海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
公式サイト
最新の記事
最新のコメント
これは砥石が柔らかいから..
by kaiganyafoo at 22:01
先日、初めて縦研ぎで 鑿..
by 余計なお世話かも at 21:24
ブログへの コメント あ..
by soken-t at 00:52
soken-tさま こ..
by kaiganyafoo at 20:03
丁寧な 回答 ありがとう..
by soken-t at 13:45
soken-tさま は..
by kaiganyafoo at 23:45
初めて コメント させて..
by soken-t at 21:09
ありがとうございます! ..
by kaiganyafoo at 00:33
技秀の刃は標準刃でも逆目..
by toshikane at 22:08
tosikaneさん ..
by kaiganyafoo at 18:55
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧


雨漏り

みなさん お疲れ様です。

今日の千葉は強風です。
雨もざあざあふりましたが 
この雨がさくら起こしになるかも とのことでした。

さくら起こし という言葉は知らなかったな。
食べ物じゃないよ。



さて
雨漏りです。

連絡を貰って現場に行きました。
a0157159_21391535.jpg
これは屋上への出入り口。
経験のある人はわかるでしょうが
雨漏りを止めるのはけっこう難しい仕事なんです。

そしてこれはその中でも けっこう難しい方でしょう。
一見してあやしい箇所がいくつもある。

ここのお宅はまだ10年経ってないんですが
建てた工務店に雨漏りの連絡をしたところ、
防水屋さんがきてコーキングをして帰って
その後 何十万だかの請求書がきたんだそうです。

海岸屋は そういう話ははじめて聞きました。
どう考えていいのか全然わかりません。

この写真にも 住んでいる方が自分でコーキングをしたところが写っていますが
これはあくまでも応急処置であって、プロはこんなことをしない方がいい。

なぜならじきに再発するから。

そう、コーキング材の劣化はけっこう早くて
ペンキを塗って保護をしないとそんなに持ちません。

とは言っても 海岸屋が出す見積もりも
上 中 下 と三種類くらいあるものの、
「お金がないから 簡単にやってください」 と言われて
「下」のコース コーキング処理 というケースも多いんです。
やりますけどね
しょうがないから。


でも、ここは最初からお客さんが「上」のコースをご希望でした。
それは
外壁を剥してしまって 下地からやりなおす というもの。
確かにそれなら雨漏りはなおります。
っていうか
なおさなくちゃね そこまでするなら。

しかし・・・

やっぱり納得いかない気分が残る。
いいのか?それで。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-03-31 22:29 | Comments(0)

サクラ

みなさん お疲れ様です。
海岸屋は昨日 見積もりの追い込みがあって
けっこうな夜なべ仕事をしたものですから 今日はリタイヤです。

上から
長光寺
吉高
芝山 です。
a0157159_1942227.jpg
a0157159_19421519.jpg
a0157159_19422741.jpg


では お先に。
また明日。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-03-30 19:43 | 季節のはなし | Comments(0)

ギャラリーで洋服を買う

みなさん お疲れ様です。
もう 昼間に車の運転をしていると暑いくらいです。

といっても海岸屋はあんまり元気がなくて
ヤンキーセンスのジャンバーを着て歩いてるんですけどね。
ダイエットしてると寒いのか?

さて 警察に行ったり 法務局に行ったり
銀行だの市役所だの・・・
まあ なんでこんなに雑用が? と思いますけど
次は海岸屋の決算がやってきますし。




そんな雑用三昧のなか
今日はギャラリーTenに。

現場で これを作っていました。
a0157159_22543592.jpg
これはステンレスの2mmのワイヤーで作ったもの。

測って 切って まるめて かしめる。

これを何に使うかというと こう使います。
a0157159_2315961.jpg
天井につけておいたフックからこのワイヤーでパイプを吊って
そして大量の服を下げる。

ギャラリー、服屋さんになっちゃったのか? と言えば
期間限定でそうなります。 です。

展示される服は mon Sakata。
海岸屋は衣服に疎いのでわかりませんが
長南町の「as it is」 とか
目白の「古道具 坂田」 とかで知られるサカタさんです。
あ、 奥さんの敏子さんです。

例えばこれ
a0157159_2314914.jpg
丸い襟の合わせ目が 少し離れているのがおしゃれさん   らしく。

会期は4月1日からの一週間。
どうぞお出かけ下さいな。


はい
ではまた明日。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-03-29 23:21 | お店 | Comments(0)

西岡常一の映画 その2

みなさん お疲れ様です。
いい天気なんですが
もしかすると花粉 全開なんでしょうか。

はっきりとした花粉症です と 耳鼻科で宣告されましたが
あまり自覚できてない海岸屋です。
薬も飲まない マスクもしません。
「ど清潔を避ける」 という消極的な対策を取っていますが・・・




さて 西岡常一さんの映画を見て
いろいろと考えたんですが
もうひとつ。

「大工の究極とは 宮大工である」

これ どうですか。みなさん。

たぶん 普通の家を建てている大工さんより
お寺 神社を建てている大工さんの方が 技術が上 と
考えられているのかもしれないと思います。
大きいものを建てますしね。

でも まあ 「これも間違いだ」 ということにしておきましょう。
実際は 
個人差が大きくて比べられない というのと
守備範囲が違うので比べても意味がない 
という
当たり前すぎて面白くない話でしかないんですが。

そして 「どういう大工さんが うまい大工さんなのか」 という
ごく初歩的な質問にだって たいていの人は答えられません。
「最近の大工の技術は下がっていて・・」 と言ってる人でも同じです。
そう言ってても具体的な指摘ができる人には会ったことがない。


さて なぜ西岡常一さんが
あんなにも有名で そして人気があるのか。
これとこの問題はつながっています。 (どれとどれだ?)


それはイメージ ということ。

曰く 伝統の技術に立脚している・・
曰く 電動工具が災いして・・
曰く 槍鉋で仕上げた木の表面は・・
曰く 金物は・・

たくさんのイメージが いろいろな媒体で翻訳されて
みなさんのところに届きますが
そして それはわかりやすい内容と
キャッチーな題名がついていますが
でも
それは本当のことでしょうか。

あからさまな ウソは少ないでしょう。
でも
口当たりが良いように「意訳」されていませんか?


それが 直接かかわりのない宮大工さんの話ならば 実害はありませんが
自分の家を建てるときにそれではうまくない。

ハウスメーカーがいい とか
外断熱は欠かせない とか
釘打ち機だからダメ とか
金物は嫌い とか
思い込みで話をしている場合が多いと思います。

毎日その問題に直面しながら仕事をしている人でも
そんなにわかりやすく 言い切れることばっかりじゃない。
いい場合もあり
ダメな場合もあり。

ね?
西岡常一のすごさだって そんなに簡単にはわからないです。
口伝だって槍鉋だって 本当のところまで理解が届いているのかどうか。
それだってごく一部でしかありません。



いやー
昨日今日と のうがきばっかりだったな。
申し訳ない。



最後に 今まで聞いた中で心に残ったお返事

いい大工さんとは?
「考える大工さんです。」 久保さん
「入ったときに いい雰囲気がする部屋を作る大工さん。」 信井さん


ではまた明日。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-03-28 20:47 | Comments(2)

西岡常一の映画

やー
いい天気ですね。
白子の川津桜も満開です。

東電のでんこちゃんがリストラなんだそうですが
(東京電力のマスコットキャラクターです)
もっと別の人をリストラした方がいいんじゃないですかね。
好きなんだけどなあ でんこちゃん。


さて
西岡常一 知ってますか?
海岸屋は会ったことがない。
a0157159_22224246.jpg
この映画 最近見てきました。
千葉ではあまりお客さんが入らなかったのかな・・・
a0157159_22245061.jpg
すごくすいてる館内でしたから 真ん中でばばんと見ましたが
内容は 今まで見たことのあるものが大半でした。

というのは 
既存のビデオを再編集して作った部分が多い映画らしく
確かに知っている場面がほとんどでした。

つまり
海岸屋は ビデオでも本でも
西岡さんの出ているもののほとんどを見ている ということです。

あんたも好きね というかんじですかねぇ・・・


で、
よく言われていることですが
「釘を一本も使わずに云々」 というセリフ。
もうやめませんか。
そんなことを言う人は 必ず知ったかぶりの素人さんです。
そんなセリフに意味はない。
この映画の中でも しっかりと釘を打っています。

「金物を使うと錆びてしまって逆に木を傷める・・」
このセリフも変です。
金物が錆びてしまうほどの湿気があるなら
いずれ木だって傷んでしまいます。

現代の住宅では
木材の敵は金物ではなく 湿気 結露です。
戦う相手を間違えてはいけない。

金物も釘も普通に使って
丈夫な家を建てたほうがいいと思います。
ただ
金物を使うからといって
継ぎ手仕口の加工をちゃんとしなくてもいいか というと
それではいけませんね。
それでは手抜きと言われてもしょうがない。

今の住宅の大半は継ぎ手仕口 どころか
刻み加工そのものを手放しているから
そんなセリフも的外れですけど。

予算と見識のある方は
伝統工法でも 土壁でも 
高気密でもパッシブソーラーでも
挑戦なさればいいと思いますが
ほとんどのお施主さんは そうじゃない。

そこに難しさがありますね。

さて、話半分 といったところですが 今日はこのへんで。
また明日。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-03-27 23:00 | Comments(2)

世界基準のいい家を建てる

みなさん お疲れ様です。
今日の千葉はドラマティックな夕焼けで
思わず西方浄土に旅立ちそうになってしまいますね。
そんなことないか。

そんなこの頃の季節でも
断熱材皆無の海岸屋の自宅では
明け方の冷え込みを寝てて感じます。
ええ
ひらたく言って寒いんです。

グラスウールのチクチクするのが嫌いで
入れなかったんですね 断熱材。

そんな住宅は この本の著者から言わせれば
言語道断なんでしょうね・・・
a0157159_203435.jpg
「世界基準のいい家を建てる」 だそうです。

ここで言う世界とは 主にヨーロッパのことで
基準とは そこの省エネ基準のこと。

断熱の悪い家というのは
エネルギーダダ漏れ住宅で
もう 犯罪的!(とまでは言ってない)

確かに断熱気密を行うための建材や技術は
ここ何年かで大きく進歩しました。
オール電化住宅なのに 売買電力の差し引きがゼロになる
いわゆるゼロエネルギー住宅を作れる工務店も出てきています。

海岸屋の好みとしては
それらの建材を 脱石油化学製品化できればいいな というのと
それから 経年劣化をどう考えているのか知りたい というのとがあります。

温度などの室内環境が一定な住宅で
子どもたちがどう育つのか
大人たちがどう老いていくのか という点は
いくら考えてもわかりませんから 
実際に住んでみて確かめるしかないんでしょう。

それがわかるころには
海岸屋はヒートショックで倒れているのか?

傾向としては はっきり古いもん好きの海岸屋としては
こんな本を読んだりして勉強はしておきますが
実際の仕事でそれをするか ということについては
しばらく慎重に見ておこう という態度です。

高気密 高断熱
どうなんでしょうか。長期的に見て。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-03-26 20:25 | 読んだ本 | Comments(2)

スローフードか? 国分寺のデメテル

みなさん 家でゆっくりしてますか。
今日は造物主だって休んだ日曜日です。
こころ正しいキリスト教徒じゃなくても休みましょうね。

海岸屋が作業場に出てくると (オイ!)
空にはでっかい雲が。
a0157159_20131587.jpg
雲なんてモノはだいたいが でかいもんなんでしょうけど
今日の雲は「でっかい!!」ってかんじがしたんだよね。


さてこのあいだ立川 という東京の向こう側に行ってきたんですが
その帰りに国分寺の駅前の店で昼ごはんを食べました。

その名は デメテル。
a0157159_2018880.jpg
外観からではいまいちわかりませんけど 
中に入ると年季の入った店だということがわかります。

そしてナラの無垢のフロアー
左官仕上の壁
木製で手作りであろう本棚 などを見ると

「ん?んん?」 と
海岸屋のアンテナにひっかかるものがあるんです。

出てきたデメテル定食はこれ
a0157159_20225795.jpg

特筆すべきは この玄米ご飯。
a0157159_2024224.jpg
心眼をもって見れば このご飯がタダモノではないことがわかるはず 
って無理か。

実は海岸屋は子どものころも 結婚してからも
かなーり長いあいだ玄米を食べてきました。
だけど
こんな玄米ご飯 いっぺんも食べたことない。

びっくりです。
ちょーびっくり。

思わず 店の人に尋ねました。
そしたら・・・

店長と呼ばれている女性が出てきて
秘訣とコツと秘密と奥儀を 一生懸命教えてくれました。
むむっ

カブの糠漬けは凄みのある味だし
味噌汁の具はいい煮え具合。
むむっ

漬物は自家製(つまり糠床の手入れを欠かさないってことだ)
味噌汁は注文を受けてから作る


まあ いちいちが理由のあるおいしさ なんでした。
いや
おいしさ ではないかもしれない。
生き方の問題なのかもしれない。



最近スローフードなる言葉がはやっていて
エコでロハスでスロー という動きがある。
でも
デメテルで見せてもらった鍋は30年使い続けたんだそうです。

30年・・


これだから食べ物の連中のやることは油断できない。
30年前の建築って なんですか?
新建材全盛じゃないですか?
海岸屋だって 杉の縁甲板なんか なくなったと思ってたし
外壁にタイルを貼れば高級だって思ってましたよ。

ちなみに
ビールはキリン全盛
ウイスキーはサントリーが全盛
ワインブームもなく
スコッチウイスキーなんて
田中角栄がオールドパーを飲んでる話を聞くくらい。
日本酒は 越の寒梅が少し名を売ったところですか・・

いや
早くはじめたから偉いって言うんじゃないんです。

世間の風潮に流されることなく
自分の価値観を確立してて
それが今でもブレずに続いているのがすごい。

私等もね 見習わなくちゃいけませんね。

建築は遅れてるなぁ・・


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-03-25 20:54 | お店 | Comments(4)

住まい塾の引渡し検査 かな?

みなさん お疲れ様です。

海岸屋は立川に行ってきました。
そう 東京の向こうの方です。
まー
その話はまたいずれ。

今日の話はギャラリーtenの話。
ん?
もうしばらく前にオープンしたよね?
と思ったあなたは正しい。

オープンしてます。
今も鍋つかみ展を開催中。
a0157159_1820586.jpg
はい この色とりどりの作品は鍋つかみ。

鍋つかみも作品なんですが
このギャラリー自体も作品。 住まい塾のね。
だから住まい塾を主宰している高橋先生に
完成ぶりを見ていただかなくてはならないのであった。
なんでこんなに時期が遅いかはさておき。
a0157159_18285598.jpg
高橋先生と ギャラリーオーナー歓談の図。

歓談?
そう 終始なごやかに「完了検査」は進んだのでした。

オーナーのパンツには 鍋つかみが縫い付けてあって
「動く広告塔」になっているし。

高橋先生からは
「良く出来ていて安心しました。」

「良く出来ていて安心しました。」

「良く・・・」 あ もうわかった? くどい?

さすがは海岸屋ふーじゃないですか
ねえ。

a0157159_1835246.jpg

先生に 私がご馳走しましょう と言われて
のうのうと飲み食いする工務店ってのもありませんけど
まあ ご馳走になっちゃいました。

ええ
海岸屋が飲んだのはエスプレッソ。
a0157159_18481615.jpg
飲んだから少ないんじゃないよ。
この分量なんです。最初から。
濃いぞー。

いや
そうじゃなく

思い出深い 初エスプレッソになりました。
きっと30年たっても言うでしょう。
「俺がはじめてエスプレッソを飲んだのは 高橋先生におごってもらって・・・」以下30分略

さて
おまけの写真
a0157159_18535127.jpg
これは一見 綿をぐるぐるまきにしたように見えますが
実際に見るとその通りです。
でも
立派な鍋つかみ。
ね?
見たくなったでしょ?

ギャラリーtenに急げ!!




にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-03-24 21:00 | Comments(2)

地盤調査をいつするのか

みなさん お疲れ様です。

ここのところずーっと現場仕事をしていなくて
居心地の悪い思いをしている海岸屋です。

かと言って営業ができるわけでもなく
事務仕事が早いわけでもなく
どうしたもんでしょうか。


さてわけあって 少し遠いところで地盤調査をしました。
a0157159_20265151.jpg
こんな機械が登場します。
この機械で鉄の棒をぐりぐりと地面にねじこんでいって
どの深さがどのくらい堅いのか調べます。

スエーデン式サウンディングと言って
住宅の地盤調査にはよく用いられています。
費用は数万円です。

問題は この調査をいつやるのか という点です。

① 工事着工前
② 工事契約前
③ 土地購入前

私は工事契約の前にはやらなくちゃいけない と
ずーっと言ってきました。

理由は簡単
地盤調査をしないと 基礎の設計ができないから 工事の金額がだせない。
これだけの理由です。

工事の金額が出せないのに 契約はできませんよね?

実際 契約した後に地盤調査をやって
大掛かりな地盤改良が必要だという結果が出て
それを誰が持つのか という問題が出たことがあります。
海岸屋が勤め人の頃です。

な?
言わんこっちゃないってんだよ。もう。

でも 今回はもっと前
土地購入前に実施しました。

そう
まだ他人の土地 の段階で です。

でも買う方にすれば これは当然かもしれません。
逆に 売る方にすれば あまり嬉しくないかも。

結果が悪かったら と思うとね。

ですから 今回のこのケースは 売り手さんのご好意があってのことでしょう。
こちらも そのデータを外に出すことができません。

本当は土地に地盤のデータをつけて販売するのがいいと思います。
正々堂々とね。

果物だって 糖度〇%と書いてある時代   と
例え話をしようかと思いましたけどやめときます。
何か海岸屋の知らないふかーいワケでもあるといけないから。

あー
でも もう言っちゃったからな。
しょうがない。

これから土地を買う人は 地盤を調べたい と言ってみてください。
地盤が悪いと 地盤改良工事に何十万円もかかります。
(時には百万円以上かかることも)

不動産屋さんは 今日の記事は見ないで下さい。
では また明日。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-03-23 20:53 | 工事 | Comments(0)

基礎工事の山場

みなさん お疲れ様です。
なんだか知らないけど けっこうお疲れモードの海岸屋です。

たいして仕事してないのに なぜ?

「今日はブログもお休みだぁ!」 と思ってたんですが
先週亡くなられた吉本隆明さんが
「書きたいときにだけ書くのはアマチュア そうでないときにも書くのがプロ」
と言われていた と読んで発奮。
ええ
「その文章で収入を得ているかどうかは問題ではない」
そうですし。 発奮。

いや
文章でプロとか 関係ないんですけどねワタシ
たまにあるじゃないですか 方向違いの発奮って。

まー
それやこれやで基礎工事の山場です。
a0157159_20182270.jpg
伝わりますかね?
現場が山盛りになってるかんじ。

ダンプにポンプ車にミキサー車です。
働く車シリーズですね。
男の子は好きかな?そんなの。

そうです今日はコンクリート打ち。

a0157159_20225217.jpg
黒くて太いホースから生コンがどんどん出てきます。
そのホースを持っているのがポンプ車のオペレーターさん。
腰につけている箱がリモコンで、
アームを操作しながら生コンを配っていきます。
多からず少なからず という加減をしながらね。

このオペさんは上手でした。
基礎屋さんはほとんど均すだけ。
スコップもジョレンも使いませんでした。

基礎屋さんの後ろにあるのが バイブレーター。
「密実な」 コンクリートを打つのがいい基礎の基本ですが
バイブレーターはそのためには欠かせません。
これで空気を抜くんですね。
a0157159_20363233.jpg
基礎屋さんが持っているでっかいクシみたいな道具もそうです。
上から突いて砂利をなじませて 空気を抜く。

それからオペさんの足元を見るとわかりますが
鉄筋がしっかりと浮いていて 人が乗ったからって下がってない。
こうするとコンクリートの厚みの真ん中に鉄筋が入って
ちゃんとした構造体としての強度が出る。

地面の上に鉄筋がばたっと置いてあるようじゃダメです。


今の基礎というのは昔に比べて丈夫になりました。
コンクリートの厚みも 鉄筋の入れ方も。

津波が来ても 基礎だけ残るわけです。

まあ 今日は海岸屋の よくわかる基礎の基礎講座でしたね。
解説付きだと現場写真もおもしろい・・・かな?
つまんないか。

では最後にコネタをひとつ。

コンクリートでできているのが 基礎 です。
この上に最初に乗る 木の部材が 土台。

よく 基礎を指差して 土台 と言う人がいますが 違います。
これを間違うと 「ど」のつく素人 という判定を下されますのでご注意下さい。

トラディショナルスタイルの職人さんは
「ど」素人とは本気で話をしてくれない事も多いんです。

海岸屋ふーの現場には
そんな職人さんはいませんけどね。
ああ 宣伝をしちゃった。


では
また明日。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-03-22 20:53 | 工事 | Comments(0)