comments(0)

訃報

今日も暑くなりそうですね。

名残惜しい夏・・・ではありますが
ダメージが蓄積しているときには
あなどりがたい影響が出ます。

気をつけていきましょう。


さて 表題の訃報。
このブログにも よくコメントを入れてくれていた友人
出越君が昨晩亡くなりました。

彼は筋ジストロフィーという病気を持っていて
日常 車椅子で生活している人でした。
障害者 という言葉をとても嫌っていましたのでそうは言えませんが
今年1月で54歳、 筋ジスの人としては驚異的に長生きだと思います。

そう
いつまでもいてくれるような気さえしていたんですが。


彼は人に圧迫感を与えるようなところがなくて
誰からも でごっちゃん と呼ばれて親しまれ
けれども 強靭な精神力でまわりの人を支えてきました。
そう
私も支えられてきた一人です。

強靭な精神力 などと言うと
彼を知る人からは不似合いな言葉と思われるかもしれませんが
彼の境遇を自分にあてはめて考えたとき
同じように生きていくことができる人がどれだけいるかと思うと
彼の大きさがおぼろげながらにも理解できる気がします。

おごらず
声高な主張をせず
卑屈にならず
ひがまず
おもねらず
いつも自然体で

歌をうたうこと
詩をつくること
友人をふやすことに喜びを見出していました。

でごっちゃん

でごっちゃん

私はあなたに救われたんです。
そして支えてもらっていた。
こんなに急にいなくなるなら
それをちゃんと伝えたかった。

この世は誰にとっても苦しみの檻だけれども
あなたの場合はひとしおそう思います。
思い通りにならない世界をはなれたでごっちゃんが
今やすらかな気分だったら と望みます。

でごっちゃん
そこからこっちが見えますか?

私はもうしばらくこっちにいます。
そこから時々にでも気にかけていてください。
そうやって今までのように私を支えてください。
いつか そう遠くない時期にそっちに行くでしょうから
そのときはバンド復活で歌をうたいたいな。

あなたが蒔いた種は大きく育って
世界中に広がっていくと信じています。
誰しもが平等に生きられる時代を。

合掌。

by kaiganyafoo | 2012-08-28 09:19 | Comments(1)

グランドキリン という名のビール

みなさん お疲れ様です。

家で てへぺろ と言ってみたら
次男に そんな事言っちゃいけない とたしなめられた海岸屋です。
いけないらしいです。
みなさん御用心下さい。



さてこれ
a0157159_21142583.jpg
ビール。
グランドキリン という名前だそうです。

セイコーの時計で グランドセイコーというのを連想しました。
あと 三菱自動車で出していたディアマンテとか。
つまり
相当の自信作ってイメージですね。

写真 もういっちょ
a0157159_21205139.jpg
セブンイレブンで売ってます。

330ml
238円

いつもまったく酒を飲みませんので
高いのか安いのかわかりません。
タバコより安い・・・よね?

まー 能書きはいいですね。
味です。

濃いです。
苦味もつよい。
なんか 腹にたまる というかパワーを感じます。
ドイツのずっしりしたパンのような。

アルコールは6%
高いね。

アサヒはスーパードライで天下をとりましたが
海岸屋が酒の問屋に勤めていたころは ビールと言えばキリン。
30年くらい前の話ですが。

想像だけど キリンはドライの次の時代は こんなビールが来る と思ってる気がする。
多様化するってのは前提だろうけど、ビールらしいビールが増えるだろうと。

味だけではなくて 姿勢を含めた質  それが問われる時代。
それが来るだろうな と。
いや来て欲しいな と。

でもね
いつも思うけど 酒とか食品とかの世界は進んでいるよね。
建築は遅れている。  20年くらいかな。

地酒ブームが来て20年ってたったかな?
地元の工務店ブームは・・・こないか・・



いけね
ビールの話です。

結論はね お勧めです。

ごくごく飲むスタイル 
夏スタイル 
ビアガーデン大ジョッキよろしく!・・・・とは違って
ゆっくり飲んでください。

これから秋になっていったら なお似合うかも。

で、海岸屋、
ちょーしに乗って一本飲んだら
息が切れてハアハアしちゃって すぐ寝ました。
あぶないあぶない。
まだ2本残ってるけど どうしようって話だ。
へんなオチですまんね。

ではまた明日。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-08-27 21:53 | 食べ物 | Comments(0)

槍鉋やら玄翁の柄入れやら

ええ
久々の道具ネタです。

日曜日だし。

アレです
このブログってやつは どんなキーワードでアクセスしたか とか
どんな記事が読まれているか とかわかるんですよね。
すると
この 海岸屋ふー通信は 圧倒的に道具ネタで読まれていることがわかります。

うーむ
いやしくも工務店のオヤジとしては
営業目的でブログをやっているのだ と信じたいところなんですが
全然そうはなってない・・・ 残念。



フェイスブックにも載せた この槍鉋。
a0157159_17345766.jpg
もー ずいぶん前です。
これがウチにきたのは。

千葉の街中にあった道具屋さんが
もう店じまいをするから というので譲ってもらった道具なんですが
本当に使えるものかどうか 店のおやじさんもわかってなかった。

銘は 左市国。
a0157159_17405586.jpg

小松川かどこかの鍛冶屋さんで 長谷川藤作さんという方の本銘だったはず。
弘正銘の鑿などを作っていましたね。
大正も早い頃のお生まれですから もうお辞めになってます。

実はこの形 フェイスブックでは指摘されましたけど
今はやりの形ではない。

もっとぐっと反りが強くて
表側(上だね)は平らに作ってあるのが 今風。
昔 削ろう会に行ったとき 舟弘さんが槍鉋を差し出して
「今度はこんな形にものを作ってみたんだ」 と言っていたのを思い出します。
そう
平らな砥石でも研げるから 研ぎやすいんですね。

たぶん 西岡常一さんが作ってもらった初期のころは
こんなかたちの槍鉋だったはずなんです。
この槍鉋にあわせて砥石の形をつくる ということ。
カマボコ形にね。

チョウナよりももっと希少種の道具ですから
めったに見かけることもないものでしょうけど
それでも改良するところはある。
ねえ
手道具の可能性ってまだまだ先がある と思いませんか?

それから玄翁の柄入れ
a0157159_1752869.jpg
銘は 正行。 100匁。
玄翁の横ッ面で叩いて柄が折れちゃったので 本日すげなおし。
横向きに叩くと そりゃ折れますって。
加減しなくちゃね。
a0157159_17542996.jpg
道具はこれだけ。
所要時間は5分。早っ

A木君とか先輩とかが 
カシラのツラいっぱいまで打ち込まないのが粋だ と言うもんで
真似をしてやってみました。
a0157159_17591143.jpg
どう?
粋?
正直 わかんないんですけどね。

ただ
ネットで買った玄翁の中にはこの仕込みをしているものもあって
それは抜けやすかったです。 よくないよね。
だから 絶対抜けない という気概ですげたんですけどね・・・。

えーと
天井近くの棚に3年くらい乾燥させておいた柄で
固すぎるくらい固く仕込んだ ってだけなんだけど・・。

自分ですげた柄は 緩んだことはあっても 抜けたことはないわな。
(私の記憶が正しければ、 だけど。 あてになんないけど。)

抜けたことはなくても折ったことは何度もあるから
髄線が柄のはじからはじまで通っているのが海岸屋の好みです。
折れるときは髄線に沿って折れるからね。
なかなかないんだ そんな柄は。

今日は道具の話だけだったけど そんなとこです。
また明日。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-08-26 18:16 | 大工道具 | Comments(0)

換気扇の位置を

みなさん お疲れ様です。
土曜日でお休みだよーん という方
ゆっくりなさってますか。

もちろん海岸屋は仕事。
エアコンのある車(キャラバン 走行距離234000km)に乗ってるのに
夕方になると外気で十分涼しい。
ちょっと残念。

まー
稲刈りも始まったからしょうがないか。
a0157159_2131996.jpg
ねー 見渡す限りたんぼ。
これ 全部食べ物でっせ?
しかも何十年も作り続けられる。
なんて画期的なんでしょう。

この全部の面積に 高低差だけで水を行き渡らせるってのもすごい。

こんなにすごい事をしているのに
金銭的にはむくわれないってのが ある意味一番すごいかも です。(皮肉です。)


えー
換気扇の位置を でしたね。
これです。
a0157159_21363369.jpg
ええ
いつもやる実物大検討。
ワークトップの奥行きが650mmで高さが870mm
換気扇本体の下端が1620mm
先端が1700mm どうだ?
頭に触れるのか? うっとうしくないのか?
スイッチに手は届きやすいのか?云々。

あれ?
わからないすか?
白いのが換気扇(のつもり)なんだけど。
他のみなさんは こんな寸法の検討はどうやってるんだろうなぁ・・
と 思いつつこの前に立ってスリッパを履いたり背伸びをしたり。

ま 現場も後半戦 こんな検討をたくさんやってます。
そして現場に行って それを落とし込む・・・

a0157159_21495218.jpg
こんな本を買ったので
現場のついでにうまい店に寄れればいいな とかなんとか。

さて
明日は余命わずかな我が事務所に来客です。
はりきっていくぞーい

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-08-25 21:54 | 工事 | Comments(0)

安藤忠雄 仕事をつくる

みなさん お疲れ様です。

今日もすばらしくいい天気。
一日打ち合わせをしていた相手が
「あと1ヵ月くらいこんな天気がつづいてもいいなぁ」と言ってました。

同感です。
夏バテしたくせに ってのは まあしょうがないね。
好きと得意は違うからね。


さて 「安藤忠雄 仕事をつくる」
a0157159_20532635.jpg
読みました。
安藤さんの本はけっこう何冊も読んでますが、
この本は総集編的な雰囲気がある。

なんでなのかと思っていたら アレです、
日経新聞の「私の履歴書」 これのまとめなんですね。
なるほどなるほど。

日経新聞を読む読者に対して書かれています。
つまり
建築について 興味とか関心がない人にでも
わかりやすく おもしろく読んでもらえるような
そんな切り口で自分を書き綴っています。

建築家というのは技術者ではなく 
むしろ芸術家だったり さらに思想家だったりするんでしょうから
文章を書くのも仕事のうちなのかもしれませんが、
対象となる読者に応じて内容や語り口をアレンジできるのは
大変な能力だと言えると思います。

安藤さんの能力がすごいのはそれだけではなくて
財界人や文化人の人達にかわいがってもらえるところ とか
彼が用いている建築手法が文化や国の違いを超えて説得力を持つ とか
精神的にタフで、不安を傍らに置きながらもチャレンジを繰り返せる とか
前向きなヒューマニストである とか

まー 言い始めたらいくらでも出てきますね。

この本はそんなところがしっかりと書かれています。
ですから
むしろ建築業界以外の人にお勧めの本です。

建築家として成功するためのノウハウ本 でもいいかな?

そう簡単にまねできることは何もないんだけれど
でも
モダニズムの可能性を信じている安藤さんが
今でも世界的な建築家たりえている現状は
ポストモダン以降を生きている若い建築家達に
はっきりとしたメッセージを送っているよね。


今日はそんなとこです。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-08-24 21:22 | 読んだ本 | Comments(0)

夏バテ

みなさん お疲れ様です。

数日ブログの更新を怠ると
「具合が悪くなったに違いない」
と 思われている海岸屋です。

まあね。

昼は土蔵の解体工事をして
夜は地域の盆踊りの準備をして
さらにその後は慰労会と称して飲み会 カラオケ・・
(吉田拓郎とかアンルイスとか時代がねぇ・・)
ええ だいぶお疲れモードでございました。

で ここんとこ安静にしてました。
え?
人はそれを夏バテと呼ぶ?
うーーーん 却下!

さて そんな事を言っていても朝晩は涼しくて虫も鳴いています。
今日は処暑。
「暑さもようやくおさまり、朝夕は初秋の気配がただよいます」 だそうです。
おまけの写真は涼しげな写真を。
a0157159_2157171.jpg

a0157159_21575810.jpg

a0157159_215906.jpg
この流しそうめんは長かった!
ま そんなわけでまた明日(ホントか?)

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-08-23 22:01 | 季節のはなし | Comments(0)