海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
公式サイト
最新の記事
神楽坂建築塾に学ぶ
at 2017-06-13 20:35
木材との付き合い
at 2017-04-22 07:38
海岸屋、海の近くで上棟
at 2017-03-31 19:14
東京直行便終了
at 2017-03-21 20:01
新年のごあいさつ
at 2017-01-05 13:59
最新のコメント
川越さま 山で木を伐っ..
by kaiganyafoo at 09:01
>kaiganyafoo..
by 川越 at 12:57
下駄の材料なんかもそうし..
by kaiganyafoo at 07:05
桐の産地に行くと材料を ..
by 余計なお世話かも at 22:31
川越さま 外壁の材料だ..
by kaiganyafoo at 20:16
外壁材というのは一度雨に..
by 川越 at 18:45
ご、5年目? まじっす..
by kaiganyafoo at 22:25
4年目に突入しました。 ..
by 余計なお世話かも at 21:29
夏の暑いさかりに上棟参加..
by kaiganyafoo at 18:26
やっと正月が明けきりまし..
by 余計なお世話かも at 21:27
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧


松永安左ヱ門邸 老欅荘

みなさん お元気ですか。
海岸屋は ちょっと風邪をひきました。
それで 昨日は早く寝たんですがね。

千葉は雪ともみぞれともつかないものが降っていて
体調不良とあいまって いやー寒い寒い。
銀行のキャッシュコーナーの静脈認証がOKされません。
ホカロン買って出直す始末。
便利なんだかどうなんだか。



さて
今日の御題も みんなが大好き近代和風建築。(ただしアクセス ダダ下がり)
松永安左ヱ門邸 老欅荘です。
a0157159_16132675.jpg
海岸屋は この土塀を見ただけでもうノックアウトです。
このグダグダ具合(失礼) 大好きです。

実際には こういった型のない格好もんの仕事はよけいに難しいと思います。
ここの門の瓦も あまり見た覚えのないかたち。

老欅荘は増築を繰り返したこともあって
なかなか全景が掴めませんが 見た目こんなかんじです。
a0157159_1620468.jpg

この方は電力王ともいわれ まあすごいお金持ちではあったんでしょうが
お茶を始めたのは60歳と遅く 号を「耳庵」と称したのもそのため。

知ってますか? 論語のアレです。
三十にして立つ
四十にして惑わず
五十にして天命を知る   聞いたことありますよね。

これ
六十にして耳順がう(みみ したがう)
七十(長いから省略) って続くんですね。 知らんかった。

意味は 
60歳になったら人の言葉に素直に耳を傾けられるようになった 
ということですって。

教養があふれちゃってますねぇ。
で、
もとから能力も馬力もある人でしょうから
傾倒ぶりはなはだしくて ここの家(?)もお茶三昧の家。
a0157159_16353041.jpg
どの部屋でもお茶ができる。


そんでね
ここが電力王ならではなんですが、
お茶を出してもらう部屋が奥であるほどに親しい と。
(ダムを作りたい という陳情とか・・・)(これはうわさです)

さあ これが途中の茶室の床柱だ。
a0157159_16454921.jpg
杉の3寸5分角。
何の変哲もない柱 逆にすごいな。

見て判るように まだ奥がある。
a0157159_165141.jpg
はい  これが一番奥の茶室の床柱。

宗偏流で始まったという松永のお茶は
後年 流派は離れたといいますが
それを耳庵流と言ってみて これはその美意識の芯でしょう。
アップ
a0157159_1656344.jpg
なんの木でしょうね。
ツバキ?エンジュ?サルスベリ?
由緒のある古材なんでしょうか・・・。
掛け釘も侘びてますねぇ。(ボロいですねぇ。)


明治の男は立身出世を夢見て努力するのが普通ですから
松永安左ヱ門は男子の本懐を遂げたと言っていいでしょう。
その住むところとは このようなもので
美意識の真髄は侘び寂びの世界。

決して宮殿のようなところではないんですね。
日本人ならでは なんでしょうか
老荘思想のあるアジア共通のものなんでしょうか。

価値観は人によって様々でしょうけど
海岸屋はこんなのは大好きです。
興味のある方は見てみて下さい 耳庵 いい顔してます さすがです。

さて小田原編 もうちょっと続くよ。
では また明日。



にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-02-29 17:16 | 建物いろいろ | Comments(4)

大倉喜八郎 別邸

今日の千葉は まあまあの天気。
寒くはなかったです。

仕事はほぼ一日がかりの打ち合わせ。
化学物質過敏症対応住宅 となるようです。

仕事の内容としては とても手間がかかるものになるでしょうが
こういう仕事でこそ 海岸屋ふーの真価が発揮できるはずなんです。

んー 引き気味に見えますか?
そんな事はない、 燃えてますよ (ただし静かにね)



さて そんな一日だったんですが
きょうの御題は 大倉喜八郎 別邸。
小田原の 旧共寿亭 です。
これが入り口
a0157159_2129577.jpg
いきなりな言い方で何なんですが 色々とマチガッている気がします。
海岸屋的には ですよ。
大体が でかい。
でかすぎる。
歩いて入ると居心地が悪いくらいです。

明治の貴顕紳士は馬車で乗りつける?そうですかいいんですかはい。
a0157159_21362629.jpg
遠い! 遠いっすよねえ平井先生。
でもまだある。歩いているし。
a0157159_21381349.jpg
関東大震災ってやつは ここ小田原にはキビシく当ったらしく
もーあれもこれも壊れちゃったなかで ここは残った。

理由のひとつは 大倉土木が威信にかけて作ったから。
自分とこの親分の家だし。

これ 右手の石垣ですが 中身はほとんど全部コンクリートらしいです。
海岸屋は住宅屋ですから
「そういえば大成パルコンってコンクリート住宅だったよなぁ」 と思いました。
コンクリ好き?キハチ。(タメ口)

さて ぐるっと回って入り口
a0157159_21544643.jpg
って言っといてなんですけどここは後からの増築。

そうです ここはあとから継ぎ足したところが多くて
けっこうトホホな部分もあって
「おお!素晴らしい!」 と言ったのに
「やー そこは継ぎ足し」 ということも。トホホ。

室内の写真を一枚
a0157159_2225770.jpg
ここは床の間ですが 喜八郎翁 ここで亡くなったそうです。

ん?
床の間で?

そうです。
畳の上で死ぬ というのが大往生の代名詞なら
床の間で死ぬ というのは特大往生っすか。

戦塵をかいくぐって双方に鉄砲を売りまくった快男児は
途中 「死の商人」と呼ばれたりもしたそうですが
棺蓋いて事定まる 爵位も得て 特大往生を成しました。 ナムー。

もう一つ
a0157159_22181984.jpg
これは新築祝いに
渋沢栄一からもらったらしいです。

なんだ
インテリの友達もいたんじゃん。
キハチセンスは良いとは言えないけどな
いい人生に合掌。



にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-02-27 22:21 | 建物いろいろ | Comments(2)

小田原の近代和風建築

みなさん 日曜日はいかがお過ごしですか。
海岸屋は お出かけでした。

行き先は 小田原。
はい
かまぼこ しか知りませんでした。

しかし!

ここは近代和風建築が
けっこうな密度で残っている場所なんです。
って言っても 受け売りです。

日本女子大の平井先生のガイドで
大倉喜八郎の(旧)共寿亭
松永安左ヱ門の老欅荘
黒田長成の清閑亭

小田原の町並みの見学をしてきました。


みんなが大好き近代和風。
ぼちぼち載せていきます。
一枚だけ
a0157159_23394141.jpg
大倉喜八郎の残した共寿亭(現 割烹山月)の階段です。

でも
今日はもう遅いから
子どもは寝る時間なんです。
すまんことです
愛想のないことで。


では また。

にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-02-26 23:41 | 建物いろいろ | Comments(0)

地鎮祭

みなさん お疲れ様です。
今日は 雨降りだったすね。



この間 海岸屋が作業場を借りている大家さんのところで
外水道が水漏れをしているのをみつけました。

大家さんを呼んで 
「たぶん 配管が凍って割れちゃったんだと思いますけど」 と説明したら
大家さんは にっこりと笑って
「じゃあ 春になったら直るかしら。」 とおっしゃいました。
大家さんは88歳。
恐るべし 88歳。



さて
a0157159_20391018.jpg
鯛です。
a0157159_2039351.jpg
祝の酒です。
ちなみに中身は 千葉県一の銘酒 木戸泉 (海岸屋認定)

そうです
今日は地鎮祭。

雨降りだったんですが
「雨降って地固まる」の決まり文句もありますから・・

祭壇
a0157159_20441066.jpg
ちなみに神主さんは
葛飾八幡宮からおいでになりました。

この方です。
a0157159_20465033.jpg
若くてイケメンですな。

建築屋をやっていると地鎮祭とか事務所開きとかって
何かと神主さんとは出会いますが たいていは爺様です。

年寄りのほうが なんとなくありがたい気がしますが
今日の方はしゃきっとしていて 声も良かった。
珍しいです。

お施主さんの御家族と それから御両親
施工は5人で合計11人の人数でしたが
先輩にでっかいテントを借りていたので平気。
無事とりおこなわれました。

現場では3月に入ってから工事が始まります。
寒すぎないからいいんじゃないかな。
コンクリートが凍る心配もなさそうだし。

これから11月末まで長丁場の仕事が続きます。
事故のないように祈りました。


帰りに おみやげをもらいました。
a0157159_210453.jpg
メープルシロップです。
「昨日までアメリカに出張してたんで。」 とおっしゃって。
かっこいいっすねー
アメリカ出張でっせ。

海岸屋 出張ってしたことない。
当たり前か そうか。




にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-02-25 21:07 | Comments(2)

成田でお仕事 おみやげは?

みなさん お疲れ様です。
今日は まあまあいい天気。
明日は 雨が降るみたいで
いろいろと準備をしています。



さて 今日の仕事は成田。
いつも一緒に仕事をしている大工さんによばれて
キッチン周りの工事に 急遽参戦。

既存のキッチンをいったんどかして
IHのコンロをはずして
冷蔵庫やら食器棚やらもどかして
床を張ったら 復旧。

一日勝負です。

あわただしいよ。

それでもなかなか順調に終わって
帰りに名物 かりんとう饅頭は・・・
a0157159_20552763.jpg
売り切れでーす!!

良く聞いたら 近所の人も
めったに買えない人気商品なんだとか・・・

代わりにせんべいを買う
a0157159_20565656.jpg
素朴な雰囲気だね。



だが
おみやげは これだけではない。
実は ここは印旛沼の近くで 雑魚の佃煮が名物なんですが
まあ その店も帰りには閉まってたんですが
お客さんが くれました。
これです。
a0157159_20593341.jpg
どうですか?

中身はエビやらなにやらいろいろ。
そう
ここの御主人が自分で採った雑魚を家で佃煮にしたんだそうです。
おお!
自家製ですな?

正真正銘 印旛沼の雑魚の佃煮。

いーもんもろたー
こんなおみやげが一番うれしいです。
お金出しても買えないしねえ。

これはどうでも炊き立てご飯と一緒に食べましょう。
え?
ダイエットはどうしたって?
キミタチ 心までやせてしまったんではイケナイヨ。
ありがたくいただこうじゃありませんか。ねえ。


気がつくと 昨日も今日も食べ物のはなし。
精神的なリバウンドか?そんなのないのか?
全然やせてないからリバウンドですらないのか?

まあ
いろいろですが
今日はそんなとこで。



にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-02-24 21:09 | 工事 | Comments(0)

今までで一番のチーズ

みなさん お疲れ様です。
今日の千葉は 午前中 雨  午後曇り でした。


そして
海岸屋は 午前中1人 午後1人から
お腹が痛くなって死にそうな思いをした話を聞きました。

そんなめぐり合わせなのか
そんな話を誘うなにかが 海岸屋にあるのか。
あんまり突っ込みたくないキモチ。



さて お腹が痛くなる話はおいといて
チーズの話です。


海岸屋はチーズが好きです。
みんなそうですか?

そんなにディープなマニア君ではないんですが
ブルーチーズで舌がピリピリするとか
ミモレットのかったーいのをがりがりやるのとか 好きです。
嫌いな人には申し訳ないけど。




昨日 今までで一番おいしいチーズに会いました。
これ
a0157159_21251947.jpg
コンテです。
それも 多分最高のコンテではないでしょうか。

これを熟成させたのはフィリップアレオス。

たったこれだけのチーズを食べるのに
「うまいな!」
と数回言いました。

コンテ。

御存知ない方は一度お試し下さい。
高いけどうまいです。


今日は娘を送ってスカイツリーのふもとまで行かなくちゃいけないので 
軽い話でおしまいです。
手抜き?

いやいや
マイホームパパ 又は 親バカと言ってください。
ホントーは そんな上等なもんじゃないんですけどね。

では
また明日。




にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-02-23 21:34 | 食べ物 | Comments(2)

昔の人の仕事ツー

みなさん お疲れ様です。

日陰にいると寒いんですが
日向なら あったかいです。

残念ながらわが作業場は
しっかりと日陰なんですが・・・




さて
昨日の続き
a0157159_20513622.jpg
これも床の間まわりの部材でしょう。
三角のデザインが似合う部屋だったのでしょうね。

材質はなんでしょうか?
もみじとかでしょうか 一面に縮みの杢が入ってます。

アップすると・・
a0157159_20542267.jpg
平らな面なのに 波だって見える! と思って触ってみると・・
波だっているんです。これ。

作ったときは平らに削ったんでしょうが
そのあと木がやせて 模様の通りの凹凸が出ています。

はじっこを見ると
a0157159_2058486.jpg
照りがあります。
つまり はじっこのこの曲線を出すために
この板全体を削って薄くした ということなんでしょう。

手間もかかるし せっかくの杢目なのに減らしたらもったいないし・・

木口を割って照りを出す 割照り という技法もありますが
これはそうじゃないようです。

そしてやっぱり木口には木口を隠す細工がしてあります。
まあ 見事にくっついてますね。
新品同様です。

裏から見ると
a0157159_213947.jpg
吸い付きなのかどうかかなり微妙な細工ですが
結果 今までちゃんとしているんですから立派です。

こんな仕事は一生のあいだに一回くらいしか来ないかもしれませんが
かといって こうやって見たり勉強したりしておかないと
いざ 本当に仕事が来たときに手が出せない ということになります。

だから 先行投資だとかなんとかって考えていたのでは
辛抱しきれないんだと思います。
こんな細工の練習自体を楽しめるようじゃないとね。



あんまり記事的には面白くないけど
職人の気持ちというか そんな見せ場なんていうのは
今の時代には ウケが悪いのかもしれませんね。
見ても地味だしね。

ぱっと見 地味でも
飽きがこなくて渋い良さがあるってのは
長持ちするようにも思いますけど。





昨日に続いて お腹がすいたシリーズ。
a0157159_2115619.jpg
餃子販売の専門店ですね。
「鍋奉行様へ」 という提案がいいです。

「あなたの名奉行ぶりが家庭内で響き渡るでせよう。」という言い方が
旧かな使いなんだかどうなんだか
海岸屋は若輩者なんでわかりません。

それにしても。

買ってくればよかったなあ・・
残念。



にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-02-21 21:20 | 工事 | Comments(2)

昔の人の仕事

みなさん お疲れ様です。
今日は見積もり仕事だけなので
チノパンにボタンダウンのシャツを着ています。

D君が来て
「あれ?今日はかっこいいですね」
ふーむ
かわいい嫁さんを貰うような奴はこういうセリフをいいますね。

「違う人かと思いましたよ」ってのは余計だけどね。



さて
このあいだ先輩が持ってきてくれた古材。
a0157159_2014825.jpg
見ればわかりますが
床の間の脇の違い棚です。

はじっこにくっついている部材は 筆返し と言います。
鳥のようでもあり 波のようでもある。

これを木口(こぐち)の方から見ると・・・

ちなみに 木口 というのは年輪が見えるべき断面です。
日本の大工さんは 木口を見せるのを嫌います。
こんなふうにね。
a0157159_2064934.jpg
ちょっとずらしてあるからわかりますよね?

本来 ここの面は年輪が見える部分なんですが
箸箱のフタのように 別の部材がすべりこませてある。

どんなふうな細工をしてあるかというと
a0157159_20111895.jpg
接着剤でくっつけてあるわけではなくて
釘やビスで止めてあるわけでもない。

吸い付き桟(すいつきざん)とか
蟻桟(ありざん)とか
端嵌 端喰(はしばみ はしばめ)とか 言います。

まあいろんな名前がついていることねぇ。

これは はずれないような形の溝をつくっておいて
ただぐぐーっと差し込んでおくだけ。

なぜそんなことをするか というとワケがあります。

「木というものは 巾方向には伸縮するけど 長さ方向にはあまり伸縮しない」 から。

柱ならば 太ったりやせたりするけど
伸びたり縮んだりはしにくい

ですから この写真のように方向を違えて材をくみあわせて
もし固定したとすると あとで良くないことがおこるんです。

つっぱらかっちゃったり
最悪 板が裂けたり・・

なんでもそうだけど
生き物相手のつきあいってのは
難しいところがあるよねぇ・・・

うちの奥さんとか いやそうじゃなくて。ええ。

木は人間の都合に合わせてくれたりしないから
人間が木の都合に合わせるしかないんだね。

それが面倒だから 新建材ってのができたんだけどさ。

おまけの写真は気に入った看板
a0157159_20412151.jpg
お腹がすいたんです。はい。

さて
そんなわけで
明日の記事もこれの続きです。(古材のほうだよ?)

興味のない人ごめんね。
ではまた明日。



にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-02-20 20:35 | 工事 | Comments(3)

桂離宮 サル けいおん

みなさん 地震で揺れたりしていますが
いかがお過ごしですか。

海岸屋は ただの日曜日
ダラダラしていました。はい。

読んだ本はこれ
a0157159_2255951.jpg
つくられた桂離宮神話。
面白かったです。
ブルーノタウトと当時のモダニストの関係とか。

神話は解体されても 桂離宮の価値が下がるわけではないです。
ただ 意図的に操作された評価を鵜呑みにしている状態から脱することができる、
そんなかんじですかね。
目からウロコ とも言うのかな?

やっぱり一度は行って見たいですね 桂離宮。



次 これ
a0157159_22122517.jpg
分厚いです。
700ページ以上もある。
知り合いが貸してくれました。
1986年から1990年にかけて雑誌に連載されたものをまとめた本ですから
もうだいぶ古い情報にはなりました。
今西錦司さんもまだ生きてて インタビューしてますしね。
そう
この本は20人近くのサル学の研究者にインタビューして
それをまとめた本です。

こういう事をさせると立花隆はうまいな。
下調べで知識をがばっと仕込んで
ほぼ対等なかんじでそれぞれの人に取材をしてます。
聞く方が無知だと深い質問ができない
いい質問をされると 答える方も嬉しいだろうしね。
いい本でした。

次 これ
a0157159_22265588.jpg
はい まんがです。
けいおん。
大工の先輩は多分55歳になるんですが この本を読んでて
最近の現場でそこのお宅の娘さんと けいおんばなしで盛り上がったらしいです。

いや
別にそれがくやしいとかじゃなくてね。
読んでみました。

うちの息子は けっこうなまんが読みで
おかげさまで最近の名作まんがは ほぼ網羅してます。
「お父さんならこれは面白いだろうね」
とか言って勧められたまんがは まずはずれがないです。

彼のこの本の評価は
「つまんないよ」
でした。

ふーむ
最近少年ジャンプもとばして読む作品が増えた。
感性が老化しているのかもなぁ・・


海岸屋の けいおん の読後感は
「上出来」 です。

高校生の日常のなかから
おもしろいこと たのしいこと を拾い出していく感性と
マンザイにも通じるボケツッコミのキレ 
それと
常識ある大人の抑制とが バランスよく組み合わされています。

キャラクターも類型的ながら立ってます。
一巻だけしか読んでないから偉そうなことは言えませんがね。

まー
そんなこんなで
建築からは関係ないことになってしまった今日の話でした。

ではまた。

そういえば どなたか存じませんが下のバナーをクリックして下さる方が
でごっちゃんの他にもいらっしゃいます。
ありがたいことで お礼を申します。




にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2012-02-19 22:49 | 読んだ本 | Comments(0)

家具工房アゲハオリジナルさんへ

連日の雪っすねー 千葉は。
こうなると けっこう冷えてきます。

千葉じゃないみたい。

早咲きで有名な河津桜も 遅い開花になりそうだとか・・。


さて
今日は午後から家具工房さんへ遊びに行ってきました。
a0157159_2395679.jpg
ほらね 家具工房と書いてある。
え?
家の外壁が傷んでるって?
いやいや
気のせいっすよ。 いやいや。

入り口
a0157159_23121239.jpg
名前は アゲハオリジナルさんです。

中村好文さん設計のお宅の縁で知り合いました。

「そこのお宅の屋敷に生えていたケヤキを切ったあと 製材して積んであったものを
この機会に使ってテーブルを作ってもらう。」 という
かなり難度の高い注文を受けたのがアゲハさんです。

3人でお邪魔したんですが
やー
しゃべった しゃべった
お土産で持っていったおせんべいも自分らでバリバリ食べて
言いたい放題という有様でした。

仕事の話
職人の話
大工道具の話
伝統工芸展の話
さすが家具工房喫茶の名に恥じない おいしいコーヒーもいただきました。
(喫茶の話は洒落ですが。)

で まあ
しゃべりすぎて脳みそクタクタなんで
今日はこれでおしまいです。
もう子どもは寝る時間だし。

おやすみなさい
また明日。




にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

ここではいろいろなワークショップをやりますが
3月には 椅子のペーパーコード張りというのがあって
海岸屋は申し込んでます。
楽しみだな。

by kaiganyafoo | 2012-02-18 23:33 | Comments(0)