海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
どんな自宅に住んでいるか..
by kaiganyafoo at 08:45
何故か 非公開コメントに..
by 余計なお世話かも at 21:07
確かにその方自体は友達で..
by kaiganyafoo at 08:53
余計なお世話かも さん ..
by kaiganyafoo at 01:34
通り土間さま 力強いお..
by kaiganyafoo at 01:17
ただいま帰ってまいりまし..
by 余計なお世話かも at 21:06
お疲れ様です。 通りす..
by 通り土間 at 19:42
刻み推しさま 本当に、..
by kaiganyafoo at 23:33
素晴らしい
by 刻み推し at 20:36
スパナさま ありがとうご..
by kaiganyafoo at 00:43
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧


昔の棟梁に会う

みなさん お疲れ様です。
なかなかにいろいろな海岸屋です。
意味わかんないっすけどね。




さて 古民家の仕事 屋根工事終盤です。
瓦をすっかり下ろし終えました。

杉皮のあいだから出てきたのがこれ
a0157159_22131249.jpg

裏側
a0157159_22143051.jpg
昔の棟梁が使ったんでしょうね。
ちなみに これは墨差し(すみさし)と言って
大工さんが墨壷と組みで使う筆記用具の一種です。

左側で細い線を引いて
右側で字を書く。

なんでこんなものを載せるかというと
この墨差し とても形がいいから。

ベテランの大工さんと海岸屋とで
「腕の良さそうな大工さんだなぁ・・」と 同じ感想を言いました。
ええ
とってもセンスがいいです。

今はもう 墨差しを作ることも使うことも あまりありません。
古い道具好きの海岸屋も ここ何年も使わないし
ずいぶん長いこと作ってません。

そうです。
墨差しとは 買うものでなくて自分で作るものなんです。

先輩の中には 正月二日には必ず墨差しを作る という
昔からの習慣を守っている大工さんもいます。
それを聞いたときに 「かっこええー」 と思ったもんですが
時代の流れが速くて その習慣の値打ちに気づく人は もういないのかもしれません。



海岸屋の地元で5代続いた宮大工の親方が 昨日亡くなりましたが
あれだけの技術 資料 道具 見識 数々のものが絶えてしまいました。
海岸屋の気持ちのなかでは
とうとうやってきたんだ というふうに見えています。
それは
大工という生き方の滅びです。

暗い話ですし 長くもなりそうなのでやめときますが
大工に家を建ててもらう という事ができない時代になっている
そう感じます。
そしてそれは とりもなおさず 
私達がはっきりと貧しくなっていく という事なんです。


明日は日曜日なんだし
あんまり深刻にならないでおきましょう。
話の始まりは 一本の墨差しだしね。

ではまた。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-06-30 22:37 | 工事 | Comments(10)

日本橋を見る

みなさん お疲れ様です。
雨が降る しかもよこなぐりの雨が・・
と言われてたわりに大丈夫でしたね。
まー
よこなぐりとか タコなぐりとか 良くないですよね。
(タコなぐりの雨なんかない? ええごもっとも)




さて いささか古くなったかもしれないけど 日本橋の話。
a0157159_21383378.jpg
はい、 この橋が日本橋です。
どっちが・・って もちろん下の橋がそうです。
上に架かっているのは首都高でしょうか。

でね、
この日本橋って橋は みなさんご存知でしょうけどただの橋じゃない。
日本国中の道路と言う道路は みなここを基準にしている。
いわば 道路の中心 ヘソでございます。
日本で一番有名な橋といってもいい。

なのにだ
ちょっとナメてないすか これ。

高速道路 低!

もうちょっとリスペクトというかなんというか
ふさわしい扱いってものがないんすか。

これはこれでかっこいいじゃん って人もいるようです。
サイバーシティトウキョウってかんじなのかな?
意味わからずに言ってるけど。

でもね
もしこれがかっこいいとしても
それは認めたくないな 海岸屋としては。
だって 最初から狙ったわけじゃないんだよ そのかっこよさって。
一歩譲って まぐれ当たりでしょう。
建築景観的にも都市計画的にも敗北だよね?

どうしてこんなことするかなぁ・・

じゃぁ 高速道路 取っちゃいましょう って話もあったよね?
海岸屋は基本的にそれには反対。
傲慢なかんじがするしな。

これなんかもかなりひどいね。
a0157159_2263354.jpg
ラジオでよく聞く江戸橋。
こんなに覆いかぶさってたんじゃぁ頭がつっかえそうです。

すくなくとも 町を美しくしようなんてぇ気はないのがわかりますね。

ここで問題。
これを いったいどうしたらいいんでしょうか。
みなさんも考えてみてください。
ええ
今日も尻すぼみで また明日なんだな。
竜頭蛇尾とでも言っててください。
あんたの頭は龍ほど立派じゃないって突っ込みはナシね。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-06-29 22:20 | Comments(0)

波の伊八

みなさん お疲れ様です。
海岸屋はへろへろだったんですが
コンビニで買ったキューピーコーワゴールドAを飲んだので大丈夫です。
(そんな簡単なもんじゃないかもしれないけど)


さて
今日も屋根工事なんですが
一日曇りの天気で 仕事するのにはありがたいです。
照ってたらもっと大変だものな。
a0157159_21434479.jpg
先が見えてきました。
よかったよかった。

仕上げの屋根材はオンデュリン。(フランス語でっせ)
知ってますか?
海岸屋は知らなかった。
出来上がったらアップしましょう。
50年は持つそうだから余裕はあるんだけど ま 早い方がいいやね。





帰り道に見た神社ですが これ
a0157159_2149518.jpg
睦沢町の八坂神社です。
小ぶりな神社だけど充実してますよ すごく。

龍です。
a0157159_21535916.jpg

波です。
a0157159_21542592.jpg

千葉には 「波を彫らせたら日本一」といわれた 伊八という彫刻師がいました。
これは その三代目の作だそうです。
立派ですね。
でも
左甚五郎どころか 伊豆の長八ほどにも知られてない。
ローカルなヒーローです。

今通っている現場は 
初代伊八の代表作が残る「行元寺」(ぎょうがんじ)が近いんです。
そう 海岸屋ふー通信の写真にも使っている アレ
北斎の「神奈川沖波裏」のルーツともいわれる作品がそこにはある。

行ってみなくちゃいけませんよねぇ・・。
なにしろ 海岸屋なんだし。
大工の先輩方に聞くと みんな一度は行ってるし。

彫刻好きの方は楽しみにしていてください。(いるかな?)
写真撮影は禁止らしいんですけどね。(ダメじゃん)

そんな尻すぼみな展開もご愛嬌ということでまた明日。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-06-28 22:23 | 建物いろいろ | Comments(0)

キツイ屋根

みなさん おばんでございます。
夜中の更新をしている海岸屋です。
ふー


屋根工事をしているんですが
帰ってきたらバタンキューです。(ねぇ 古い表現だよねぇ・・)
すぐ寝て さっき目が覚めました。

風呂に入ったとき見てみたら
足の裏の皮がむけとる!

そのわけは・・・
そうです
屋根の勾配がキツイんです。
体にもキツイ・・・って言ってる場合か!

たぶん6寸以上ある。

今日のメンバー3人の中で
海岸屋が一番若手なのに 
たぶん 一番こたえてます。

そのわけは・・
そうです
体の重さがきいてるんです。

そんなこんなで また明日。

はんなりさんのブログにあった
「鉋減税 鉋補助金」の夢でも見られるといいなぁ・・
こんなエコな加工方法ないよねぇ・・

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-06-28 00:56 | 工事 | Comments(0)

屋根から瓦を下ろすのだ

みなさん お疲れ様です。

「お伊勢さんに行ってきたんだったら きっと良いことありますよ」 と言われて
あらためて 良いことって何だ? と考えている海岸屋です。

仕事が切れずにずーっと続くことかな?


さて
梅雨の中休み
瓦を屋根から下ろします。
a0157159_2295616.jpg
いいなぁ・・・ このはしご。
瓦屋さんしか持ってないよねぇ・・
a0157159_22113030.jpg
下ろす。
どんどん下ろす。

下地は杉皮。
海岸屋みたいなデブは怖くてのぼれません。
瓦屋さんはみんなスリムです。

下ろした瓦は選別して積む。
a0157159_22151194.jpg
左側から ヒモマル ヒモノシ ヒラガワラ カラクサ です。
教わったばかりだから言える。


雨養生にブルーシートを張って終了。
a0157159_22184088.jpg
「しらとりは悲しからずや海の青 空の青にも染まず漂う」 
あ 関係ないっすね。
海岸屋が詩人だったらなんか詠むところかもしれない。

中から見るとこんなかんじ
a0157159_222146100.jpg
青く染まって明るい小屋裏。(プロは天井裏なんて言わないんだねぇ・・)
しっかりとした いい梁組みです。

ちなみに 今日の現場は もーのすごいホコリでした。
もし都会だったら 警察だか役場だか知りませんが
誰かがきっと来たでしょう ってくらい。

ねぇ
ホコリたかい現場だったんですよ。
早く風呂にはいんなくっちゃ。
ブログなんか書いてる場合じゃない・・・(おっとホンネがむにゃむにゃ)
では
そういうわけでまた明日

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-06-26 22:28 | 工事 | Comments(0)

かまど好き

みなさん お疲れ様です。
もう 今日の海岸屋はけっこうギリギリです。
何がギリギリかって言うと まあいろいろと。


わけわかんない事言ってないで
本題のかまどです。
a0157159_2210501.jpg
うーん すごいな。
実用品なのかどうか・・。
左官屋さんの腕もすごいですね。

a0157159_2213839.jpg
これは 実用品っぽい ですかね。
ただ 煙突がついてないと煙はどうなるのかな?
もう モクモク?

a0157159_22162197.jpg
きたきたぁ!
こんなかんじのかまどがすきです。
働いてそうだしね。

a0157159_2219257.jpg
これはどこのかまどか 知っている人は知っている。
究極の見せかまど だね。
(見せかまど なんてぇ名前はないって?)


でもまあ
かまど 大好きです。
いつかは作ってやろうと思ってるんですけど
なかなか情報がない。

求む!情報!

よしよし
これで全国数千人の海岸屋ふー通信ウオッチャーが
きっと情報を寄せてくれることであろう。 うむうむ。

それではまた明日。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-06-25 22:24 | Comments(4)

神宮です

神宮です。
a0157159_2320516.jpg
a0157159_23221448.jpg
まあ コメントはしませんが
勉強になりました。

また機会があればアップします。
きょうはもう おやすみなさい。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-06-24 23:24 | 建物いろいろ | Comments(0)

瓦屋根の工事あれこれ

みなさん お疲れ様・・ですか?
週休二日の方 いいお休みですか?

まー建築業界の方 特に現場担当の方は
普通に仕事でしょうけど・・・

海岸屋の住む地域では 祝祭日も仕事しますね。

この業界で働き始めたのは30年前の
東京の土木系の会社でしたけど
休みは隔週日曜日のみ夜間工事あり 
残業は月に100時間で打ち切り という・・・ まあ昔話はやめときます。


さて 屋根工事をしてても 雨が降ると停滞します。
晴れた日に屋根に上ると こんなかんじです。
a0157159_21413928.jpg
おなじ平屋でも 大きいと高い。
すごく見下ろしているのがわかりますか?
上から目線ですけど いばっているわけではないっす。

一番高いところはこんなふうです。
a0157159_21462421.jpg
鬼瓦とか 単にオニとか言いますが 鬼の顔ばかりではない。

ここは品良く波模様で納めています。
火伏せの願いをこめたんでしょうか。
ねー
いばってるわけじゃないでしょ?

今の瓦は 焼成温度が高いし
釉薬をかけて焼くから風合いが違います。

焼きムラがあって 多少は水も浸み込む昔の燻し瓦が
見た目のことを言えば 一番好きです。

ためしに裏を見てみる
a0157159_2154934.jpg

a0157159_21544599.jpg

一枚目は 真空 で 〇の中の遠 かな?
静岡産かな?
二枚目は 大和で サクラのマークの中に瓦の字。

そう
いろいろまじっているんです。
輸送手段が今ほどでなかったころは
水運でもない限り瓦みたいな重いものを運ぶのは大変。

地元の瓦を使うことが多かった とも聞きます。
当然 地方色がゆたかになりますね。

いいなぁ・・
そんな風景。

さて
おまけの写真は瓦屋さんの道具
a0157159_21593214.jpg
なんだと思います?
現代の瓦の本場 三州の職人さんの持ち物だったらしいです。

「屋根土とか 粘土を入れて上ったんだ」 と言ってました。
ただ
「ずいぶん重くてね」 とも言ってて
今はちりとりとして使っているようでした。

瓦の丸みとおなじ形なんで
うまくごみがはいるんですね。

使うあては全然ないけど 正直、欲しいと思いました。
だって かっこいいよね?

えええ?
かっこよくない? そ そんな・・
ええ?
マジで?

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-06-23 21:33 | 工事 | Comments(0)

鞆の浦

みなさん お疲れ様です。
けっこうな雨が降りましたね。

古民家の現場は停滞するし
市川の現場は地面が陥没するし
まあ いろいろおきます。


さて
今日の話は 鞆の浦。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120622-00000012-mai-soci
ヤフーのニュースを見てびっくり。

広島県は 鞆の浦の埋め立てを撤回しました。
藤田前知事は 裁判の判決が出ても
「公共事業への影響も甚大」とか 訳のわからないことを言う人でしたが
現職の湯崎知事は違いましたね。

いったん動き出した公共事業を止めることができるなんて!
しかもその主な理由が「景観の保存」です。

うれしいです。
海岸屋 ひさしぶりにうれしい。

この流れを作った人達と
広島高裁で判決を出した能勢裁判長。
ありがとうございます。
あなたたちこそ 真の文化人だと私は思います。

あとはアレです。
福山市長の羽田サン
彼だけです。

一時の景気浮揚に目がくらんで
歴史的な景観を破壊することの愚を犯さないで欲しいんです。
どんなにコンクリートをたくさん使っても
それが幸せにつながったりしないんです。
後世に悪名を残して欲しくない。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-06-22 19:53 | Comments(0)

土壁をこわしたり・・・

みなさん お疲れ様です。
今日は夏至です。

一年中で一番 日が長い。
いいね
心置きなく仕事に専念できますね。(などと言ってみる)

それから海岸屋の誕生日でもある。
53歳になりました。

若いほうがいい と思っている人がたくさんいると思いますが
海岸屋はそうは思ってない。
歳をとったほうがいいってことは たくさんあります。
若いみなさんは それを楽しみにしていてください。
なってみなくちゃわかりませんって。


さて
きょうは多少の解体工事。
土壁を壊したりしてました。
a0157159_2316658.jpg
N大工さん。
山から人力で木材を搬出してたときのこと とか
ヤマガ という材料で鉋の台を作った話とか
玄翁の柄にしろ といってウシコロシの木をくれたり とか
いろいろと教えてもらうことが多いです。

ちなみに今日の話は 鋳物工場で働いてたときの話でした。

脱線。
a0157159_2322747.jpg
はい 土壁の下地。
小舞ですね。

丸のままの篠竹が縦には3本
横は尺2寸くらいおきに入ってます。
割った竹はそれに留めてある。

いつかは土壁をやってみたくて
いろいろと気にして見てみるわけです。
仕事しながらこうやって勉強できるんだからありがたい。


おまけの写真はスイカ。
a0157159_23463032.jpg
知り合いにもらいました。
早く食べないとな。
ご馳走様です。
では
また明日。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-06-21 23:48 | 民家 | Comments(2)