海岸屋ふー通信


海浜住宅建築舎
by kaiganyafoo
公式サイト
最新の記事
神楽坂建築塾に学ぶ
at 2017-06-13 20:35
木材との付き合い
at 2017-04-22 07:38
海岸屋、海の近くで上棟
at 2017-03-31 19:14
東京直行便終了
at 2017-03-21 20:01
新年のごあいさつ
at 2017-01-05 13:59
最新のコメント
川越さま 山で木を伐っ..
by kaiganyafoo at 09:01
>kaiganyafoo..
by 川越 at 12:57
下駄の材料なんかもそうし..
by kaiganyafoo at 07:05
桐の産地に行くと材料を ..
by 余計なお世話かも at 22:31
川越さま 外壁の材料だ..
by kaiganyafoo at 20:16
外壁材というのは一度雨に..
by 川越 at 18:45
ご、5年目? まじっす..
by kaiganyafoo at 22:25
4年目に突入しました。 ..
by 余計なお世話かも at 21:29
夏の暑いさかりに上棟参加..
by kaiganyafoo at 18:26
やっと正月が明けきりまし..
by 余計なお世話かも at 21:27
フォロー中のブログ
外部リンク
カテゴリ
以前の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧


かっこいいカフェ KUSA

海岸屋は 海岸屋というぐらいですから
九十九里海岸一帯の仕事をメインにしたいんです。

で、同じ海岸近くでも 地域ごとに性格が違います。

海岸屋がいる東金からの最寄の海は
九十九里の片貝(かたかい)ですが
ここのイメージはけっこうハードです。
お父さん方はパンチパーマをかけているし
お母さん方はけっこうな茶髪です。

これが南へ下って 白里になるといくぶん変わってきて
白子まで行くとテニス民宿やらホテルなんかがあって
一宮 岬あたりまで行くと もうリゾートリゾートです。

今日はその岬町(旧称ですが・・)の仕事の見積もりですが
帰りに寄ってみました。
とても有名 KUSAかふぇさんです。

「あそこはいいよー」 
とか
「コーヒーおいしいよねえ」
とか聞いてはいたんですが 寄る機会がなかった。

で 行って来たんですが 聞きしに勝るかっこよさ。
ここんとこ かっこいいカフェ運がついたのかな?
写真は御遠慮下さい ということなのでありませんが
そのかわり これ。
a0157159_2128046.jpg
KUSAさんの店で買ったコーヒー道具です。
「最初に買うのはミルでしょうね」と言われてミルを買う。

それから「ドリップはこれが加減がきくでしょうね」といわれて買う。
ねぇ・・ 淹れ方ひとつでニュアンスが変わる なんて思うと・・ ねぇ・・

こんなふうです。
a0157159_21323271.jpg
穴はひとつ。
メリタともカリタとも違って 円錐形です。
ペーパーの形も違う。

そしてミルはこうです。
a0157159_2134763.jpg
まー 海岸屋の事務所で
おいしいコーヒーが飲めるのも もうすぐですな。

はじめての分野に行くときには
名人に就くのが早道ですからね。
海岸屋はKUSAさんに就きます。

それから
以前に頼んでいた電燈が着ました
a0157159_21381137.jpg
さっそく点灯。
うーむ いい電球です。

え?
コーヒー飲みに行ったり 電燈買ったり
遊んでばっかいるんじゃないかって?
そそそそんなことはないんだな。
これも仕事の内ざんす。

あああ仕事はツライなあ・・。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-11-30 21:44 | お店 | Comments(0)

ブラックウオールナットで作るカウンター

みなさんお疲れ様です。
大嫌いな月末がやってきました。
そう 世の中で一番圧迫感のある紙 請求書を見なくてはいけない月末です。

その上 海岸屋は背中が痛くて困っています。
なんだろう・・・

那須までトラックで往復したからなのか
そのトラックに満載した木材を積み下ろししたからなのか
はたまた連日の鉋掛けのせいか・・
思い当たる節ばっかりで わけがわかりません。

そんなじじくさいグチはさておき
ブラックウオールナットです。
a0157159_20334784.jpg
これは何をしているのか というと
カウンターの天板になるウオールナットの配置を決めているところ。

板を指差している絶世の美女が ギャラリーのオーナーです。
パチパチパチ

顔が見えないって?
当たり前です。
平安時代の昔から 美女は顔をみだりにさらしません。

板の向こう側にいる男性が 家具職人のY君です。
あごひげは、今一番好感度の高いひげだそうです。
よかったねぇY君

さてブラックウオールナットですが
ご覧のように表情豊かな板です。
色も木目も。
手前側が黒っぽいのはオイルを塗ってみたから。
a0157159_20434671.jpg
こんなふうに節もかまわずに使うのが今風なんですかね。
a0157159_20455629.jpg
真ん中の板だけ木裏を上にして使うことに決まりました。

たぶん ものすごくかっこいいカウンターが出来ると思います。
そしてこちらはくるみ材
a0157159_2048514.jpg
これもオイルを塗って表情を確認してみました。

これはカフェコーナーのテーブルになります。
長さは6mにもなる。

窓際に設置するから威圧感はないはずなんだけどね。
長いよね。

さあ 現場は進む 家具は軌道に乗る
発注した器具は現場に届く で
いよいよ 佳境にさしかかっていきます。

ウオールナットはアメリカ産で
くるみはロシア産だから 現場の中は東西冷戦・・なわけはないです。

人間と違って樹木はそれぞれが引き立てあうんですねぇ。
乞うご期待です。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-11-29 20:58 | 材料 | Comments(0)

建具屋さんと打ち合わせなのだが・・

はい そうです。
栃木まで行って来たのは 建具屋さんとの打ち合わせのため。
決して 遊びにいったのではなく。(ここ大事)

ここの建具屋さんの作業場に行くと
一番最初に目に付くのは これ。
a0157159_19501347.jpg

a0157159_19503233.jpg
う 動かない車なんだな・・。
これは息子さんの車(過去形か?)
作業場の中には父上の愛車(だった)ポルシェもありますから これは遺伝か?
外車好きという遺伝子があるのかどうか知りませんが。

ちなみに 日産のディーラーに勤めている海岸屋の息子に
お土産だよ と言って渡してくれたのはこれ。
a0157159_19554339.jpg
ダットサン1000のエンブレムだそうです。
1957年の車らしいですから 海岸屋よりも年上。
おお お宝ですねぇ。

他にもお宝だなぁ と思ったのはこれ。
a0157159_201547.jpg
なんだかわかりませんよね。
これは舟板などと言って 珍重しますが
昔の木造船の側板です。

まあ それ自体も貴重なんですが この舟の持ち主は 故佐藤栄作さんだそうです。
どんな縁でここに来たものやら。

そんなこんなで打ち合わせもおわり(スルーかい!)
秋の行楽シーズンで混みあう東北自動車道を
トラックのハンドルを握りつつ帰ってゆく海岸屋であった・・・。

いけね
燃料いれてないからガス欠寸前だった。
ではまた明日。

追伸 今日は10時からNHKで大工の番組をやるそうです。
ギャラリーのオーナーに教えてもらいました。
海岸屋の家にはテレビがないんですが
母親(昭和9年生まれ)に頼んで見せてもらおうかなぁ・・
このあいだテレビを買い換えたって言ってたからなぁ・・

それはともかく また明日。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-11-28 20:12 | 工事 | Comments(2)

CAFE SHOZO (カフェ ショウゾウ)

日曜日です。
みなさん いかがお過ごしですか。

海岸屋は栃木県まで往復しました。
主たる目的は 建具屋さんとの打ち合わせ
従たる目的は カフェ ショウゾウです。

まず 本店ともいうべき ここ
a0157159_2112377.jpg

右側の店 今女の人が入ろうとしている店が
1988 CAFE SHOZO です。

道路の向こう側から撮ると こんなかんじですが
その真髄は細部にこそある。

うーん
うまく撮れたかなぁ・・・
a0157159_21162433.jpg
これが看板。
入り口の左側には この掲示板
a0157159_21185358.jpg


お店の中は 携帯 カメラ御遠慮下さい とあるので
まあ 遠慮しました。
a0157159_21213243.jpg
だから一枚だけ。(ごめんなさい)

店の一番すみっこですが かっこいいですよね?
若い御夫婦がここに座って
楽しそうに話をしていました。

空間の作り方がうまいなぁ と思います。
こんなに本気でかっこよさを追求した店って
じつはあんまりないのかもしれませんよね?

センスももちろん必要でしょうけれど
トライアンドエラー というか
試行錯誤を厭わないエネルギーがあるんじゃないでしょうか。
「まぁ こんなもんでいいか」 と言わない  とか。

その追求の積み重ねが
センスとなって現れるように思います。

海岸屋が頼んだのはスコーンセット。
a0157159_21301712.jpg
土門拳先生のように ぐっと寄ったつもりでも
あまり意味を感じないただのアップでしょうかね?

とてもウマかったんですが 表現できてません。

店を出て 周りに広がる店をじっくり見ました。
たぶん ショウゾウ関連で8店舗あるんじゃないかな?

それぞれの店は 少しづつ味付けが違います。
どれも きちんとかっこいいんですが。

ここのところ 海岸屋の事務所のお茶椀を探しているんですが
なかなか気に入ったものはない。
だから ここの店にならんでいるものも
一朝一夕に見つかったものじゃないことぐらいは判ります。

いいなぁ
頑張っているなぁ
楽しんでいるなあ

わざわざここのためだけに出かける値打ちがあると思います。
黒磯の駅から10分だそうです。

いい時間をすごしました。
ご馳走様でした。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-11-27 21:39 | お店 | Comments(2)

ギャラリー 戦線拡大

みなさん お疲れ様です。
今日は土曜日ですが 当然仕事です。

市川のお客様のところまで打ち合わせに行って
急いで帰ってきてギャラリーの打ち合わせ。
なぜか予定が重なりますね。

ギャラリーの工事はいいかんじで進んでいますが
段取りに追われている雰囲気が大きくなってきました。
a0157159_2132069.jpg
オーナーと設計担当の方と左官屋さんで打ち合わせ中。
もう現場仕事の真ん中で話をしてますから 当然うるさい。
でも 打ち合わせには熱がはいります。
a0157159_215263.jpg
形状 寸法 色 肌合い
実にいろいろなことを決めていきます。
左官壁の見本や 塗装の見本
なんだか自衛隊のときの前線部隊の指令所みたいです。

「事件は現場でおきているんだ!」
いやおきていないけどね。

電気屋さん 水道屋さん ガス屋さん 電話屋さん
みんな自分の仕事をてきぱきとこなし、そして去っていきます。

大工さんは黙々と仕事をする。
a0157159_2184877.jpg
今 取り付けているのは
和室コーナーの地板。

こんな巾の広い板は高いし 反ったりするので
2枚の板をくっつけて大きい板に作ってあるんです。
これを接ぎ合わせ(はぎあわせ)といいます。

よーく見ないとわからないでしょう?
これは接ぎ合わせをしてくれた人がうまいから。
Y君 ありがとうございます。
くるみとブラックウオールナットもよろしくね。

さあ 海岸屋は建具屋さんの顔を見に
明日 那須まで行ってきます。

このあいだ材木を取りに名古屋まで行ったし 東奔西走だな。
それほどでもないか。

でも 那須まで行ったら ついでにショウゾウカフェに行ったとしても
それはまあ 抗しがたいというか、しょうがないことなんじゃあないでしょうかね。

楽しみにしていてください、
かっこいいカフェのお手本のような店ですから。
まあ 海岸屋はお行儀がいいから 店の中で
バシャバシャ写真を撮ったりできませんが
なんとかその片鱗なりとも伺えるようにしますからね。

ではまた明日。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-11-26 21:27 | 工事 | Comments(0)

車が動かない

みなさん お疲れ様です。
今朝の海岸屋は 朝が少し早かったこともあって
ニットキャップをかぶってました。
寒かったっす。

さて ギャラリーの仕事は難航しつつもそれなりのペースですが
今日はそこを離れて 別の現場に行きました。

こんな風景のところです。
a0157159_21482176.jpg
うーん 好みの風景だな。
里山とたんぼの組み合わせは この辺の原風景ですね。
私たちが本当の意味で豊かになるためには
この土地が持っているポテンシャルを 余さず利用しなくちゃいけない。
そう思います。


ここを見る現場は午前中に終わったんですが
朝 現場に向かうときに 気になった車があったので
帰りに寄ってみました。

a0157159_2154040.jpg
道路からはこう見えました。
a0157159_21543436.jpg
前から見るとこうです。
知ってますかね?この車。
いすずベレットです。

たしか 羊派か狼派か というフレーズで
羊派はフローリアン
狼派がこのベレットだったと思います。

海岸屋が子どものころには走ってたんですが
免許を取るころにはめったに見ない車になってましたね。

決して大事にされているとは言えませんが
さりとてスクラップとして捨てるにはしのびない
そんな風情のたたずまいです。
きれいに直して 走らせたら楽しいだろうなぁ・・

まー
こんなところを見ても
海岸屋が古いもん好きだっていうのがわかりますね。
でも建物で言ったら これは廃墟マニアの範疇かなぁ・・

もう二度と動かない車なんだろうなぁ・・



にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-11-25 22:09 | Comments(0)

自動一面鉋盤の調整

みなさん お疲れ様です。
いろいろとばたついている海岸屋です。
今日はちょっと風邪気味のようでもあります。

今日は面白くもなんとも無い
大工専用の話です。

さて 加工の応援に作業場に来ているF君。
自動一面鉋盤 (通称自動)の調整が腑に落ちない との事でした。
自動とは これです。
a0157159_21472586.jpg

この機械の中をのぞくと こうなっています。
a0157159_21483267.jpg
うむむむ
誰も見たことの無い景色・・

各部の機能は
一番手前が送材ローラー入り口側で
次が板押さえ
次が鉋胴で
一番向こう側が出口側のローラーです。

で、F君は入り口側のローラーが高すぎるのではないか と言うのです。
うむむ
あんまり考えたことがない。

そこで 道具屋さんを呼んで 調整の仕方を教わります。
基本的には二つのローラーと鉋胴とは直線で設定すればいい との事。
???
海岸屋には その理屈がわかりません。

だって 入り口側のローラーと出口側のローラーは
削ったぶんだけ高さが変わるのでは?

それはともあれ

同じ寸法に削った材を2本 定盤の上に載せて
鉋刃がぎりぎり触れるくらいまで上げていきます。

そしてその高さまで両方のローラーを上げ下げする と言う
きわめてシンプルな調整方法です。

これなら海岸屋にもできます。

調整後 確かに送材はスムーズになりました。
下ローラを使わなくていいくらいです。

いいね。

下ローラーが低いと 材の端オチもないしね。

厳密には
入り口側のローラーは二分の一回しだけ下げて
出口側のローラーは四分の一だけ下げる  だそうです。

こんど刃を交換したら そのときにやってみましょう。

手道具も機械も
手入れしないと実力を発揮しませんもんね。

ははー
勉強になりました。
みんなは どんな調整方法なんですかね。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-11-24 22:07 | 大工道具 | Comments(0)

猿面と書いてエテメン とは何か

みなさん お疲れ様です。
昨日も海岸屋は米松の加工です。

加工が遅れ気味なので
若手の大工さんF君を助っ人に呼びます。
鉋を掛けるF君
a0157159_22165264.jpg
作業場が散らかってる?
いやいや 見るところはそこじゃないから。

若手の彼も もう二児の父です。
家も建てたしな。
えらい。

さて 加工が進んで
最後 面を取ります。

面を取る というのは業界用語なんでしょうか。
材料の角がピンと尖っていると 何かと不都合なので
45度ですこし削ること。

そして それが45度じゃなくて 傾いているものを
エテ面といいます。
a0157159_22211691.jpg
こんなふうにね。
かっこいいのかな?

これは丸ノコであらかた切っておいて
あとはエテ面鉋で仕上げます。
a0157159_22225349.jpg
ほら 材料の左側に置いてあるでしょう?
変わったかたちですよね。
あれがエテ面鉋。

え?
アップで見たいって?
しょうがないなぁ・・
a0157159_22244124.jpg
まあ 偉そうに言ってても 人から借りたんだけどね。

電話したらすぐに持ってきてくれて
使い方も教えてくれて 段取りもしてくれて
ありがとうS君。

おかげさまで順調に仕事ができて
大工さんに怒られることもなかったよ。
いやー
よかったよかった。

なんで傾いた面をエテ面っていうかって言うと
たぶん 猿の頬の形に似ていると思ったんじゃないかな。
違うかな わかんないな。

え?
それじゃぁ 猿というより 竜頭蛇尾だって?
うーん そんな無理やりなオチじゃあ 評価できないな。
だめだめ。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-11-23 18:00 | 工事 | Comments(3)

ブラックウオールナットとくるみ材

みなさん お疲れ様です。
今朝は霜がおりたのかな?
多少寒かったですね。

ギャラリーの現場は着々と進んでいますが
段取りが間に合いません。
いかんな。

カウンターの天板はブラックウオールナット
カフェコーナーのテーブルはくるみ材 と
オーナーたっての御要望だったのですが
自ら人脈を生かして探してきていただきました。

さあ そうなれば見に行かなければなりません。
昨日は千葉から名古屋まで 往復900km以上の道のりを
材木屋さんと二人でトラックで移動。

途中 虹が見えます。
a0157159_21385753.jpg
いい事あるかな。
かと思うと暗雲が垂れ込めます。
a0157159_21395310.jpg

木曽川(たぶんね)を越える頃には夕暮れです。
a0157159_21405569.jpg

先方に着いて材料を出していただく方が
あまりに素早い動きでカメラに写りません・・・ではなく もう暗いから。
a0157159_2144246.jpg
ちなみに この材料がブラックウオールナット。
アメリカの方らしいですが 最近一番人気なんですと。
それなのに 3.3mのものが必要って そこかしこにはないでしょうね。

ちなみに お化粧をしてよそ行きの顔をすると
左側のような雰囲気になる。
a0157159_21471859.jpg
確かにイケメンですわね。
右側の方はロシアの方で くるみ。
おだやかな風貌ですね。
a0157159_21492447.jpg
倉庫の中にはどっさりあります。
お宝の山。
くるみ材も出していただいてます。

S村様という方の紹介をいただいていたので
とてもスムーズに話が進みます。
ありがとうございました杉〇様。

それから千葉まで帰ってきたんですが
すっかり午前様。

ね?
時折ではあっても 海岸屋は良く働いているでしょう?
だから ブログの更新がない日があったとて
大目に見ていただきたい というものです。
はい。

正直 名古屋がこんなに遠いとは知らなんだ。
とほほ。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-11-22 22:01 | 材料 | Comments(0)

お洒落な喫茶店登場

雨の日曜日っすね みなさん。
海岸屋はちっとだけ鉋掛けをして
あとはのんびりしてしまいました。
やらなきゃいけない事がたくさんあるのにな。
あーあ


さて 喫茶店です。
海岸屋が住んでいるところは
かっこいい店 お洒落な店というのがあんまりなくて
どーしてなんだろう といつも思っています。

50代の現場系のおっさんが お洒落な喫茶店ってどうなの?
というツッコミはさておきだね、 行ってみたのは大網の店。
a0157159_19522282.jpg
どうですか 地味めの看板。 かっこよくないですか? ダメ?
いいと思うけどな 海岸屋は。
ここを入っていくと
a0157159_19544492.jpg
もう一つ看板があって
ここの鉄製の階段を上がって行きます。

いったいどこに店があるんだろう?と普通は心配する構成ですが
オーナー(仮称)に聞いていたのでどんどん行きます。

まー
予想どうり店の中はお洒落です。
良く作ってある。
100点!

店の中の写真はないけど
頼んだものはこれです。
a0157159_19595135.jpg
え?アップすぎるって?
土門拳先生は ぐっと寄れとおっしゃったから・・
じゃ これ
a0157159_202648.jpg
えーと ロールケーキとカフェオレ だな。
取っ手のついてないカップで飲むと お抹茶いただいているようなかんじっすね。

ツレが頼んだのはこれ
a0157159_2041269.jpg
シフォンケーキ(だったかな?)とホットコーヒー(違ったかな?)

店の中は静かな時間が流れていて
古い建物をレトロな雰囲気を残したまま改装したかんじ。
白いペンキとかを塗ってね。

那須にSHOZO CAFE(ショウゾウカフェ)という名店があって
古い民家を独特のセンスで改装して人気を博していますが
そこにも共通するような雰囲気 といったらわかりやすいかな?

SHOZOCAFEを知らないと意味ないか・・ そうか。
でも なかなかうまくまとまらないもんなんですよ。
だから ここはえらいな。

コーヒーもケーキもやさしい味。

金 土 日 しかやってないから 気をつけるようにね。
場所がわからないって人は言ってください
教えますから。

いい店でした。
ごちそうさま。


にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

by kaiganyafoo | 2011-11-20 20:17 | お店 | Comments(2)